〜燃えと萌えと、時々オモチャ〜

一番くじ ドラゴンボール超 THE 20TH FILM C賞 超サイヤ人ゴジータ

バンプレストから、「一番くじ ドラゴンボール超 THE 20TH FILM C賞 超サイヤ人ゴジータ」のレビュー。
発売日:2018年12月
価格:1回650円(税込)

現在使用している撮影ブースに外箱が入りきらなかったです。

私は某フリマアプリで4200円で購入しました。安いのか高いのかわからんぬ。


このくじが発売された約半月後に、ナムコ限定でゴジータのプライズが出たのですが、私はこちらを選びましたよ。








目力半端ないです。ちょっとアイライン太くない?魔人ベジータくらいある・・・極悪な顔してます。

全体的につや消しになっていて、安っぽさがないです。指の開き方とか好き。

元になった絵柄は、鳥山先生が劇場版DVDBOXに寄稿した挿絵のゴジータ(上半身のみ)。まさかそのシチュエーションを立体化するとは・・・


見る角度によっては、歯を食いしばってる様に見えます。髪の毛はグラデあり。細かめのシャギーが入っています。


腹筋や帯の先端にもグラデあり。胴体がめちゃくちゃ固くてしっかり嵌っていないのですがご了承ください。

帯紐があると造形に動きが出ていいですね。

つなぎ目をうまく利用してステッチになっています。若干不自然ですがこれはこれでアリかな。


これが限界。デザインナイフで削りまくった結果。


靴は結構汚れありました。

一番くじのフィギュアの中でも上位の出来の良さだと思います。

こっちから見るとニヤケ顔。余裕アリアリな感じ。


台座が付属。特に使用しなくても安定していますが、しっかり支えてくれるので飾る時は使用した方が吉。

今回唯一残念だったのは、眉毛の下もアイラインがあること。これのせいで目元が不自然に見えてしまいます。

ただ、目線を合わせた時のかっこよさは半端ないです。ブルーよりこちらの方がスマートに見えます。

UGのSSGSS悟空と。一番くじのフィギュアの中でもかなり大きめです。

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram