フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

五等分の花嫁∬ Coreful フィギュア 中野三玖~制服ver.~ Renewal

タイトーより「五等分の花嫁∬ Coreful フィギュア 中野三玖~制服ver.~ Renewal」のレビュー。

発売日:2022年7月
価格:プライズ
スケール:NON(約20cm)

箱表。スマートな縦長パッケージ。

この五等分のcoreful(コアフル)シリーズは出来が良いと評判だったんですよね。こちらはリニューアル版となっており、初版はこの約1年前にリリースされました。ちなみに初版は持っていないので比較は出来ないんだ・・・すまない・・・!

箱裏。タイトルが「五等分の花嫁∬(インテグラル)」なのでアニメ2期からの登場ですね。
ちなみに私は最初インテグラルじゃあなくてフォルテッシモって読んでいました。笑

先述しましたが初版を持っていないので比較できませんが、他のレビューサイトでパッと見た感じはポージングと台座は変更されています。
その他細かい彩度が違っていたりするらしいですが、上記の2点以外は大きな変更は無いそう(あくまで私感)。



















お顔。やべ〜これがプライズ?笑

スケールフィギュアでも出ている五等分のフィギュアですが、そちらに引けを取らない程の完成度!ムチャ可愛いです。
いや、もちろんスケールの方が質感だったり良い部分もありますが、サッと飾るにはこちらのプライズの手頃感がエゲツないんですよね。
それにリリーススパンも早く、五姉妹をすぐに揃えられるのもポイント高し。

アイプリントの精度もいい感じ。三玖は長髪で顔があまり見えませんが、逆にその分瞳の表現は大事だったりします。
大きい瞳のアイプリントも多色印刷で再現。目の下の独特な頬の赤らみは、イキすぎると進撃の巨人のエレン(後期)に見えなくも無いですが・・・笑

この前髪って絶対ウザいよね・・・特に夏場とか湿気と汗で死にそう。
でもこの長髪だったり、引っ込み思案なのが三玖の魅力でもあり、世のオタク達の心をガッチリ掴んで一番人気なんですよね〜。

ちなみに一番人気と感じた理由は、単純にグッズの売上が一番高そうだからですね。中古ショップで他の姉妹は見かけても三玖だけない、なんて事もザラにありますし。

ヘッドホンをする為に、一応耳だしをしています。ピアスは開いていません。

反対側。

後ろ髪は、ヘッドホンに挟まれてギューッとなっています。笑
プライズながら細かい髪の造形になっており、かつくどくない程度に留まっているのがいいですね。

ヘッドホンは恐らくbeatsモデルっぽいやつ。
ただし形は安っぽいので、そこまで良いモデルでは無いのかも・・・

反対側。
そに子はヘッドホンを外すと死んでしまいますが。三玖も大概そんな感じですよね〜
AMAKUNIだったか、ウェディングドレス姿で五姉妹がフィギュアになった際も、三玖はしっかりヘッドホンをしていました。笑

制服+カーディガンな上半身。
初版は腕を前に組んだポージングでしたが、こちらは後ろに組まれており胸が幾分強調されています。
嫌が応にも目がいってしまうMU・NA・MO・TO・・・

髪の毛は毛先にいくにつれてクリアーになっており、毛先に関しては完全にクリアーですね。
なかなか面白い表現方法だと思いますが、好みは分かれるかも。

DE☆KA☆I

さすがバスト88の実力・・・カーディガン越しでも分かるボリューム感。
カーディガンのシワがまたいい味を出しているんですよね。

成形色ですが、模様の再現が素晴らしいカーディガン。
corefulシリーズは、純粋なキャラの造形に加えて衣服の再現度も素晴らしいのが良いですね!
塗装をもう少し凝ってあげると、本当にスケール並の完成度になると思います。

制服は大きくはだけており、意外と三玖っぽくない大胆な露出。
シンプルなデザインだからこそ、プライズでもあまり目立たない個体差なのかもしれません。

少し下から。裾のリブ部分もちゃんと造形されており、ダルさも無いのでかなり上等な抜き型が使用されているのでしょう。
造形が良いと、逆にこのシンプルな成形色もアリに思えてくる不思議。

右肩は制服が大きくはだけており。肩が露出しているのもポイント。
派手さはありませんが、地味にフェチズムを刺激してきますね・・・


反対側。

この「重ね着している雰囲気」がちゃんと出ている造形が素晴らしい。
実際はそんな事ないんでしょうけど、繋ぎ目やパーツ数の調整でしっかりそんな風に見せています。
この三玖の造形師、かなり出来ると見た!

後ろから。右肘部分は割と大胆なシワの入れ方ですね。
長めの袖から出る小さな手が可愛らしい。

少し見えにくいですが、袖部分にちゃんとカーディガンの造形があるのが細かいですね〜
しかも単純な造形でなく、リブの造形にしてあるのが憎い・・・
細かい部分ですが、こういう所をキチッと造形しているのが大事なんですよね。

グッと曲げられた右手は爪の造形あり。
塗装はされていません。

明るめグリーンのブロックスカート。
風が吹いているのか。左足側がフワッと浮いた様になっています。ヒダの数が少なめだからか、若干大味な造形にも見えますね。

下半身はタイツ。かなりクセ強めな造形ですね〜
人間の骨格的にどうなのかはさておき、かなり美脚なのは間違いないです。笑

流石にスケールフィギュアと比べるとタイツ感はありませんが、十分頑張っているかと。
見る角度によっては、スリムに見えたりガッチリに見えたりするのが不思議。

右足。他の姉妹はミニスカだったりロンスカだったりと個性的ですが、三玖だけタイツ。
タイツは何故こんなにもオタクの心を惹きつけるのか・・・

後ろ。膝裏の造形はちょっと弱めですが、まぁプライズだしこんなものかな〜
でも上半身の造形の気合の入り方を見ると、下半身はちょっと物足りなくなってしまうかも?

ローファーの裏までカッチリ造形されており、見る側の気持ちをちゃんと考えているんだなぁと言った感想。
本当にありそうですもんね、このローファーのソール。

台座。初版はクリア成型に文字入りでしたが、今回はシルキーカラーとなっています。
デザインも大きく変わっており、どちらが良いとかはないですね。

では最後に気になる部分を・・・
タイツ越しの!!ちゃんと造形してありました。しかもなかなか凝った造形にニッコリ。

下着の形は至って普通ですが、お尻の食い込みはなかなかのもの。
タイツ越しの下着は何故こうもオタクを惹きつけるのか・・・(2回目)

最後にオマケのもう1ショット!
























大きさ比較。大体1/8〜1/7スケールの間くらいの大きさかな?

プライズのレベルはかなり上がっていますが、このタイトーのコアフルは本当に素晴らしいですね!
ファンの方的にも造形はどうなんでしょうか?少なくとも私にはかなり良く見えましたが・・・
とりあえず五等分のフィギュアで手頃な物を紹介するなら、迷わずコチラを推しますね。

全体的な出来にも満足していますが、特に上半身の造形や細かさが良かったです。
他の姉妹もぜひ揃えたくなりますが、収集がつかなくなりそうなので三玖だけを追っかけて行こうと思います・・・笑



Amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram