フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

プチラマシリーズ 東京リベンジャーズ TOMAN HEROIC SCENES

メガハウスより「プチラマシリーズ 東京リベンジャーズ TOMAN HEROIC SCENES」のレビュー。

発売日:2022年3月
価格:990円(税込)
スケール:NON(約8cm)

外箱。タケミッチ、邪魔!w

プチラマシリーズにTVアニメ「東京リベンジャーズ」が登場!!
TVアニメ「東京リベンジャーズ」のワンシーンを再現した彩色済(さいしきず)みジオラマフィギュアが登場!
ラインアップは「花垣武道(タケミチ)」、「佐野万次郎(マイキー)」、「龍宮寺堅(ドラケン)」、「場地圭介」の全4種です。
小さいながらも洗練された表現で卓上に彼らの勇姿が蘇(よみがえ)ります。

※全4種のうちいずれか1種が入っています。(公式より引用)

東京リベンジャーズは、漫画とアニメ・更に映画にもなった大人気ヤンキー漫画。
私も飛行機で映画を観て以来(劇場じゃ無いんかい!)、アニメも漫画も観ましたよっと。その結果、そんなにハマらなかったデス。。。

では何故このフィギュアを購入したのか?実はこれは一緒に買い物に行った友人が購入したもので、今回レビューしたいが為に特別にお借りしました。話題にもなりそうだったしね。
ちなみに世間ではマイキー万歳!タケミッチいらん!な風潮ですが(ファンの方すみません)、例に漏れず友人もタケミッチはいらないと言っていましたw

3個購入して、見事タケミッチ以外を手に入れる事が出来ました!なんという強運・・・
明らかに重い箱は無く全て同じ位でした。なのでサーチはほぼ不可能かと思いましたね。なので、皆さん悪質なサーチ行為はやめようね!

佐野万次郎(マイキー)

みんな大好き初代総長。私の正直な感想としては、そこまで人気出るのか・・・と思いましたけどね!
闇堕ちする所とかがいいのかな?純粋な悪みたいな。
あとは子供っぽい所とかが女性の母性をくすぐるのは、なんとなく分かる気がする。

プチラマシリーズは基本的にパース(遠近法)のついた造形ばかりなので、決まった角度以外で見ると違和感しかないです。笑








龍宮寺堅(ドラケン)

こちらもみんな大好き初代副総長。しかし中の人が問題を起こしたせいで、色々可哀想な目にあった人。
ちなみに私は中の人に関して、音楽ユニットの曲が好きでしたね。問題のせいで解散してしまいましたが、ペインターの人は何とギターボーカルに転身。いや、歌いたかったのかい!

今回紹介するラインナップの中でも屈指のパースが付いているせいか、サイズ感は他のキャラに比べて小さめ。










場地圭介(バジサン)

みんな大好きペヤング先輩。東卍時代の壱番隊隊長。同隊の副隊長、千冬とのエピソードは屈指の人気。
こちらは芭流覇羅時代の抗争シーンでの立体化となっており、芭流覇羅のジャケットを身に付けています。
漫画内ではメインキャラですが早期にリタイアする為、割と印象が薄いのが私の感想・・・創設時のメンバーとのエピソードとか良かったですけどね。










ディティールチェック。

元々の絵柄がかなりクセありなので、立体化するの難しかっただろうな〜という印象です。皆さん、どうですか?
私としては十分に許容範囲と言うか、ちゃんとマイキーだと思いました。目の奥が笑っていない所とか。笑
ただ右頬に塗装汚れが・・・品質管理日和ってるやついる?いねーよなぁ!(隙あらば日和る)

目線に合わせて飾る、観てあげるのが一番いいですね。恐らくこのマイキーが一番相場が高いと思われますが、手に入れても問題ないかな〜と思う位の出来には仕上がっていますので安心して下さい。個体差は結構ありそうですけどね・・・アイプリントとか。

髪型の再現度はかなり良いです。造形も塗装も安定しているかと!
同じヤンキー漫画の金字塔として「クローズ」や「WORST」があります。もっと遡れば「湘南爆走族」とか「ビーバップハイスクール」とか「カメレオン」とか・・・挙げればいとまがありません。

しかしフィギュア化で言うと、クローズが圧倒的です。そして価格の暴落も・・・それだけ飽きられやすいって事なのかなぁ。
その昔、某所で鬱箱と題してクローズのフィギュアが大量に販売(処分)されていたのは懐かしき思い出w

特攻服(とっぷく)の出来も、このサイズにしてはかなり良く出来ていると感じました。
特に全体に入っているプリントの細かさとかは目を見張るものがあるな〜と。あくまで「このサイズにしては」ですけどね!

お腹にはしっかりサラシを巻いています。冷やしたらいけないからね!
マイキーってそんなに筋肉質なイメージは無かったですが、結構バキバキなんですね。

燦然と輝く初代総長の文字。


胸ポケット上に唯我独尊!
ボタンの塗装もちゃんとあります。

右腕には「暴走卍愚連隊」のプリント。
卍の文字がエラい事になっていますw恐らくシワの部分だからクシャってなっている表現?


背中には大きめにプリントが入っています。こちらは大丈夫か・・・と思っていたのですが。こちらも卍の文字が何か変?!
何でだ・・・原作でもアニメでもちゃんとした「卍」の文字だったはず・・・まさかBPOや世間に配慮して「卍」と言う文字が使えなかった??うーむ色々と勘繰ってしまう。

ズボンには神風のプリント。


ブーツもどっしりとした造形で良い出来です。
ちなみに台座との接続に関してはダボですが、キャラクター側に凸がついている為自立は出来ません。

恐らく後ろにいるのはパーちん?と・・・誰?!タケミッチ?!
塗装されているのは前の二人だけで、後ろの人達はクリアパーツで再現。ちょっと凝っている感じがして好きだったり。
顔が描かれていないのはサイズ的に仕方ないかな。

ドラケンくん・・・君は、誰だい?(C・ロナウド風)

まさかのドラケンがパーちんになってしまいました(死)。
ま、冗談はさておき・・・ドラケンの顔に関してはかなり厳しいものがありますね。輪郭が丸すぎるだろ!
アイプリントはそこまで悪くない気がするので、バランスさえ整えてあげればイケメンになりそう・・・

サイド部分のタトゥーは綺麗にプリントされていると思います。パーティングラインめっちゃ目立つけど。


まぁシーン的に髪の毛がこんな感じに躍動感溢れているので、ドラケンっぽく見えないなぁと言うのはあると思います。
こうして見るとドラケンって髪の毛の面積がマジで少ないんですね〜笑

特攻服の出来は相変わらず良きです。顔さえ我慢出来れば・・・ですが人形は顔が命!とも言いますからねぇ。
あと個人的な不満としてサイズが他のキャラに比べて小さい。今回の3人の中では一番身長が大きいのに・・・ポージングのせいかもしれないですけど、そこはもう少し大きめに作って欲しかったですね。

こっちも卍の文字が潰れちゃっています。ただマイキーのと比べると卍はちゃんとした字体になっていますね。


初代副総長のプリント。


背中はタスキに隠れていますが、こちらもちゃんとプリントされています。ドラケンは屈指の武闘派だったので、割とこのタスキで隊服を縛っているイメージがあります。

殴られて吹っ飛ばされているのは、芭流覇羅のトップ、半間修二でしょうか。髪型からして恐らく・・・
こちらもサイズが小さく顔は描かれていませんが、特徴があって助かった。笑

コンテナがグッシャグシャです。クリアパーツの上からメタリック塗装。


ドラカプでもよくあった、遠近法を最大限に活用したタイプの台座。利点はドラマチックなシーンに合う事、難点は角度が限定すぎて他の角度から見るとサイズ感がチグハグすぎる事・・・


ば、場地さん?!

まぁこの場地についてはこんなもんじゃね?と言うのが私の感想です。こんな顔・・・だったよね?
ちょっと目と目が近すぎてミサワ化しているのが気になりますが、遠目で見ればしっかり場地さんだから・・・
こんな出来だとペヤング伸びちゃうよ!
特徴的な黒の長髪がガバッと纏められています。
ポージングのチョイスは個人的にアリ。

シンプルな服装ですね。芭流覇羅は上半身が特攻服ではないので、スマートな見た目な印象。

後ろにはちゃんと「首のない天使」がプリントされています。


芭流覇羅のタグ。これ、お母さんに取られて怒るやつ。笑

「あんた、こんなタグつけて恥ずかしくないの?!」

「これがオシャレやねん!」

なお、似たような物にニューエラのキャップに貼られているシールがある模様。

パンツもスキニータイプでスタイリッシュ。
背景の鉄パイプは別パーツで紙に挟まれて入っているので、曲がったり破損している心配は無いかと。

台座は積み上げられた廃車・・・芭流覇羅との決闘シーンですね。









































後ろに穴空いてる!芸こま!












大きさ比較。見て貰えれば分かると思いますが、かなーり小さい。

総評としては、各キャラちゃんと造形されているのでファンの方的には概ね満足は出来ると思いました。
ただ細かい不満点として、マイキー以外に2人はまず顔が似ていないのが残念かなと。特にドラケン・・・
そしてサンプル写真からは劣化もありますので、その辺りも覚悟が必要かなと。

一番気になるのはやはり値段。時代の流れと言われればそれまでですが、ひとつ990円でこのサイズかぁ。
ドラカプが500円で売られていたのが懐かしいですね。あちらはレアカラーと題して手抜きが混入されていたのもありますが。
そこに目を瞑る事が出来れば、オススメかなと。

少なくとも東京リベンジャーズのフィギュアはこれから更にリリースされていくと思うので、そちらを見極めて購入されるのをオススメします!買うからにはマイキーを当てましょう!笑



Amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram