フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

エルフ村 第5村人 ククル

ヴェルテクス(VERTEX)より「第5村人 ククル(限定版)」のレビュー。


発売日:2021年9月
価格:19,800円(税込)
スケール:1/6(約25cm)
原型制作:ふぉるとねいしょん
彩色担当:りー



ヴェルテクスオリジナルフィギュアシリーズ『エルフ村』より、魔太郎氏がデザインを手掛けた「第5村人 ククル」が登場!
片目を隠してクールなたたずまいではありますが、実は「第3村人 リンシア」とは幼馴染で、武器の腕を子供の頃から鍛えあった仲。
小鳥の友達・フィンとの散歩を趣味とし、従来の穏やかな性格も垣間見えます。
魔法鉱物をイメージした巨大な斧と、しなやかな肢体のコントラストをお楽しみください。
一部衣装のキャストオフで、彼女の様々なスタイルをご堪能頂けます。(公式より引用)



外箱。デッカぁい!こちらはアンテナショップ限定版で、通常版との違いは「交換用顔パーツ」「特製芝風台座」「A3タペストリー」が付属。代わりに通常版に付属の台座はありません。価格は通常版と同じなので、割引率などを考えても圧倒的に限定版の方がお得かと思います!



箱裏。今回エルフ村シリーズ、及びヴェルテクスの製品を購入するのが初めてなのでとっても楽しみです。オラわくわくすっぞ!
箱は結構ベコベコなので衝撃にはあまり強そうではなさそう。そして限定版ですが付属アイテムは全て箱の中に入っており、ありがちな「通常版の箱に別で限定アイテムを付属させる」という仕様になっていないのがコストかかってるなぁ、と。


通常版・限定版ともに付属のイラストカード。はがきサイズですがポストカードではありません。
元イラストは人気絵師の魔太郎。どの方面に人気かは・・・イラスト通りです(ニチャア

フィギュアよりもお色気成分が少なめという、ちょっと珍しい仕様となっています。まぁ完全にコレクターアイテムですな。


タペストリーはこんな感じ。フィギュアはこのイラストを元に製作されたんですね。
タペストリーって保管しておくのは場所取らなくて良いですけど、実際に飾っている人ってどれくらいいるんでしょうね?私には飾る勇気はありません。。。

とは言ってもサイズはA3で飾りやすく、紐も付属しているのですぐにお部屋のインテリアにする事ができますよ〜



限定版付属の特製芝風台座。もちろん本物の芝ではなく、人工物です。笑
エルフ村ではお馴染みのこの芝風台座ですが、質感は非常に良いですね。村と言うくらいですから、村中で遭遇のイメージでしょうか。縁のゴールドの発色も良く、高級感があります。

マイナスポイントは、やたらデカいこと!もう少しサイズ小さくして欲しいな〜と思いましたね。フィギュアのサイズ的にも。特にこう言う円径の台座は見た目よりも場所を取るので、意外と置き場所に困るんですよね。。。


























お顔。優勝、優勝ですよ皆さん!圧倒的な可愛さですね。

まず元イラストの再現度が高く、非常にクオリティーは高いかと。アイプリント、髪の毛及び各パーツのシャープさ、程よく抑えられたグラデとカラーリングのバランス。どれをとっても欠点がありません。このお顔を見た時に思いましたよ「ヴェルテクスやりおるな・・・」と。



先述の通りアイプリントの精度が非常に高いです。繊細なカラーバランスと色数も丁寧に再現されており、魔太郎イラストの再現度は非常に高いと感じました。
こう言う眠たそうな瞳というか、クールキャラにありがちな上瞼が重そうな目が好きなんですよねぇ。意外と眉毛は黒なんだ、と思いましたがサンプルからこうでしたね。


輪郭は立体的なのでどの角度から見ても違和感がありません。ブラボー!
左目は前髪によって隠れていますが、ちゃんと造形されています。パーツを交換できるので、当然と言えば当然ですが・・・笑


ショートボブかと思いきや、編み込みがあったり若干ボリュームがあったりと侮れない髪型。毛先に行くにつれてグラデがかかっており、金髪ベースの若干ブラウン寄りのカラーとなっています。


髪飾りは固定されており、交換の際に前髪パーツを外すのですが破損させないように注意が必要です。
クリアパーツが随所に使用されており、アクセントになっていてとても良いと思いましたね。クリアパーツも半スモークで透明度が控えめなのも良い。


後ろ髪のボリュームを見てくれ。これが何気に好きなポイントなんだ。
ここがぺちゃんこだとバランスが一気に悪くなってブサイクになっちゃいますからね。


この辺のビーズっぽいパーツの造形もいい感じ。実際はPVCなので触るとぷらぷらしています。笑
このククル、装飾品が結構多いのですが細かい部分の塗装も非常に丁寧ですね〜


表情パーツを交換する際にヘッドを外すのですが、首が割と細いので注意が必要です。
パーツのハマり具合ですが、ぼちぼちと言ったところでしょうか?硬い部分も若干あり、ハマりが悪い部分もありました(主にボディ部分)。
この辺は製造過程の精度をどれだけ上げられるかなので、一概にメーカーが悪いとも言い切れませんね。。。


このクールな眼差しがいいんじゃあ・・・
触れてきませんでしたが、エルフ村と謳っているので当然このククルもエルフ、その証拠として耳がバッチリとんがっています。

今までエルフキャラでいいなぁって思ったのはシャイニングシリーズのエルウィンですかね・・・Tony氏はエルフ耳のキャラクターを沢山描かれていますが、どれも魅力的なキャラなので困っちゃいますね。


ど ん ! !

何じゃあこの服装?!と言わざるを得ないどすけべニット。うん、こう呼ぶことにしよう。
下乳を出すためだけに製造されたんじゃないかと思わざるを得ないこのどすけべニットに、スタンディングオベーションを送りたいと思います。


・・・と思いきや下乳だけではなかったのだ!!(デデーン)
横乳もほうらこの通り。もはや前貼りの布と言わざるを得ませんなこれは!なんてスケベなんだー!!


もちろんワキ周りも抜かりなし。しっかりシャドーが吹かれており、ワキ好きの私としてもこれは嬉しいポイント。
表現としては控えめですが、このククルに関しては他の部分のインパクトが強すぎるのであまり気になりませんでしたねw


右腕側の脇も抜かりなく。肩に装飾品が着いていますが、ノースリーブキャラというのもポイントの一つ。


下乳!下乳!
この圧倒的なボリュームに震えてくだせぇ。まずこのククルですが、当然の様にキャストオフができます。専用のパーツがしっかり付属しており、どちらの状態でも飾れる様にユーザーに配慮されているのが良いですね。


そして下乳だけではないのがこのどすけべニットの魅力、なんと横乳の出っ張り具合も異常です。
明らかに布の面積は足りていませんが、金具の締め付けがきついのかはみ出しまくっています・・・
柔らかそうなマシュマロバストが、ムニッと押さえつけられてはみ出している表現が何ともGJ!


お胸が突出している分、その他の上半身部分はかなり細身。特に肩周りは逆に凹んでいるくらいで、窪みが随所に見受けられます。
肩の装飾品は取り外し可能ですが、あくまでローブ無し状態を再現する為なので完全に無くす仕様にはできていません。ダボがあって肩に穴が空いている様な感じになっちゃいますのでご注意を。


特に肩周りの骨の浮き具合が顕著ですね〜


サイドから見たときの胸の出具合がもうね。。。
あ、それはそうと肌の色味は結構赤みが強いです。その辺は好みかと思いますが、色白が好きな方はちょっと微妙かもしれません。サンプルと比べても赤みが強くなっている気がしますので、購入を検討されている方は参考にしていただければ!


一応ローブ的なもので背中は隠されています。とは言ってもほとんど布面積がないので隠れているかは微妙ですけどね!
こちらもスカイブルーのグラデーションが美しい。


下半身には後で触れるので気にしないで!
今はローブだけ見てください。。。この広がり具合がいい感じじゃあないですか。


何気に先の方にはドット柄が追加されています。一気に女の子っぽさが増すのがドット柄のポイント。


PVCですが細かいパーツ部分ですので、破損させない様に注意が必要です。


このローブも先述の通り取り外しができます。基本すけべニット以外は着脱できるのでご安心ください。


小鳥の友達、フィン。おい鳥、そのポジション替われ!(あえて位置ではなくポジション)
特筆して良い出来ではありませんが、まぁ鳥ですし。。。って感想です。取り外しは出来ませんが、フィンガ乗っていない指パーツが付属しています。やったね!


爪の造形あり、ベージュ系のネイルが塗装されています。


日焼け対策にアームカバーは必須です。ノースリーブですが腕の日焼けは気にする、それがエルフ村スタイルなのです。


武器と腕は別パーツなのでご安心を。指先の造形も細かくいい感じ。


魔法鉱物をイメージした巨大な斧、という事ですがエルフ村シリーズ自体メディアミックスなどされている訳ではないのでどういう武器かは全く分かりません!笑
どこかの掲示板には「観光用に用意している武器では?」みたいな書き込みもありましたが、こんな観光名所があったら行列不可避なんだよなァ。。。

ちなみに斧は中が空洞なので非常に軽いです。造形・塗装ともに非常に綺麗で、見栄えがよろしいですね。
芝台座に専用の刺しダボがあり、そこに嵌めて固定します。ただここに固定しなくてもしっかり地面に設置できるので安定感はあります。まぁ固定しておかないとクルクル回るんですけどね。



そろそろこの辺りで上半身の全景を見ておきましょうかね。もう素晴らしいという感想しか出てこない、語彙力喪失バグが発生しそうな光景となっています。

お気づきの方もいるかもしれませんが、今回のレビューは写真の枚数が非常に多いです。久しぶりに140枚オーバーとかしましたよ。。。それだけ撮影するポイントが多かったという事ですねハイ。


お腹周りにある装飾品は一体何の為に着いているのかと突っ込みたくなりますが、そういう事じゃないんですよね。着飾る為のアイテムなので装飾品なんだよね!なので意味などないに等しいです。それが魅力なのです。

この装飾品、若干ですがダボの嵌り具合が悪いです。特におへそ側のダボがうまく嵌らず、どれだけ頑張っても画像の様に若干浮いた様な感じになります。まぁそこまで目立たないので気になりませんが。。。


あと見ていただければわかるのですが、胴体真ん中部分の装飾品の隙間が結構目立ちます。この辺は先述の通りパーツの精度というか合いの問題なのですが、ヴェルテクスのメーカーとしての質が試されますね。グッスマやアルターのような安定感は流石にないので、今後も頑張っていただきたい箇所ではあります。

まぁ、細けぇことはいいんだよ!って方には全然気にならないポイントだとは思いますが。あくまでここはレビューサイト、戦争なのじゃ。。。良いところも悪いところも含めてレビューしますよ!


さ、そろそろ下半身も見ていきましょうかね。とは言ってもここではそこまで詳しくレビューしません。なぜなら「キャストオフ」が待っているからです!
なのでサラッと流していきたいと思います。いやー、いいケツですね〜(棒読み)


ただ着エロ派の方もいるかもしれませんので、この着衣状態のレビューもしっかりしておきたいと思います。
スカートと呼べるのか怪しい程の丈感の布ですが、こちらももちろんキャストオフ可能。かろうじて腰骨部分を隠す事ができていますね。


うーん、何度見ても大事な部分を隠していないこのデザイン、秀逸すぎますね!
太ももは意外と控えめな表現。いや、目が肥えすぎた私が悪いのか・・・どれもこれもライザが悪いんですよ、ライザが!あのアトリエの悪魔のせいで、紳士たちの太ももの太さ概念が変わってしまったんだ。。。(気になる方はライザのアトリエで検索してね)



太ももに装着された装飾品のおかげで、締め付けが顕著となっております。こちらも柔らかそうな太ももが上下に押し出されており見所沢山です。


どすけべニットと同じ素材であろう、足回りのニーソックス的なもの。上半身のボリュームに対して下半身が若干貧弱なのは否めませんが、スタイルのメリハリを考えるとこんなものですかね。。。ただ後述しますが、このフィギュアの最大の欠点がこの足回りに関わってきますので、その辺は気にしておいた方がいいかもしれません、


パンプスまでクリームとゴールドカラーで固められており、統一感がありますね。気品溢れるカラーリングなので、より女性らしさを感じることができると思います。つま先まで造形の手抜きなしです。
両足の裏にダボがあり、さらにヒールがあるので透明パーツも駆使して設置します。芝風台座から出ているダボ×2、さらに左足に金属の棒が仕込まれています。


そして先述のこのフィギュア最大の欠点、それはお気付きの方もいるかと思いますが・・・

「後ろに異常に傾いてやがる!」という事です。

まずフィギュア自体の重心が悪く、後ろに寄っています。さらに両足の芝風台座のダボが短く、ほとんど意味を為していません。なので金属棒1本で支えているようなものであり、そこそこ重量があるこのフィギュアを支えるには非常に心許ないんですよね。

なのでちょっと揺らすと結構グラグラしますし、下半身が貧弱な為折れそうでヒヤヒヤします。これがこのククルの最大のウィークポイントだと思っています。フィギュアの出来は非常に高クオリティーですが、この設置問題のせいで私の中での評価が非常に勿体ない事になっているんですよね・・・逆にこの点を解決できていたら、今年のフィギュアTOP5に食い込む出来だったと思います。


気を取り直してレビューを続けますね。
スカートはブルーのメタリック調で、ローブのスカイブルーとの対比が美しい。そしてその間から覗くお尻と太もも・・・たまらねぇぜ!


もうお尻の99%が露出していると言っても過言ではありません。
尻タブもしっかりあって、模範的なお尻として教科書に載せたいレベル。


右足を軽く曲げているので、右に傾きがち。


ヒール部分の装飾が美しい。ちなみにダボの嵌り具合はこれが限界です。つまりどう頑張ってもちょっと隙間ができます。


??!!

先述の通り表情を交換できるので、頭部パーツは着脱可能。後ろ髪のボリュームを見て欲しかったんだ・・・3段構えのパーツが素晴らしい。




着脱できるパーツ一覧。あまり数は多くありませんが、それぞれのパーツが大きいので外すと結構印象が変わると思います。


こちらが換装用パーツ一覧。恥じらい顔パーツ以外は通常版にも付属しているかと思われます。


と言う訳で着脱&交換してみました。シチュエーション的には?ですが、とりあえぜ全て交換した状態を楽しんでいただければと思います。


後ろ。やっぱり重心が気になりますね・・・


恥じらい顔パーツ。可愛すぎるだろおおおおお!!!
この表情だけでも限定版を買う価値がありますよ!


しかめた眉、赤みがかった頬、少し大きめに開いた口元・・・それをとっても素晴らしい。テンプレート的な恥じらい顔、ご馳走様です!
「くっ、殺せ!」と言わんばかりのこの表情、ぜひエルフ村のキャラに標準装備して欲しいものですね(ゲス顔)


目の下にあるホクロもいい味を出していますねぇ・・・
鼻はそこまで目立ちませんが、ちゃんと立体感があります。


どちらの顔で飾るか悩みますが、この恥じらい顔は自分用に取っておきたい気もするので通常顔かな〜
決して通常の澄まし顔も悪い訳ではないのですが、こちらの恥じらい顔と比べるとインパクトがね。


ついにあらわになったな!この暴れん坊乳め!
どすけべニットの構造がどうなっているのか?なんて事は考えてはいけません。今は目の前にある2つのマスクメロンを楽しみましょう。


まずは上から。しっかりとした谷間を感じることが出来ます。パーツを交換した際の隙間は少し気になりますが、あくまでボーナスパーツとして楽しむって感じですかね。


次に横乳。こちらに関しては布ありの方が良かったなぁと言う印象です。
なぜなら押さえつけられた感じが素晴らしかったから!それに尽きます。あのはみ出たお肉感が良かったんだ・・・


こんなロケットおっぱい、やばいですよね(色々と)。
あと横乳部分の装飾部分の尖りとか痛くないんかな。。。って心配になりますね。笑


からの下乳!SHITACHICHI!!
布ありの時から十分なボリュームと絶景でしたが、何もないときのこの景色も素晴らしい。まさしく球。


ワキの造形も勿論ですが、腰にお肉がちょっと乗って線が出来ているのも細かいポイント。
この余分とは思えない表現、ヒジョーに良いと思います。


谷間の表現がしっかりあるのが嬉しいですね。
そして触れてきませんでしたがこの隠された乳首部分・・・外せます!!(わーパチパチ)
葉っぱのパーツですが、両面シールによって固定されており、外すとしっかりその中身を確認する事が出来ます。ま、それは取った後のお楽しみ。。。


小鳥のフィンが乗っていない状態の左腕パーツ。これだけだと普通の腕パーツに見えますが・・・ちょっと視点を変えると素晴らしいシチュエーションを再現できます。そちらも後述。


下半シーン!取り巻いているスカートやら腰巻きやらが無くなったおかげで、その痴態を惜しげもなく拝む事が出来る様になりました。
レオタードを超えたレオタード・・・どすけべニットレオタードと名付けましょうか。


サイドから見ると隙間が目立つので、ちょっと残念な感じになります。腰巻きのパーツの厚みを考えると仕方ない部分ではありますけどね。


ローブに隠れていた背中もバッチリ見えますね。肩甲骨も勿論ありますよ!
この背中部分もかなり柔らかそうに見えるのは塗装のおかげですかね〜


この角度で見ると分かりやすいかも。こういう出るところは出るみたいな、人体の骨の構造をしっかり再現しているフィギュアはいいですよ〜!あ、ちなみに書いていませんでしたが肩のパーツもローブ無しのものに交換しています。


腰からお尻にかけてのなだらかなライン・・・ここを滑ってもいいですか。
敢えてTバックにはせずに、食い込みを強調するどすけべニット・・・押して引いての計算がし尽くされた衣装だなぁとしみじみ感じましたね。


こうして見るとじゃーっかん胴長な気もしますが、この辺は好みの問題かもですね。
見事な安産型、そして見事なツーケー。


全身で見ると改めてとんでもねぇ服装してやがんな・・・このどすけべエルフめ!(褒めてる)
エルフ村シリーズは他にも沢山フィギュア化されていますが、私が持っているのはこのククルのみですので悪しからず。


VIOラインが全て露わになっています。装飾品は外すとダボがあるので見栄えを気にする方は外さないほうが良いでしょう。


お尻の食い込みは敢えて外してきていましたが、前側に足しては容赦なし!
半端ないくらい食い込んでいます。多分相当痛いんだろうな・・・だがそれが良い。笑


お尻の重力に負けている感じのボディーラインがとても良き。むしろ風流すら感じる。もう夏も終わりなんだなって・・・
お尻から太ももにかけてのお色気Wコンボも見逃せない部分です。





ああ〜(語彙力喪失)

ちょっと煽り気味で見るこの角度、なんとも言えませんなぁ。モロじゃないはずなのに、なぜここまでいやらしさを感じてしまうのでしょうか。モロじゃないはずなのに(大事な事なので2回言いました)。


右足を曲げている分、差分で左のお尻及び尻タブ部分に負荷がかかるのは当然の理(ことわり)な訳で。
その表現も良くできているなぁ。



少し影を落としてあげると、その分ボディーラインの出ている所引いている所がよく分かるのでオススメです。


限界まで削ぎ落とされた布面積、ある意味これは着エロの最大フィギュアと言えますね。
色々な角度からどうぞ。


ちなみにご覧の通り土手部分はかなり薄くなっています。
個人的にもう少し盛ってくれていた方が好みだったり・・・


お尻側の景色もかなーり絶景です。大事な部分こそ見えていませんが、モロよりもセクシーなんじゃあないんですかね?
この圧倒的な肉感に押し潰されたい(切望)


こちらも色々な角度から。


太ももの装飾の塗装が綺麗ですね!取った時の跡になっていそうな感じは凄いけど。笑


内股も重要なステータス。お肌部分はサラサラしていて触っていて何だか変な気分になりますね(スムーススキンとは呼ばないと思われます)。


さて、そろそろ本題に入りますか。
胸部分に張り付いていたこの葉っぱを取る時がついに来たようだ。。。という事で剥がしました。

「えっ、剥がしちゃったらもう元には戻せないの?!」とお思いのそこのアナタっ!
安心してください、ちゃんと予備の両面テープが付属しています。それが無くなっても、百均などで両面テープを買ってくれば問題なく取り付ける事は出来るでしょう。


とりあえず片方だけ外してみました。Oh・・・ブラボー!
こういうマニアックなシチュエーションも嫌いじゃないZE!


全景。


両方取るとこんな感じ。ちゃんと造形も塗装もしてある感じを見ると、こうしてキャストオフされるのは天命の様ですね。。。他のエルフ村シリーズももれなくキャストオフできるので、当然と言えば当然の仕様なんですけどね。


上手く剥がせなかったので両面テープの跡が少し残っていますが、気にしないでください。笑
胸の大きさに対して、割と控えめな造形&塗装。この辺は好みでしょうが、個人的にはあと少し大きめでも良かったかなぁと。どことは言いませんけどね。。。


こちらは綺麗に剥がせました。笑
クッキリとした乳輪の造形はなく、塗装で上手く表現されています。


このぷっくり感がたまらん。いやらし過ぎないのもこのフィギュアの雰囲気を良く表しているなぁ。


最近は爆乳のフィギュアも数多く出ていますが、奇乳までいくとダメな気がするんですよね〜
というか普通サイズのフィギュアが結構少なくなった気がしていて、貧か巨という極端なキャラクターが増えたような気がします。


下乳ぃぃぃ!!
これが、見たかった景色・・・


葉っぱで隠しているのを見ると、クイーンズブレイドのアレインを思い出しますね。
あれも最初は対戦型ゲームブックという触れ込みでしたが、後にメディアミックスされたりして規模が拡大されていきました。このエルフ村シリーズもフィギュアから始まり、色々なメディア展開されるといいのですが。


そして皆さんお気づきでしょうか、このポーズとこのシチュエーション・・・


まさしく「くっ殺せ!」のシチュエーションではありませんか!
服を剥がされ、敵に触られようとしていた所を左手でバシッと払いのけているシーン・・・そう考えると興奮しませんか。


まぁ傷も破れた布もないのであくまで雰囲気だけですけどね。ただそういうシチュエーションを想像できるのもフィギュアの醍醐味というか、このフィギュアだけに留まらず色々な妄想が捗るのがフィギュアの良い所だと思います。


胸パーツ&表情&左腕を交換。ますます意味の分からないシチュエーションですが、エロいからヨシ!


あとは差分だったり、適当に着せたり脱がせたりしているのを何枚か。無可動なのでプレイバリューも何もありませんが、こうして交換・換装させる事で様々なシチュエーションを再現する事が出来ます。ぐへへ・・・












































「・・・ッ、見つかった?!」

エルフ村は一体どこに存在するのか・・・


パシィッ 「やめろっ、触るなっ!」



































「私が真の王者だ・・・」






大きさ比較。1/6なので結構大きめでボリュームがあります。

以上、ククル限定版のレビューでした。皆さんいかがでしたか?欲しくなったでしょう??
え、全く欲しくなっていない?お前を蝋人形にしてやろうか!

まぁ、買うなら限定版一択とオススメします。今買うのはプレ値がほとんどなのでオススメしませんが、待ちきれない方は通常版を買うのも一つの手段です。
最近、姉のセシルのフィギュア化が決定(イラストは同じく魔太郎氏)したので、その時に再販される可能性も十分あります。セシルの立体化が非常に楽しみですね!

手放しで褒めたいのは山々なのですが、欠点といえば最大のが一つだけです。傾き具合による安定感・・・これに尽きます。
台座がデカいのはこれに比べると小さな悩みですので、それが気にならない方には文句無しでオススメです。
君もこのククルから、エルフ村デビューしてみないかい?



Amazonで購入する(通常版)

0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2021 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram