フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

ローゼンメイデン 水銀燈

フレアより「ローゼンメイデン 水銀燈」のレビュー。

発売日:2022年10月
価格:23,980円(税込)
スケール:NON(約20cm)
原型:i-con(藍色空色)
彩色:星名詠美


外箱。
アルターみたいなクリアタイプのケースですね。シャレオツなデザインですが、傷が目立つのが欠点。

アニメ「ローゼンメイデン」より、第1ドール 水銀燈をフィギュア化。
i-con氏が原型を手掛け、美しい顔立ちや繊細に表現されたコスチュームのディテール、そして翻るドレスなど見どころ満載の美麗なフィギュアとなりました。(公式より引用)

銀様・・・出るまで長かったですねぇ。
今は亡きグリフォンでリリースされていたローゼンメイデンですが、リリースがストップ&専属原型師だったi-con氏がフリーになった(間違っていたらすみません)ので、途中でリリースがストップしてしまっていたんですよね。

それから数年経ち、フレアがこうしてローゼンのフィギュアを出してくれた事に、まず感謝です!
ちなみにグリフォンからリリースされなかったのは、銀様と金糸雀の2体。金系雀はどうでも良いですが(笑)、人気キャラである銀様がリリースされなかった事は、当時のファンから悲しみの声が相次いでいましたからね・・・

原型師、彩色タッグはこれまでグリフォンで出ていたシリーズと同じですが、台座のデザインは少し異なります。
スケールは、同じ・・・だと思います。ノンスケールですが。
ちなみに先述の事もあって、グリフォンからリリースされていたドール達は軒並みプレ値になっています。特に雪華綺晶はエゲツない値段になっているので、欲しい方は注意が必要です・・・






















お顔。
正直に言って良いいですか。「可愛いけどイメージしている水銀燈じゃあねぇ!!」

原作・アニメどっちにも似ていないんですよね・・・ちなみに元絵もありますがそれにも似ていません。
原作者であるPEACH -PITが描いたのではなく、違う方ですけどね。
どちらかと言えば、フィギュアのタイトル通りアニメ寄りの顔ではありますが、それでも何か優しすぎる!
信頼・実績のある原型師だと思うので、これは結構残念です。

ただ誤解を招かないように申し上げておくと、フィギュアの完成度としては高いと思います!
なので余計に残念というか、何かあったのかと疑ってしまいますね・・・

アイプリントの精度は非常に良いです。まつ毛も細かいし、真紅の瞳もドールアイの様に輝いています。
ただやっぱり、目つきがね・・・もっと原作のアリスゲームの頃ばりに人殺ししてそうな鋭い目つきにして欲しかった。

目線は左向き、というかポージング的に見返り+流し目って感じ。
ちょっとダウナー系の表情にも見えます。ON眉の前髪が美しい・・・

小さく開いた口元にはグロスが入っています。
元絵と比べると髪の毛が大幅に増量された他、肌の質感や色味もドールに近くなっています。
あと何故か頭のサイズが大きくなっています。これもドールっぽいと言えばぽいけどね〜

これくらいの角度から見るのが一番良いかな。
どの角度から見ても問題ない造形ですが、やっぱり目線に合わせてあげるのが一番ですね!

カチューシャ。
全体的に黒と白のモノトーンカラーなので、純粋にカラーリングでのごまかしが効きにくいのが特徴。
だからこそ原型師の力量が輝くんですけどね。
カチューシャのフリルって何か「貝ひも」みたいだなぁ・・・え、酒飲みの感想?

若干顔の膨らみが独特ですね。
少しだけ口を開いているのって、作るのが難しそうではありますが。

髪の毛は落ち着いたシルバーカラー。さすが銀様お上品!
いつもの如く風がどこからか吹いており、良い感じの造形となっております。

別角度から。

ぼでーちぇっく。
見やすくする為に、頭と左腕パーツを外して撮影しています。
ドールなので勿論スレンダー体型。服装はゴスロリそのものって感じですね!

と言いつつも、どうしても気になってしまうのは胸元・・・
一応ちゃんとチェックはしておきます。一応ね、一応。

流石にフリル部分を別パーツにするのは厳しかったのか、同一パーツの上から塗装で再現。
左胸の部分に溝がありますが、左腕パーツの凹みですね。

中心部には小さなリボン、ガンメタ塗装の薔薇のアイコンが付いています。

お腹の真ん中に線が入っているのですが、こういう服のデザインなんですね〜
普段ゴスロリの服を見る機会が全然ないので、こういうのがスタンダードなのかなって思っちゃう。笑

腕の部分は多段フリルになっており、密度が濃い造形となっています。
指の繊細な角度が、いかにもローゼンメイデンっぽい。

モッコモコです、モッコモコ。
爪の造形&塗装もちゃんとありますよ。

右手。
シンプルなカラーリングですが、パーツ数が多いですね。フリル&リボン・・・今で言う「夢可愛い系」でしょうか?笑


リボンの部分のみ光沢あり。


背中には漆黒の翼・・・トゲトゲすぎてめっちゃ刺さって痛いですわ!
こちらは艶消しとなっており、擦れたり塗装ハゲが起こりやすくなっているので注意が必要です。

この状態では背中がよく見えませんね。
しかし安心して下さい、ちゃんと翼は別パーツになっているので外せますよ!

凶器すぎる・・・
結構後ろに飛び出ているのも特徴です。

翼を取り外した状態はこんな感じ。
当然ダボ穴が目立つので、この状態では飾らない方が良いでしょう。笑

ほぼほぼガッツリ見えちゃっている背中部分。
肩甲骨部分はダボ穴があって残念な感じですが、背骨の造形はちゃんとありますね。

露出が少ないように見えて、地味に背中で語るイイ女でしたね。
髪の毛や翼など、結構干渉するパーツが多いので注意が必要です。

下半身。
ドレスが大きく広がっており、ボリューム満点!
十字架のデザインが、いかにもな厨二病ですね・・・

複雑な曲面ですが、綺麗に十字架がプリントされています。

後ろ。

ドレス部分は、若干パール塗装になっており、上品さ溢れる仕上がり。
地味な見た目ですが、造形は流石といった所でしょうか?




ドレスの下には細めのおみ足が!
ドールなので、しっかり関節のラインが入っています。地味に地肌部分が見えるのは珍しい気が。

そこまでヒールは高くありませんが、結構爪先立ちですね。
かなり細いですよ、足先まで。

後ろから見ると、関節部分がよりしっかり見えるかと。
球体関節フェチって、意外と多そうですね・・・特にうちのサイトを見ている方は特殊な性癖をお持ちでしょうから(死)

ブーツはツヤあり。
こちらもシンプルなデザインで。甲の部分にリボンが付いています。

台座が無いと自立は不可能ですね。
まぁ今回は結構デザインが重視されている台座なので問題ないですが、シンプルな台座のフィギュアは自立出来ると嬉しいです。

真下から覗き見!
ドレスの裏地デザインや、なんとなく時計回りにフリルがたなびいているのが分かるかと思います。

はい、中身はしっかりとドロワーズです。
こちらも露出が多い銀様ならではですね。特に下が地肌なので、より艶かしく見えるのは何ででしょうかね。笑







なんかお尻部分がセクシーに見える・・・
ローゼンメイデンにそんな感情を抱く事はないですが、これもフィギュア化されたこそですね。





































大きさ比較。
ノンスケールですが、一般的には1/7スケールくらいですかね。

人気キャラなので、これまでも沢山の銀様フィギュアが出てきました。その中でも「最も優しい表情」の銀様ではないでしょうか?
しかもここまで大きめの銀様のフィギュアは珍しいですよ!
台座のゴージャスな出来と装飾、フィギュアの丁寧な仕上がりは流石i-con氏と言った所でしょうか。

銀様が好きな方には良いと思いますが、原作ファン・似ていないとダメなんだ!って方には微妙ですね・・・
ただ今後、銀様のフィギュアが出るとは考えにくいので、スケールで銀様が欲しい方にはオススメですよ。



Amazonで購入する

0

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram