フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

エクセレントモデルLIMITED P.O.P ワンピース”LIMITED EDITION”ナミVer.2 Repaint

メガハウスより「エクセレントモデルLIMITED P.O.P ワンピース”LIMITED EDITION”ナミVer.2 Repaint」のレビュー。



発売日:2011年12月
価格:6,630円(税込)
スケール:1/8(約21cm)



箱表。どこか懐かしさを感じるパッケージデザイン。

ナミすわ〜〜〜ん!!(サンジ)という訳でナミさんです。当サイトでワンピースのフィギュアをレビューする事はあまり無いのですが、意外とフィギュアは集めていたりします。とは言えP.O.Pシリーズは手に入れるのが初めてだったりするのですが・・・


箱裏。

なんかもう、ナミのフィギュアはリニューアル含め出過ぎていて何が何だか状態なのですが・・・笑
とりあえずP.O.Pに関してはこれはVer.2のリペイント品で、2011年のワンフェスでの限定品だったそうです(後に通販で販売)。Ver.1はアラバスタ編での衣装、Ver.2はウォーターセブン編での衣装。何故か一番初めのマリンボーダーにミニスカートのフィギュアが無い・・・

そう思っていた時期が私にもありました。しかし“Playback Memories”と称して初期衣装のナミさんが遂に発売!お値段は倍の12,000ベリー!!(ドンッ)
いやぁ、いかにフィギュアの値段が高騰したのかが分かりますね〜。ちなみにこのプレイバックナミさん、残念ながらお顔がすごく微妙なので購入はしませんでした。


























お顔。シンプルなパーツながらも再現度が高く、とても可愛らしい!正直、近年のP.O.Pよりもよっぽど良い顔しています。笑
近頃はもう2年後の長髪ナミさんばかりですが、このショートカットのナミさんが至高なんじゃ・・・


アイプリントの精度も高めで良き!鼻筋がスッと通っている美人さんでもあります。
リペイントと銘打っていますが、お顔の出来もかなり良くなったと思います。全体的にメタリックで眩しい彩色になりましたが、あまりキラキラし過ぎていないのが良いところ。


大きく開いた口により、角度を若干選ぶ造形ではあります。少なくともこの角度から見るとパースが狂っていますね。笑
基本的には目線に合わせて飾ってあげるのが無難でしょう。唇の表現はこのラインの太さがギリギリかな〜


グラデーションがかった外ハネヘアー。ナミさんといえば綺麗なオレンジ色の髪の毛で、毛先が細かいのも良いですね!
クリマタクトは持っていませんが、シンプルな風貌なのでこれくらいが丁度良いのかも。


そしてワンピースキャラと言えば・・・このボンキュッボン!!これには思わず海のコックもニッコリ。
まぁエロさは感じないんですけど、もはやワンピースと言えば!と言う程の巨乳です。谷間もめっちゃ強調されていて、ここ目当てで購入する方も多いのでは無いでしょうか?


谷間の前部分は埋まっています。なんてセクスィーなんだ・・・


ポージングの都合、見逃せないのはこのワキ造形。蔑ろにされているかと思いきやしっかりと造形決めて来ましたね。これは良い職人芸です。


上から見ると、双頭のサンダードラゴンが2体・・・いやはや、これは絶景ですなぁ。こんな谷間を少年ジャンプで見せるんじゃないよ!
この頃で言うとカリファがいい感じのキャラをしていましたが、やっぱりナミさんには敵わなかったなぁ〜


キャミソールには大きく3の文字が。大きな意味ってありましたっけ?3番目の仲間だから3なのかな?(ゾロの次)
下から見上げてもしっかりとボインしています。カラーリングはメタリックパープルで派手派手です。


この細すぎるくびれこそがワンピースキャラですよね。普通体型のキャラがいない世界(デブかスリムしかいない)、それがワンピース!

何気に腹チラなのも見逃せないポイント。そこまでセクシーさはありませんが、たまに見える肌色成分って大事じゃ無いですか、うん。
ナミさんって服装がコロコロ変わりますけど、やっぱりアラバスタの時の色鮮やかな衣装が好きかな!


アーロン時代のタトゥーもちゃんとあります。腕もしっかり細いのに、あまり違和感を感じない不思議。
アーロンパークのキャラもいい味出していたなぁ。。。チュウとかはっちゃんとか。グランドライン編のキャラクターは皆好きです。ジャンゴやクロ、ギンや首領・クリーク・・・やばい、懐古厨なのがバレる!


ログポースはクリア素材で再現。木の年輪模様が細かいですね!
Ver.1のナミさんのログポースは塗装だったみたいですね。こう言うパーツ部分にはクリア素材がいかに偉大かがよく分かります。
ちなみに腕輪は完全に別パーツなのでユラユラと揺れます。笑



偏り二の腕の方が太いという違和感・・・何なら手のひらが一番大きいと言うね。
薄くですが関節部分にグラデが入っているのもさりげなくて良いですね。


キャミソールの紐が太いのだけが不満です(怒)
セクシーな背中が隠れてしまうではないか!程よく浮き出た肩甲骨がセクシーそのものです。


なんて短い丈のスカート・・・しかしこれでも見えないのが少年ジャンプのお約束!太ももが眩しい・・・
パールがかったホワイトカラー。ナミさんのボディの邪魔をしない程度の輝き度合いなのがいいですね。


膝部分にはグラデが。しっかし脚長いな〜〜
靴がサンダルみたいな特殊な形で、スネをめっちゃ守ってくれる感じですね。笑
カラーはメタリックレッド。爪先にはピンクのマニキュアが塗られています。


後ろから。ちゃんと脚周りの骨がポコっと浮き出ているのもリアルです。
塗装箇所は少ないですが、シンプルでありつつも特徴を捉えた造形かと思います。


スカートには少しの模様入り。


台座は恒例のP.O.Pシリーズのもの。恐らくほとんどこの形で色違い、マーキング違いかと思います。少なくとも初期の方はそうでした・・・最近のはわからないけどね。

ルフィパイレーツってあまり聞き慣れないですよね。麦わら海賊団の方がしっくり来るし、麦わらパイレーツにしてくれた方が嬉しかったなぁ。
台座はナミさんのイメージカラーであるオレンジ。ベルメールさん・・・


限りなく見えそうで見えない・・・こんなにスカートは短いのに鉄壁です。
しかし!P.O.Pシリーズの良い所は、ワンピースのキャラでも容赦無く脱がせられる!という事です。もちろん私はムフフな展開が大好きなのでこのシステムは承知の上で購入しました。


という訳で、スカート解禁〜〜〜!!!

スカート無しでも違和感なく飾れる素敵仕様。ピンクでした。通常版は白色だそうです。





形は全く色気がないですけど、あのナミさんがこんな下着を吐いているんだと思うと・・・やばいですな。
でも個人的にナミさんってもっとセクシーな下着のイメージなので、あくまでおまけ程度と考えた方が良いかもしれませんね。


限りなく小尻なのに、ちゃんと尻タブがあるのは好感が持てます。
これでもかと言うくらい割れ目が目立っているのも特徴。ピンクかぁ・・・と最初お思いましたが、これはこれで「アリ」ですね。


太ももの方が太いと言う小尻具合。


そう言えば乳首は解禁されたんでしたっけ?流石にジャンプキャラでそれは・・・と言う禁忌があったようでしたが、BBシリーズと言う健全な青少年が喜ぶ横行に全力を出したフィギュアシリーズで、ナミさんの水着が出ていたような。それかハンコックで解禁されたのかな?ちょっと記憶が曖昧ですみません。




















この角度でも見えない!


航海士にはやっぱり青空が似合いますねぇ。





最近、グランドバトル2の動画を見たんですよ。懐かしさしか無かったですね・・・あの頃に戻りたい。
グランドバトルシリーズはマジでやりまくったので、とても思い出深いんですよね。サンジが好きだったのでヴォーショットとかムートンショット、アンチマナーキックコースばっかり出していました。笑


大きさ比較。最近気づいたのですが、この同期ちゃんアクスタの汎用性が半端ないです。笑
これで言うとナミさんのナイスバディとスタイルを羨ましがる同期ちゃん・・・みたいな?


と言う訳で初期ナミさんでした!サンジの気持ちがよく分かりました。こんな美人が近くに居たら、そりゃメロメロになりますわ・・・
P.O.Pシリーズの悪い特徴でもある顔の造形のクセも少なく、単純に可愛らしい仕上がりになっているかと思います。断言しますが、P.O.Pナミさんの中でも上位の出来の良さかと!シンプル・イズ・ベスト!!(ドンッ!)


お値段も今のフィギュア価格から考えると天使ですね。オススメです。ワンピースキャラは多すぎて集めるのが大変ですが、ポイントで揃えるのはアリかなって思うので他の麦わらの一味が欲しくなりますね。



Amazonで購入する


0

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2021 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram