フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

藤ちょこ氏オリジナルイラスト 透花回廊~水底のアリス~

アルミナ(ALUMINA)より「藤ちょこ氏オリジナルイラスト 透花回廊~水底のアリス~」のレビュー。


発売日:2022年2月
価格:21,450円(税込)
スケール:1/7(約25cm)
原型制作:大久保一男(one) ・藤沢明(one)
彩色:けん

箱表。縦長で標準的なサイズですね。

人気イラストレーター藤ちょこ氏の「透花回廊~水底のアリス~」がフィギュアとなって登場です!
儚げで愛らしい表情に、舞い踊るプラチナブロンドの髪とのコントラストが美しい黒を基調としたドレス、そこにほどこされた細かな装飾も忠実に再現いたしました。
専用台座には、水中を感じさせる泡や差し込む光の反射など、イラストの雰囲気をより感じて頂ける様に作り込んでおります。
また、各所にクリアパーツを使用、原画そのままの透明感あふれる仕上がりもポイントです。
藤ちょこ氏が描く、まるでガラス細工の様な繊細で幻想的な世界を、是非お手元でご堪能ください!(公式より引用)

箱裏。

今回はアルミナと言う聞き覚えのないメーカーだったのですが、調べてみるとグッスマ傘下のメーカーっぽい?です。アルミナ単体のHPは存在せず、グッスマの商品ページ内にラインナップがありました。まだ新しいメーカーですね。

以前は夢見りあむや十時愛梨などのアイマス系のフィギュアを販売していましたが、今回は人気イラストレーター「藤ちょこ」氏のキャラクターを立体化と言う事で、色々な意味で楽しみじゃわい!

箱の側面にはフィギュアの元イラストを描いた、藤ちょこ氏のサイン(印刷)が入っています。


内容物は、フィギュア本体と台座、泡パーツが2つです。
まずは台座と泡パーツを組み立てます。

台座はこの様に傾斜が付いている珍しいタイプになっています。
フィギュア本体を取り付けたら真っ直ぐになるという、不っ思議〜な感じ。笑

泡パーツ×2。台座に取り付けて景観となる他に、フィギュア本体を支えるダボがあります。

組み立てるとこんな感じ。後述しますがパーツ精度が若干甘いのか、全体的にカチッと嵌りませんでした。9割くらいは入ったんですけどね・・・そこは少し残念ですね。























お顔。か、可愛EEEEEEE〜〜!!

予約開始時から楽しみにしていましたが、サンプルからの劣化はほぼ無いのでは無いでしょうか?個人的にはサンプルのイメージ通り。
やはり金髪に青瞳キャラは大正義なのですが、今回は名前が「アリス」ですからね。アリスと言う名のキャラに可愛く無い子はいません。
藤ちょこ氏の絵柄は惜しくも完全再現、とはいきませんが雰囲気は十分だと思います。

アイプリントの精度も良いですね!グッスマの工場で作っているのかな?
結構細かい模様ですが、潰れる事なく印刷されています。中心部から少しズレた赤い焦点がアクセント。

目線は若干左寄りですが、どの角度から見ても破綻のない造形です。
スケールがスケールなので、標準で20,000円の大台を超える価格のフィギュア。それに見合うクオリティを期待したい所!

髪の毛の造形も細かくて良い感じ。前髪ぱっつんですが、品質が悪いと束感が潰れて見ていられない感じになるからね・・・
小さく動きを感じられる良造形かと。髪色は明るめのプラチナブロンド。うっすらパール塗装にも感じます。

大きめリボンの付いたカチューシャ。アリスといえばリボンですね。
原作における「不思議の国のアリス」に出てくるアリスは。お世辞にも可愛いと言えたものではないけれど(笑)、萌えキャラとなれば話は別。
このリボンをはじめ、衣装の黒色部分は全て柔らかめの彩色となっています。

横からはクリアパーツで再現したケープが出ています。
端の合わせ目の塗装が少し雑かな〜細かい部分ですけど、ちょっと気になりました。

冒頭の公式アナウンスを見てもらえれば分かる通り、元になったイラストもタイトルも「水中」がモチーフとなっています。
その為か、髪の毛も至る所に向いた凄い造形に・・・笑

毛先に行くほど色味が薄くなっていき、毛先になるとほぼ白色です。クリアパーツではありません。
何層にもなっている組み合わせが凄E。毛先もシャープ。

水中なので、当然お魚さんも泳ぎ回っています。今回は2体付属。
ちょうど見えない位置のダボで固定されていて、巧い造形だな〜と思いましたね。

クリアパーツが母体で綺麗ですね。この子が飼い慣らしている魚なのかは不明です。笑
あと身が詰まっているのか、結構本体部分に厚みがあります。

少し眠たげな垂れ目が良いですね〜
鼻と口は目立ちにくい造形をしていますが、角度によっては確かな存在感を発揮。

この辺も完全オリジナルだと思いますが、変わった衣装ですねぇ。基本はドレスの様なメイド服だと思うのですが、襟の部分はクラシックなセーラー服の要素が取り入れられています。

黒系の塗装は擦れや塗装汚れが目立ちやすいのですが、そういった箇所はほぼ見受けられず。良きですね!

襟の左側には、光モチーフ?なバッジの様なものが付いています。若干パープルカラーを含んだシルバーで塗装されており、こちらも確かな存在感を発揮。ちなみに取り外しは出来ません。


ザクリが大きめに入っているので、胸元はセクシー要素が強めです。ムヒョー!
で、お胸の大きさは・・・標準的なサイズですね。素晴らしい。個人的には貧乳とは言わないサイズ感です。

お顔的にもっと貧乳寄りでもOKですが、これ位のサイズ感も逆に良いでしょう!ただしこれ以上大きくなるとNGで御座いました。
巨乳のアリスなんて・・・アリスじゃあないやい!


この並んだ金色のボタンを外していけば・・・フヒヒ

失礼しました。つい興奮してしまいまして・・・こういうデザインのボタンって、ブチブチっと敵さんに千切られがち。つまり負けヒロイン的なポジションなんですかね。アリスちゃん。

端部分には細かいフリルが付いており、より女の子らしさを強調したデザインとなっています。

肩部分はパフ状になっており、クリアパーツを使用して透け感が表現されています。
完全クリアカラーではないのでそこまで透け感はありませんが、期待を持たせる程度には透けていると思います、ね。
細い腕はかなり色白で、お顔も含めてお人形みたいですね。

両手首にはシュシュ、そして手袋。こちらは衣装と同じカラーリング。
ベースは黒ですが、深めの紫も入っており見る角度によって印象が変わります。

経年劣化でこのクリアパーツ部分が白化してこないか、少し心配・・・

頭も外れないのでほぼ見えませんが、背中部分もちゃんと作り込まれています。
胸部分と比べると背中は衣装がべったり張り付いており、ボディラインが露わになっていてセクシー。

若干指と指の間の作り込みが甘めかな?


三重に重なったスカート部分はボリューム満点。シワの入り方が割と独特で、目新しさがありましたね。
こんだけ重なっていたら本体はかなり重いだろうな〜と思っていましたが、意外にも軽かったのが良かったです。クリアパーツのおかげかな?

全体的にフワッと浮き上がっていますが、特に後ろにかけてが凄い。笑
初めに回転している画像を載せていますが、その時点で見えてはいけないものが見えるレベルでしたね・・・

こんな感じで、台座にセットされた泡パーツがスカートを支えています。
本体は足裏の鉄芯で固定できるのですが、流石にそれだけでは不安だったのか、このパーツでも補助してきました。ちょっと不自然な気もしますが、良いアイデアだと思いましたね。

こちら側の泡パーツは、右足裏を固定する仕様になっています。これがね、嵌まらなかったのよ・・・!
メーカーさん、この辺の組み合わせはしっかり頼みます。笑

ベルトらしき部分は折れやすいので注意が必要。


スカートの3段目がクリアパーツになっています。造形は綺麗で良いのですが、所々フリル部分の塗装が雑だったり、黒いゴミ?らしきものが付いていてちょっと品質が悪かったですね・・・ここは残念!

写真で見る限りは目立ちませんが、近くでまじまじ見ると結構分かるので、この辺もメーカーさん、頼みます!笑

スラっと伸びたおみ足。安定のニーソックスでございます。分かってるね〜
膝頭の造形部分にシャドーが入っており、なかなかフェチ成分多めで良いですよ。多分片足立ちで力が入っている表現なのでしょう。

かなりスレンダーですね。さすさすしたい気持ちもありますが・・・捕まりたくないのでやめておきます。
ニーソのフリル部分がちょっと微妙な配色なのが気になる。

シンプルな黒色のパンプス。ツヤ有りです。


ギリギリ見えない角度がこれ!これ以上やっちゃうと見えちゃう、見えちゃう・・・
内股なのが良いですよね。内股最高。
あと膝裏にも強めのシャドーが入っており抜かりなし。

寄って見るとこんな感じ。太ももの隙間がたまりませんねぇ〜!(アグネスデジタル風)




台座は先述した通り、ちょっと変わった形をしています。
水面に反射する光をイメージした模様が入っており、良い感じに写真映えしますね。


残念ながら水中の背景紙は無かったので、それっぽいので代用。個人的には結構お気に入りなのですが、如何でしょうか?笑





























最後に皆さんが気になっていたあの部分・・・と言っても序盤で見えちゃっていましたけどね!
明るめの青色でした。

布地の大きさは標準ですが、張り付いていてラインが丸わかりなのがセクシー。
ここも水中という事が加味されて造形されているのでしょうか・・・

尻タブもちゃんとあります。これがあるのと無いのでは全然違いますからね。
チーズ抜きのチーズバーガーくらい違います。例えが微妙でしたね、スミマセン。

スジ的なものはありませんが、何故か大事な部分だけ色が濃いめ。つまりそういう事・・・?


ラストサービスショット。


大きさ比較。1/7スケールなので結構大きめですが、元の身長が低めなので圧迫感は感じません。

以上でした〜
新しめのブランドなので、期待半分不安半分で予約しました。結果的には買って正解だったなぁと思います!
品質面では目に付く部分が割とあったので、そこは改善していって欲しいと感じましたが、造形面に至っては個人的に文句はないです。サンプルからの劣化がほとんど感じられなかったからでしょうね。水中の絵柄表現もかなり限界があったでしょうが、これ以上増やしてもコスト的に難しかったのかなと感じる部分もあったので、これで良かったかなと。


イラストレーター、藤ちょこ氏のフィギュアが欲しい方には全力でオススメ。アリス好きにも勿論。
難点はスケールが大きめなので少しお値段がする事。しかしそれを補う程の破壊力のある可愛さを有していると思いますよ!
今後の成長に期待!なメーカーのフィギュアでした。




Amazonで購入する
1

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram