フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

アミューズメント一番くじ 僕のヒーローアカデミア BWFC 造形ACADEMY SUPER MASTER STARS PIECE THE KATSUKI BAKUGO THE BRUSH

バンプレストより「アミューズメント一番くじ 僕のヒーローアカデミア BWFC 造形ACADEMY SUPER MASTER STARS PIECE THE KATSUKI BAKUGO THE BRUSH」のレビュー。


発売日:2021年9月
価格:1回5,000円(税込)
スケール:NON(約24cm)
原型師:高橋晋太郎



SMSPでかっちゃんが出たぞー!買え!クソナードども!(冒頭から失礼)


と言うことで手に入れちゃいました、SMSPかっちゃん。元々予定には入れていなかったのですが、発売後にムラムラと物欲が出てきてしまい・・・最近のSMSPは発売後でも割と在庫に余裕があるのが嬉しいですね。一番初めの悟空の時は争奪戦も良いとこだったからなぁ。


箱はいつものSMSPサイズ。今回手に入れたのはA賞(通称THE BRUSH)で、俗に言う最もスタンダードな賞ですね。この他にアニメカラーを彷彿とさせるTHE ORIGINAL、漫画の迫力を再現したTHE TONE、二次元彩色により立体感を強調したTWO DIMENSIONがあります。



何を隠そう私はこのかっちゃんをオークションで手に入れた訳なのですが、やっぱり相場的にはD→A→B→Cの順でしたね。
造形としては全く同じなのですが、カラーリングの違いとアソートも絡んでD賞が一番高いです。ただ最近のSMSPはブランドが既に定着した事もあって、割と手に入れやすい価格帯に感じました。


それでもCの白黒カラーと比べると10倍くらい価格の差があるんですけどね。アニメカラーのB、白黒カラーのCは定価5,000円を割る傾向にあります。もう店頭で引く価値ないぢゃん・・・と言ったらそれまでですが、あのドキドキ感は引いた者にしか分かりませんからねぇ〜。もはや新種のギャンブルですよ、ギャンブル!



かっちゃん、爆誕!!笑
箱横にはいつものSMSPブランド全推し文章。


今回の原型師は高橋晋太郎(別名ウロタ)氏。私が知る限りでは、過去の造形王頂上決定戦でワンピースのキャラ、バルトロメオを造られた方ですね。あのバルトロメオも傑作だった思い出・・・キャラの事はあまり知らないので上手い事言えませんが。


そう言う意味でも、過去の造形物の出来は購入の指標になりますね。やっぱり過去の造形の出来があまり良くないと、期待値は低くなって買わない!と言う事にもなったりしますし。残念ですが・・・


クジの半券も付いていました。この大きなクジをめくる瞬間がねぇ・・・たまらないんだよね〜
待機列に並び、いざ自分の番が来た時にこのクジを選ぶワクワク感、そしてめくる時のドキドキ感、これぞSMSPの醍醐味です。



いつものブロック型補助台座が付属。特に使用しなくても自立するので、今回の撮影には使用していません。
噂によれば、このA賞の台座のみこげ茶カラー、他の賞のカラーはブラックだそうです。フィギュアのカラーリングに合わせて差分化したのかな?
























お顔。左右でパーツの大きさが違う、非常に迫力のある表情になっています。カッケェ!

こういう歪んだ顔の造形って一歩間違うと見ていられないんですけど、このかっちゃんの顔パーツは配置と大きさが絶妙ですね。ハッタリを大きく効かせたカートゥーン風な表情がとても似合っています。



目線は正面ですが、個人的には少し横から見るのがベストかな〜と感じました。顔の角度が若干上向きなので、正面から見るとあまりお顔が見えません。今にも突っかかっていきそうな顔の角度も素晴らしい。


こちらの角度はインパクト重視で、非常にケレン味を感じる良い表情だぁ・・・
アイプリントの精度も上々、アイパッチも平坦ではなく表情筋に合わせてシワが出来ていたり、細かい部分まで力の入った造形。


ちょっと鼻が尖り気味かな?と思いますが、正面以外では気にならないレベルなのでヨシかなと。
大きく空いた口からは綺麗な歯並びが見えますね。笑



サイドから見た時の顎の出っ張り具合、そして絶妙なエラの貼り具合なども文句無し。
もみあげの塗装もあり、不満点は全くと言って良いほどないですね!「ボケがぁ!!」と聞こえてきそうな表情です。笑


イガイガ短髪ブロンドの髪の毛。程よくツンツンしており、毛先にはシャドーが入っています。
短髪であればある程髪の毛の流れ表現は難しいのですが、このかっちゃんは生え際から左右の方向に満遍なく毛束が散らばっており、非常にバランスの良い形になっています。



後頭部の目立たない部分にダボ穴が開いているので、飾りをそれぞれぶっ刺します。
飾りはプラ製でシャープで軽く、大きさもあって非常にインパクトが強いパーツとなっています。


とっても薄いですが折れる心配は無さそう。ただ非常にトゲトゲしているので、怪我をしない様には注意しないといけません。笑


ボデー。肩周りが大きく露出した「全身ダイナマイト」衣装。

今回手に入れたのはA賞ですが、従来のSMSP程ブラシ彩色の恩恵は受けていないと思っています。衣装がダークカラーな部分が多く彩色が目立たないのが大きく、肌色部分も造形を第一にして陰影塗装の表現も控え目となっているからです。ただそれが残念と言うことは全然なくて、敢えてこれ位のブラシで良かったなと。後述しますが、SMSPデクとよく合うんですよね〜。



所々に小傷の造形があります。これは敢えて入れたっぽいですね。布部分ではなく、鉄?の武装部分に入っているので違和感はなく、ブラシ塗装の重厚感と相まって良い感じかと。



肩から腕にかけての筋肉ぱねぇ・・・細マッチョとはまさにこの事。前述した通り肌のシャドーはあまり濃くなく、あくまでアクセント程度に留められています。造形の良さが引き立ち、これくらいの濃さの方が好みかも。



上腕二頭筋もほら、この通り!
オレンジの部分はBと比べると濃い目になっており、他のかっちゃんのフィギュアと比べても彩度が低めに設定されています。



ボリューム満点のこの籠手が良いんですよねぇ。SMSPだからと言って原作に忠実なバランスではなく、むしろ攻めた感じがしてすごく好みです!
特にこのかっちゃんに関しては手足が大きめに造形されており、ケレン味の効いたいで立ちがいかにもなかっちゃん。


掌部分はこれから爆発しそうな勢い。まさしく発光している最中って感じですね。グラデーションが綺麗で、カボチャ味を感じる・・・
こう手を「ぐわしっ」てしている造形も力が籠っている気がして激しく好み。


意外と見落としがちですが、籠手部分の中身もしっかりと造形・塗装されています。ガンメタ塗装で金属の雰囲気アリアリです。
こう言う細かい部分の造形にも力を入れられるのが大きいフィギュアの良いところ。


レバー部分の造形がかなりゴツ目に造形されていて大変良きです。ただこの辺の塗装はブラシが全くないので、ちょっと浮いた感じに見えちゃうのが残念かな。良く言えばB賞のカラーリングに近い感じのプレーンカラー。

レバーは特に可動しませんが、ちゃんと別パーツになっているのも見栄えが良くて良い感じ。



レバーの先端に穴が空いているのですが、渦巻き状になっているのがポイント。
この籠手部分だけで一体何パーツあるんだろう・・・パーツの噛み合わせの事とか考えたら恐ろしくなりますね。


平面で見たらあまり感じませんが、球状なのでボリュームが本当すごいんですよ・・・この部分だけでも買って良かったと思いました。笑


右手も基本的には同じ。微妙に手の開き具合とか角度が違うくらいですかね。
この掌から一体どれだけの爆発を起こしてきたのか・・・



漢の背中。ピタッと肌に張り付いたヒーロースーツの質感が良いですな!
こんなに引き締まった背中を見ちゃうと、トレーニングしたくなりますね・・・背筋ってこんなになるのか。野郎ですが、ちゃんと肩甲骨の造形や背骨の造形がありますよ。


下半身は武装の事もあってさらにゴツい。上半身に比べて下半身の面積が大きい、いわゆる「三角形型バランス」のフィギュアって好きですねぇ〜安定感もありますし。

逆に逆三角形のフィギュアは接地面が必然的に少なくなるので、安定感がないんですよね。台座でしっかり固定してくれるのなら良いんですけど。



ニトロ。この辺も成形色を活かした造形になっています。


対してサイドパックを固定するベルトはガッツリスミ入れされています。それぞれパーツ単体で見ると良いのですが、ここだけすごいスミ入れなので若干浮いてしまっているのが残念ですね。


サイドパックの年季が入った造形・塗装がたまりまへん。



ブーツ部分まで基本クロとオレンジのカラーリングで統一感されており、美しさがあります。
なおブーツの紐部分はサンプルでは流れていましたが、実物は丸まってしまっています。軟質パーツなので矯正する事も難しく無さそうです。


ニーパッドも若干擦れたような表現が注目を浴びます。なんだかウルトラ怪獣にいそうな感じがしませんか?笑
真ん中の4つ目の目が特に。


台座がいらない位なので、安定感はグンバツです。デクはボディーバランスがあまり良くなって台座必須になってしまいましたが、このかっちゃんは等身バランスも非常に良く、こかる心配はあまり無さそうです。


反対側も。靴先とかかと部分にグラデがあり。


特にコピーライトはありませんね。





サービスショット。笑




















「俺はあんたをも超えるヒーローになる!」


同じシリーズのSMSPデクと。普通に並べるとこんな感じ。デクが下向きでかっちゃんが上向きなので、激しく相性が悪いw
なので・・・



こんな感じに斜めにしてあげると丁度良い並びになります。カッケェ〜〜デク買っておいて良かったです!
デクも台座無しでいけるかなって思ったんですが、外すと右に倒れる程度にはバランスが悪かったので着けたままにしています。


さすがSMSP、絵になりますねぇ!2体で合計10,000円なり。
デクの頭が大きいので大丈夫かな〜と思っていたのですが、うまい具合に角度をつけてあげるとあまり気にならなくなりますね。



対峙。

「かかってこいやクソナードォ!!」


「かっちゃんを倒して、もっと強くなるんだ・・・!!」


ちなみにデクはA賞ではなくB賞のアニメ調カラー。かっちゃんも合わせてBにするべきでは?と思ったのですが、Bのかっちゃんは掌が「発光」していないんですよね・・・ここ大事!
あと、かっちゃんのブラシ彩色はそんなに濃くなくて合わせても違和感が無さそうだったので。結果、良い感じのコントラストが表現出来たかなと思います。

これがデクがAでかっちゃんがBだと不釣り合いだったかな〜



横顔で対峙させると流石に違和感が。デクの顔がデケェ!笑
まぁSMSP自体がNONスケールですし、合わせる必要もありませんしね。更に言えば造形師毎にボディバランスも違うし、合うはずはないんですけど・・・

そう言う意味で言うとデクはまだ許容範囲でしたが、同じSMSPのオールマイトは流石に小さすぎて食指が動きませんでしたね・・・造形と言うよりはスケールが違いすぎて。このデクやかっちゃんと並べるなら、あと1.5倍は大きくないとダメだなと。笑



原作風にモノクロで何枚か〜








テレビアニメどれだけ続くの?!って位人気ですよね、ヒロアカ。キャラクターも個性豊かですし、今やジャンプの看板作品。
フィギュアに関しても恵まれており、特に一番くじに関しては弾も多ければクオリティーも高く、ファンの方は非常に大変ではないでしょうか・・・主にお財布が。笑


大きさ比較、ポージング的にそこまで高さはありませんが、ズシっと構える感じが格好良いですね。


以上、SMSPのかっちゃんでした。もはや沢山の方がレビューされていますが、例に漏れず素晴らしかったですね。
特に良かったと思ったのは、造形師のボディバランスが非常に良い方向にブレたな、と言うこと。手足大きめのドッシリした体型がかっちゃんのヒーロースーツ、ポージングにマッチングしていて、めちゃ格好良かったです!

あと個人的にブラシの濃度が薄めなのは賛否両論かな〜と感じました。今回は掌部分やベースのカラーが違う箇所があるので良いですが、ベースカラーが同じでシャドーの濃淡でAとBを分けるのなら、ほぼ同じですからね。差分化と言う意味ではもっと濃い彩色でも良かったのかもしれません。


兎にも角にも、現状リリースされているかっちゃんのフィギュアでは群を抜いてオススメです。武器屋のかっちゃんも格好良いのですが、ボリュームはこちらに軍配が上がるかと。相場もそこまで高くないと思うので、これから手に入れるならぜひ検討してみてくださいね。



Amazonで購入する


0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2021 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram