フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

グッとくるフィギュアコレクション アイズピュア 葦月伊織

シーエムズコーポレーションより「グッとくるフィギュアコレクション アイズピュア 葦月伊織」のレビュー。

発売日:2006年9月
価格:3,850円(税込)
スケール:NON(約15cm)

外箱表。なかなか古いブツなので、ちょっと黄ばんでいるかもしれません・・・

大人気コミック「I“s」を原作とし、イメージを忠実に再現したOVA作品「I`
 `s Pure」より、ヒロイン「葦月伊織」が待望のフィギュア化。
彼女の持つ繊細で透明感あふれる魅力を100%立体化しました。ファンには垂涎の逸
 品です。(公式より引用)

箱裏。このフィギュアの発売元は、かの有名なシーエムズですよ!
今ではもう存在しないフィギュアメーカーですが、「グッとくるフィギュア」シリーズで名(迷)作を多々生み出したメーカー。
なかなかニッチな作品にスポットを当てていたりして、一部のフィギュアは現在でも高値で取引されている模様。

黒色の円径ベースと支柱が付属。シーエムズといえばやっぱこれだよなぁ!
今回は台座も支柱も使用せずに撮影していますが、こちらがないと自立は出来ません。

台座裏にスポンサーロゴが入っています。リバプールってサッカーの・・・?

自立出来ないので、クリアキューブを後ろに置いて撮影していますがお気になさらず・・・














お顔。前回レビューしたI’s BOX付属のフィギュアは、原作者である桂正和先生監修でした。
しかし今回は監修していないのかな〜っていう位似ていません。笑

なんか全体的に幼い様な・・・中学時代の伊織ちゃんと言われればまだ納得できるかも?
カエル顔というか、横に潰れ気味な輪郭も気になるトコロ・・・
ブサイクではないけど、とにかく幼い!

アイプリントの精度はそこそこ。白目が小さく黒目が大きい、桂キャラの鉄板比率ですね。
悪くはないけど、うーん・・・やっぱりあの絵柄を立体化するには無理があったかぁ。

目線以外の角度から見ると、もはや誰だかさっぱり分かりません。
普通にモブキャラ?と見間違うほどです。笑
えらくエラが張っているのも気になるな〜・・・
少し上から。口がちょっと紡がれていて可愛いのは良いですね。
ちなみにI’sではなくI’s 「ピュア」なので似ていないだけでは?と思われる方がいるかもしれませんが、I’s ピュアの作画はしっかりと原作に準拠しております。つまりはこのフィギュアがオリジナリティーを爆発させているだけなのです・・・

少し儚げな表情は上手く再現されていると思いますけどね。
ちょっと目が全体的に小さいのかな?

髪の毛はダークブラウン系のカラー。
流れなどは大きくありませんが、小綺麗にまとまった造形ですね。分割線が目立つのは気にしない・・・


別角度から。ちょっとだけ耳が出ています。


後ろ。I’sのキャラってショートの女の子が多いですよね。いつきもそうだったし・・・
ヒロインとしての正史は伊織ちゃんですが、いつきEDも見られるというゲームがPS2であるそうです。というかI’sって人気があるのにゲームはそれしか出ていません。まぁ原作からして恋愛ゲームになるだろうし、ゲーム性の幅が狭いのは仕方ないかもしれないですけどね。

眉毛と二重のラインが直線なのはちょっと残念。もう少しラインに沿って引くくらいして欲しかった。
お顔がしっかり嵌っていない様に見えますが理由があり、なんとボールジョイント仕様なんですね。なのである程度顔は自由に角度を調整できるのですが、髪の毛の造形や角度の都合上、ほとんど意味がないのが辛い。笑


若干影を落として撮影してあげるのが良いのかもしれません。
前髪が少ない気がする・・・

先述したボールジョイントはこんな感じ。果たしてこれはボールジョイントと呼んでいいのか分かりかねますが・・・笑
一応顔はぐりぐりと動きます。が角度限定なので合わない角度にすると浮いてしまって見栄えが悪いです。


髪の毛の浮いたような表現はなかなかのもの。
束感もちゃんとあります。

この制服のデザインとカラーリングは桂ワールド全開だなぁと感じますね!
ちょっとサイバーな感じや、アメコミ風味も感じられます。襟の形や大きさなんかもオリジナリティーありますね。

制服のライン部分はプリントで再現されており、はみ出しはありません。ちょっと安っぽい気もしますがこれはいい表現方法。

伊織ちゃんといえばナイスバディですが、残念ながらこのフィギュアでは拝む事は出来ません。
この辺の私服がダボっとした感じも幼さを感じる原因なのかも・・・?

襟の部分は別パーツなので、写真のようにタイホルダーとタイが離れてしまう事もしばしば・・・
とは言えそこまで気になる部分ではありませんが。

横から見ると襟が少し浮いているのが要因かな。パーツの噛み合わせが良くないのもシーエムズクオリティ。


制服のシワ造形はなかなか良き。動きに合わせて入っているのが重要なのです。
ちょっとダボついているのも雰囲気が出ています。

襟の部分は取り外しが可能。しかし外すと何とも残念な感じに・・・
お胸の真ん中に穴がポッカリと空いちゃっています。まるで空虚な心の様(虚無)。

わずかながらに胸の膨らみも確認できますが、ここは潔く諦めた方が良いでしょう。
このフィギュアは残念ながら「グッと」来ないのですから・・・

背中部分もしっかりと拝む事が出来ます。ブラウスっぽいデザインになっていたんですね〜
しかし肩の部分がガッツリ削られているので、見栄えはやっぱり悪いです。笑


一応、腕は別パーツなので動かす事が出来ます。しかしこちらはボールジョイントですらないガチャのフィギュアと同じ仕様。
なので動かすと画像の通り関節が丸見えになるのでオススメはしません。


上半身と比べると下半身は幾分むっちり目(桂成分多め)に造形されています。
シンプルな黒のニーハイソックスながらもパープルのラインがアクセントなんだよなぁ。


後ろ。スカートが短過ぎてお尻が見えちゃう・・・
この辺のね、再現度はね、非常に良きですよ!お顔はさんざん言いましたが、この下半身の造形でかなり持ち直した感じがあります(主に私の評価点で)。

サイドにパーティングラインがガッツリ残っていますがキニシナイ。
足の造形はそこまでフェチ度は高くありません。太さも細過ぎない程度なので、安定感があります。


膝頭のポッコリした造形はなかなかのもの。
そういえばこの伊織ちゃん、ガッツリ昔のガチャと同じ素材なので夏場だと暑さでやられてしまう可能性が大でございます。
なんて言ったってシーエムズだからね・・・その辺は出して飾る方は特に気をつけた方が良いかもしれません。


ローファーの造形もかなり細かい。
しかもちょっと凝ったデザインになっており、伊織ちゃんの足元までオシャレに気を遣っているのが良く分かる一コマかと思います。


足裏にはダボが空いています。支柱や台座を確認したのですが・・・どこにも対応するのがないんですけど?!
この伊織ちゃん、何かの流用品なのかなぁ。でもそんな情報は無かったし、台座のミスかダボミスか、どちらかとしか思えない。


最後にお待ちかねのやーつ。
パールがかった薄いピンクでした。ポイントは細かいフリル付きのデザインかな?学園のアイドルのスカートの中身を覗き放題だなんて・・・これだけでこのフィギュアを買った価値があるってものだぜぃ!


そしてお尻側。これだよこれ、これが伊織ちゃんのお尻だよ(変態)!
伊織ちゃんというか、桂キャラのお尻はこの丸っとした大き過ぎない形に、張り付いた様な下着なんですよね。

フリルの塗装が雑なのが残念な事この上ないですが、造形が良すぎるので許してあげますか。
尻タブもしっかりあるのが良い仕事をする原型師だと私は教わっております・・・

違う角度からもう何枚か・・・
正直このお尻だけで言うと、I’s BOX版より良いと思います。しかしそれ以外はあちらの方が上!笑

ラストお尻。





















大きさ比較。大体1/10くらいですかね。少しそれより小さいくらい。

以上でした。伊織ちゃん、もといI’sのフィギュアってあとはバンダイから出たフィギュア位しかないと思います。
あちらは伊織ちゃんといつきが発売されましたが、どちらもなかなかの邪神にもかかわらずプレミアが付いていると言う・・・
流石にプレミア価格で買う気はないので、落ち着いたら手に入れたいと思います。

さてこの伊織ちゃんですが、トータルの出来で言うと「シーエムズだなぁ」って感じでしたね。笑
バリが残っていたり、ジョイントを上手く活かせていない造形などはまさしく顕著かと。
肝心なお顔の出来も微妙で、原作とはとても似つかないのが残念でした。しかし、スカートの中身の造形は素晴らしく、そこ目当てで手に入れるのはいかがなものかと思いますが・・・気になる方は手に入れてみるのも良いかもしれませんね!



Amazonで購入する



1

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram