フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

SSSS.GRIDMAN 宝多六花

ファット・カンパニーより「SSSS.GRIDMAN 宝多六花」のレビュー。


発売日:2020年10月
価格:16,280円(税込)
スケール:1/7(約21cm)
原型師:YOSHI
彩色:Noa

外箱。標準的な大きさ、パッケージ写真。しっかり版元シールも貼られています。

――グリッドマンとかわけわかんないし…

TVアニメ『SSSS.GRIDMAN』より、クールかつ少し気怠げな雰囲気を漂わせるヒロイン「宝多六花」がスケールフィギュアで登場です。
優しげな笑みを浮かべつつ見返る姿で立体化しました。
特徴的な長めのカーディガンや短めのスカートから覗く脚線美など、六花らしさにこだわった造形でお送りします!(公式より引用)


箱裏。

アニメは観ようと思いつつも未だに観ていません。。。では何故六花のフィギュアを買ったのか?
最近もっぱらスパロボ30をプレイしているのですが、そこに出てくる六花が可愛すぎるんですよね〜ビジュアル、声、セリフ、どれを取ってもどストライク!

・・・気付いたらポチってしまっていました。六花は2022年1月現在、色々なメーカーからリリースされていて迷いましたが。個人的に1番似ていると思ったこちらのフィギュアにしました。


























お顔。うむ、可愛いなー!何だか六花の顔って再現するのが難しいんですかね?各メーカーそれぞれバラバラな気がします。

一番直近で言うとグッスマの六花がリリースされましたが、あちらもお顔の出来は微妙でしたね・・・あくまで個人の感想ですけど。周りの小物だったり、太ももだったり素晴らしい箇所は沢山あるのですが、肝心のお顔がと言った感想。

対してこのファット六花は、角度限定感こそあるもののアニメ作画に一番寄せている気がしました。
髪の毛の塗装表現もアニメ準拠で、独特な手法が取られています。これに関しては好みが分かれる部分ではありますけどねぇ。

アイプリントはすこぶる綺麗!ファットは今までのフィギュアからして大味な造形のイメージがあったのですが、この六花のアイプリントはかなり細かい部分まで再現されており、ゴイスー良いです。

先述した通り角度限定感が否めません。パースがついているので、目線以外から見ると顔のパーツや形が狂い、一気に奇形化します。笑
見るに堪えない程とまでは言いませんが、やっぱり目線に合わせて飾ってあげるのが一番かと思います。

まつ毛がバチバチですね。眉毛はあまり目立ちませんが、思ったより太め。
作画の都合上、鼻があまり高くありません。ちょっと先端が尖って見えますが、実物はさほど気にならないのでご安心を。

もみあげ部分を耳にかけ、外側の髪の毛を下ろすという独特なヘアスタイル。高校生なので当然ピアスなどは空いていません。
ちょっとほっぺたが丸っこくなっているのが可愛らしいですね!プニプニしたい。

髪の毛は先述の通り独特な塗装となっており、アニメのレタッチに比重を置いて再現されています。
ハイライトの入り方がアニメだなぁって感じますよね。笑

毛先は少し粗めの仕上がりですが、そこはファットなので致し方ないかなと。

後ろ髪の真ん中部分だけ背中側に垂れています。
六花は黒髪ですが、大体は青色がかっていますよね。このファット六花も例に漏れず、完全なる黒髪ではなくどちらかと言えば青みが強いです。

頭頂部が白っぽく見えますが、これは私の撮影技術が無く照明のせいです・・・うう

基本的に黒髪なのは変わらないのでのっぺりしているかと思いきや、後ろは意外とバサッとしています。
幽遊白書の鴉なら「ちゃんとトリートメントはしているか?」と言い出しそう。笑


シチュエーションとして、振り向き際の一瞬を切り取ったシーンだと思うので、この髪の流れは正解かと。
呼んでいるのはモチロン・・・


グリッドマンにはアカネと言う、もう1人のヒロインが登場します。ファットからもこの六花と同じ時期に発売されており。大体の他メーカーも2体揃えてリリースしてくるのが多いです。

そしてアカネと六花、2人のヒロインには明確な区分けが存在します。それはーーーーー
「上半身」か「下半身」かと言う事。ちなみに六花は写真を見て分かる通り、圧倒的「下半身」なのです。

カーディガンには小さいながらも校章がちゃんと印刷されています。
しかし歳相応と言えばそれまでですが本当に「無い」ですね・・・笑


カーディガンは真っ白ではなく、暖かみのあるクリーム色。ラインは多少ガタつきがありますが、兼ね許容範囲。
ボタンは金色でキッチリ締められています。

スリムですねぇ〜
カーディガンキャラにありがちな萌え袖ではありませんが、逆に色白で綺麗な素肌がチョコっとだけ見えているのが良いですね!

この若干膨らんだポケットに入りきっていない拳の感じとか、絶妙ですよね。親指だけピョコッと出ていたら面白かったけど。
袖部分のリブ造形やカラーリングもお見事。


振り向き際のポージングって地味に正中線を意識しないといけないので、より自然なポージングで造形するのが難しそうですね。
ちなみにフリューから同じシチュエーションのフィギュアがリリースされていますが、こちらは流石にスケールで一丁前の値段がするので出来も雲泥の差です。笑

髪の毛を結んだりするのに便利なシュシュ。ヒーローアニメらしく、鳥っぽいモニュメント付き。

ポニーテール状態の六花もいくつか立体化されていますが、個人的には結んでいない方が好きかなぁ。


背中。
シワの入り方が全体的に優しいのが良いですよね。

ここからがマグマなんです。

絶対領域って言葉は既に死語かもしれませんが、敢えて使わせて下さい。こんなにもお決まりの丈感があるか!
カーディガンよりも短いなんて。。。破廉恥すぐる。

からのこの「おみ足」ッ!素晴らし過ぎる他ないZEッ!!

表記はありませんがスムーススキンだと思われます。触るとスベッスベしていますもん。生足スリスリしたくなるスベスベさ。これは購入者にしか出来ない所業ですねぇ・・・

太くねぇって(迫真)

足の長さを考えると、全然太くない足回り。むしろもっと太くても。。。いや、この六花に限ってはこの太さが絶妙なバランスな気もしますね。逆にグッスマの六花はマジで太い。それが良いんでしょうけどね!
左足は軽く曲げており、より太ももとふくらはぎの太さの差が目立ちます。

右足は真っ直ぐ台座に接続されており、こちらにダボがあります。プラが1本、金属が1本の計2本で支えています。
本体は軽いので恐らく劣化で倒れてくる事はないと思いますが、注意はしとくに越したことはないですからね。


ハァァ。。。このおみ足、スリスリ案件ですな。膝のぽっこり具合も素晴らしい。

スリスリと言えば、ジョジョ2部のカーズ様か和月先生の「エンバーミング」に出てくる敵キャラ(名前は忘れました)を思い出します。カーズ様はリサリサ先生の、エンバーミングの敵キャラはヒロインの脚をスリスリするという、共にど畜生なキャラクターです。笑


後ろから見た絶景も素敵じゃあないか。
普通に直立ではなく、少し歩き途中のくねらせた脚周り、と言うのが更にフェチ度を加速させている気がしますね〜


特に私が推したいのはこの部分。え、どこの部分だって?

お尻下の両太ももに出来た絶妙な隙間だよ!!この隙間があるのとないのでは大違いなので・・・腕を出したり抜いたり出したり抜いたりしたい。

前からは膝のぽっこり具合が素晴らしかったのですが、後ろからは逆に折り曲げられた膝裏の造形が良き。
こういう細かい部分はいつも思いますが、フィギュア造形における重要なスパイスとなり全体のシルエットが引き締まる気がしますね。


今風の短いソックスですが、色はレッドと派手目。私の時はロングソックスだったなぁ。
ローファーは特に目立つ造形ではありませんが、光沢が良い味を出しています。


台座はタイトルの「SSSS.」のロゴ。オシャレな感じは宜しいのですが、ちょっと大きいかなぁ。このフィギュアのサイズからすると、あと数センチは小さくても大丈夫だった気がします。

ちなみに、同社からリリースされたアカネも色違いで同じデザインの台座となっています。


よく見るとソックスにグラデがかかっていますね。


見えそうで見えない・・・これぞ絶対領域。
あるあるですが、こう言うのは意外と見えないもので、思っているよりも覗き込まないといけません。

見ぃてないようで見てる〜(THE YELLOW MONKEY風)

・・・・「見えた」ッ!!!

白です。WHITEです。ついに発見しました。

造形はオーソドックスな布面積。しかし前面からの見所は、パンツの上のお肌が見えている部分!ここテストに出ます!
少しスカートが捲れ上がっているので、このお肌部分が見えるのはいわば必然。よくぞやってくれたファット。

後ろからも見てみましょう。このギリギリアウトライン・・・素晴らしきかな絶景。
何だろう、布面積が少ない訳でもないのにこの背徳感は!見てはいけない部分を見てしまったようで・・・

見えそうで見えない、そういうフェティッシュが一番なのかもしれませんね。見えてしまった後はこう言う瞬間が少なからずありますよね。結局見えて欲しいのですが、人間とは何とも我儘な生き物です。

尻タブがそこまで目立ちませんが、これは六花の太ももが太めなのであって、決してお尻が大きい訳じゃないよ、と言う原型師のアピールな気もしますね。確かにそれはそうかもしれん。


そして個人的に「ほほぅ・・・」と感心した部分が、カーディガンとお尻に挟まれてスカートがあります。
結構省略されそうな部分ではありますが、ちゃんとカーディガンと同じ丈感で造形・塗装されています。細かい部分まで行き届いた仕事、GJとしか言いようがないですね。

















グリッドマンのキャラクターには空が似合いますね、やっぱり。


「行きますよ、キャリバーさん」

「わ、わかった」

「アクセスコード!グリッドマンキャリバー!」


結局六花と響の関係性は、最後まで明かされなかったみたいですけど・・・
考察では「裕太が六花に告白した後に記憶喪失になり、OKした六花が不憫に思っている」と言う感じらしいですね。そう考えれば序盤の不機嫌な六花の態度にも納得がいくと言うものです。


見え・・・たッ!





「はい、キモーい」

六花ファンの方は、ぜひスパロボ30の中断メッセージを動画で観る事をオススメします。六花の声優さんって、すごく自然な女子高生の演技が出来ていて凄いな〜と感じました。イマドキの女子高生の喋り方知らないけど。笑

大きさ比較。1/7ですが小ぶりな大きさ。その分台座の大きさが・・・


前述しましたが、リリースされている六花のフィギュアでは一番好きですね。角度限定なので人は選びますが、お顔はとても似ていると思います。後はアニメちっくな髪の毛の表現が許容できるかどうか。

振り向き際の造形も見事だと思いますし、髪の毛の動きや痒い部分まで行き届いた造形も良かったです。台座が大きかったり割高だったりとマイナス面も少なからずありますが、それを補う程の良さがこの六花にあると思いました!

六花好きにはもちろん、脚フェチ、太ももフェチ、絶対領域フェチには激しくオススメです。




Amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram