フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

初音ミク ぬーどるストッパーフィギュア ヴィランver.

フリューより「初音ミク ぬーどるストッパーフィギュア ヴィランver.」のレビュー。


発売日:2021年9月
価格:プライズ
スケール:NON(約13cm)


外箱。

紫色のフィギュアって撮影するの難しくないですか・・・と言う言い訳を最初からしておきます。笑
なので写真が汚い!とか下手くそ!とか言うクレームは受け付けませんので!!!


事前情報で画像を見たときに「あ、これ欲しいやつ」って思ったフィギュアです。ぬーどるストッパーフィギュアはサイズ的にも集めやすくて良いですね・・・メーカーは安定のフリューです。



今ではすっかりスタンダードになったぬーどるストッパーフィギュアですが、これで本当にカップ麺を作る際に使用している人はいるのでしょうか・・・言うなれば、ボトルキャップフィギュアを実際にボトルキャップとして使用している人に近い位いないんじゃないかと思っています。笑


コンセプトとしては実際使用できるので問題ないのですが、フィギュアを熱い蓋の上に乗せるのは個人的に気が進まないかも・・・
気に入っているフィギュアなら、なおさら大事にしたいですしね!皆さま、どうやって飾っていますか?良ければ教えて下さいね!



箱サイド部分にはフィギュアの元絵となった本田ロアロ氏のイラストが載っています。恥ずかしながら存じ上げない方だったので
Twitterを見たら、半分以上が猫の写真でした・・・笑














お顔。サンプルが良すぎたのもありますが、何か劣化した・・・?具体的にどこがと言えないのが悔しいですねぇ。
悪い訳ではないんですけど、結構人を選ぶフィギュアかな?サンプルよりも可愛げが減って、狂気成分が増えた気がします。笑


アイプリントの精度はそこそこ。アイラインが濃いのがヴィランの特徴。
下まつ毛部分の真ん中にオレンジのワンポイントが入っているのが良いですね〜何となくハロウィン感がありますね。


元絵と比べて大きく変わったのは輪郭ですね。まぁ元絵は平面なのでフィギュアに起こした時に立体イメージが変わるのは当たり前ではありますが。このヴィランミクに関してはほっぺた成分が結構マシマシになっています。


目線は正面。ハイライトがない分、ヘラっている様な気がしなくもない・・・それが良いんですけどね!
歯は見えにくいですがギザギザしています。一瞬ツインターボ先輩に見えかけたのはここだけの秘密だッ!


髪の毛の造形はかなり良いですね!シャープさもあり、単色なのが勿体無いくらい。
特に前髪がクロスしている部分など、芸が細かいのもポイント。


ヴィランっていわゆる悪役って意味ですが、ニュアンス的な意味合いが大きいですよね。ディズニーのヴィランが一番有名ですかね・・・
あとはツイステッドワンダーランドとか。ちなみにこのヴィランミクで言うと、イメージはマレフィセントに近いかと。角の感じとかまんまですね。笑



ミクさんにしては短めのツインテール。若干毛先が巻かれていて、ウェーブ状になっています。
特にグラデなどはありませんが、造形が良いので気にならず。


ミクさんのフィギュアってツインテールの造形・塗装で差分化するイメージがありますね。クリアになっていたり、グラデーションが綺麗にかかっていたり・・・未だにフィギュア化が止まらないミクさん、流石の人気ですね!


後頭部の造形も抜かりなし。ガッツリツインテールで分け目があります。こんな感じの分かれ目の造形は珍しいかも〜


衣装の細かさも見所の一つ。素晴らしい造形なので単色が多いのが惜しい・・・しかしプライズの中でもかなりクオリティは高いかと、塗り分けや色数の多さなど、コスト度外視感が漂いますな!
プライズにありがちなテカリも少ないです。



お胸は安心感さえ覚える、ミクさんサイズです。もはやミクさんの概念がここの大きさだけで測られる時代ではありませんが、やはりこのサイズ感を目の当たりにするとミクさんだな!って気がしますね。笑


ちなみに肌の色はかなり白いです。ヴィランの雰囲気に合っていますね。
露出度高めの衣装ですが、いやらしさをあまり感じないのもポイント高し。


塗装箇所が多いですが、はみ出しがほとんどないのが良いですね。デザインは好き嫌いあるでしょうが、私は激しく好みです。笑
全体的に細いですが、ウェストは特に激細です。グラビアお決まりの58cmを余裕でクリアできるレベル・・・たくさん食べて大きくなれYo!


フリル成分多めなのも嬉しいですねぇ。よく見たらハートモチーフな部分があったり、アームカバーにガッツリとグラデがかかっていったり、色々な意味で力が入っているな〜と。



爪には黒色のマニキュアが。アームカバーの紫から青色に流れるような色の移り変わりが美しい。


スカートは何故かボロボロです。これは雰囲気作りなので良いのです。これがステータスなのです。
そしてそこから見えるおみ足は、色白でスベスベで堪りませんです!付きそうで付かないヒザにもご注目。笑


尻尾がとても大きいので、後ろに幅を取ります。その代わりストッパーとしての実用性はグンバツっぽいですけどね。
ちなみに取り外しできるパーツは無く、全て接着されています。


ゴキ・・・(違う
恐竜、まさしくドラゴンばりに太い尻尾。ケモナー好きも安心の太さですねこれは。どうせならこの辺もグラデありだと良かったなぁ〜


このドッシリ感が良い・・・かと言ってフィギュア自体の重さはそこまでなのでご安心を。
でも、直径が大きめのカップ麺に乗せると沈むかもしれない。笑


背中はバックリ開いており、少なめながらも背筋、肩甲骨の造形を堪能出来ます。背中部分のドレス模様も良いですね〜


尻尾の先はこんな感じ。可動域を仕込めるかもしれない・・・ウネウネさせたいよね、何となく。笑


足長いな〜〜〜〜ここが一番色白具合を堪能できますね。膝部分に薄くシャドーが拭いてあります。


右足側だけデザインが違うアシンメトリー仕様。細かい・・・
ハイヒールはビビッドパープル、リボンの配色はツインテールのリボンと同じですね。


そして皆さんお待ちかねの・・・
今回はガッツリ底面に合わせて凹んでいるタイプの造形です。なので太もも裏は特にガッカリしちゃう方もいるかもしれませんね。


ガッツリ黒でした。太い尻尾に阻まれて、意外と見えないものです。ただこうしてひっくり返してやれば関係ないんですけどね!
意外と侮れないお尻の造形。筋などはないですが盛り上がりはあります。


お尻と尻尾の境界線ってどうなっているかと思っていましたが、至って普通に接着されていました。


























大きさ比較。同期ちゃんアクスタより小さく見えますが、足の長さは段違いです。笑

以上、ヴィランミクさんでした。決してフィギュアの出来は悪くなかったですが、サンプルからの劣化を少し感じたのが残念でしたね・・・それを許容できる方にはかなりお勧めです。
衣装も細かいし、塗装も丁寧で見栄えが良い!あとは劣化しましたが、十分高いクオリティーのお顔まわりなど、見所も沢山!

ミクさん好き、ヴィラン好きには堪らない作品になっているので、GETするならお早めに・・・




Amazonで購入する


0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2021 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram