フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

ドラゴンボールZ G×materia THE SON GOKOU

バンプレストより「ドラゴンボールZ G×MATERIA THE SON GOKOU」のレビュー。


発売日:2019年2月
価格:プライズ
スケール:NON(約15cm)



ドラゴンボールのプライズフィギュアはいくつかシリーズがありますが、クリアパーツエフェクトファ綺麗なのがこの「G×MATERIA」シリーズ。
この悟空の他にもロゼや悟飯、ヤムチャ等がリリースされていますが、今回は特に出来が良さそうなこちらを入手してみました。
ポージングの元ネタは原作フリーザ編での1シーン。悟空VSフリーザ、まだお互いの実力を隠しつつの時点でのカットです。悟空と言えば超サイヤ人、と言われる程に通常状態の立体化が少ないのでこの立体化は素直に嬉しかったですね!
























お顔正面から。めっちゃ似ていますね。笑
個人的に通常悟空の戦闘シーンフィギュアNo.1に認定したい位のクオリティーです。顔のパーツどれを取っても似ていて、原型師のDB愛に溢れた造形に天晴れでございます。


斜めから見ても全くクオリティーに破綻無し。2019年にこんな素晴らしいフィギュアがリリースされていたなんて。。。G×MATERIA、恐ろしい子!

眉毛や瞳の塗装が所々剥がれていますが、そこはプライズという事でご愛嬌。大きく開いた口に対して、頬肉の上がり具合とか完璧すぎません?願わくば汚し塗装とかあれば更にリアリティーが増すかもしれません。



一番感心したのは、左右で瞳の大きさが違うのがしっかり再現されている所。原作でもお馴染みの食いしばり顔なのですが、これがちゃんと再現されて居るフィギュアって意外と少ないんですよね〜。
眉間の皺や、目の下の皺の入り方も丁度良い!


この時はまだ超サイヤ人は影も形もないのですが、髪の毛の形だけ見れば超サイヤ人。笑
悟空の髪型って通常状態でも難しいのに、この風の流れに沿った造形を自然なものに仕上げているのは流石の一言ですね。もみあげ部分が繋がっていたら完璧だったなぁ〜



後ろから見た感じ。


上半身はアンダーシャツ一枚。オレンジ色の道着は完全に破れてしまっています。意外とこの状態のフィギュアも少ないので希少価値は高め。
右腕が上なので、もちろん肩の高さも違います。ちゃんと右肩が上で左肩が下がっているのも高ポイント!人体の構造は複雑ですからねぇ。


敢えて難点を挙げるとすれば、腕がちょっと細いかな〜って印象です。あくまで敢えてですが。。。
この時の絵柄は初期と後期の中間ですが、まだ初期寄りの「柔らかそうなモリッとした筋肉(わかりますかね?)」なんですよね。セル編以降は確実に「パキッとした硬く引き締まった筋肉」の絵柄ですが、この悟空はどちらかといえばそれに近い腕の造形をしています。



まぁ敢えてなので、ほとんど気にならないポイントですので悪しからず。
かめはめ波のエフェクトパーツ(球体)は掌に接着されており、取り外しは出来ません。しかし球体エフェクトの周りに出ている閃光パーツ(合計6本)は別パーツとなっており、ランナー状態で付属しています。



かめはめ波エフェクトはラメ入りのクリアブルーでとっても綺麗。安っぽいと言えば安っぽいですけどね。笑
でもこの試みは評価出来ますし、フィギュアのクオリティーが高いからこそエフェクトパーツが輝くというか。。。相乗効果的な感じがしますねぇ。



ちなみに閃光エフェクトは適当にぶっ挿しています。よく見れば少しずつ長さや形が違うのですが、ダボは全て共通ですしどこに挿しても良いかな〜と思っています。極端に変にもなりませんしね。

掌の部分はクリアーパーツの上から塗装してあるパターン。ちゃんとラメも入っています。絶妙なグラデーション具合がめっちゃ良い!ここにすごいコストがかかっている様な気がする。。。笑


上半身と比べて下半身の破れ具合はほぼ無し。シャドーが前方だけに入っている最近のタイプですね。
帯はもちろん前期タイプ。しっかりと靡いている造形が素敵です。右足太もも部分にスポンサーロゴが入っています。



このブーツの色味がめっちゃ好みなんです、個人的に。正確にはこの時期のカラーリングとしてはおかしいのですが、原作のカラーページ等でもこのカラーリングがあった気がしますしそんなにおかしくもないのかも?
何せ懐かしみを感じる淡いブルー、そしてイエローのラインの組み合わせがとっても好み!



台座はお尻にぶっ挿すタイプですね。最近はポピュラーになりましたが、こんな台座も昔はなかったですよね。HQDXシリーズなんて良い例ですよ、あれはクソでかい円形の黒台座で共通でしたから、、、ま、あれはあれで統一美みたいな感じで良かったですけど。


もちろんブーツの造形も素晴らしいです。特にこのつま先部分の力が入っている感じがたまらないですねぇ〜
細かい部分ですが、こういう挙動の一つ一つに力が入っている造形があるからこそ、トータルで見た時の評価が変わってくる気がするのですよ。


今回のセクシーショット。笑
































大きさ比較。ポージングはこじんまりしていますが、エフェクトのおかげで意外と幅を取ります。

前述しましたが、戦闘中のノーマル悟空(かめはめ波)の決定版が出たなぁ、といった感じです。あくまでプライズの中でですけどね。
あまり使いたくない言葉ですが、コスパは抜群ではないでしょうか?最近は海外のガレキも盛んですが、値段や入手しやすさを考慮するとプライズでもこんなに素晴らしいフィギュアがあるのだと再認識。

気になる部分が全くない訳ではないですが、小さな問題ですしそもそものクオリティーが高いので気になりませんね。結構絶賛してしまいましたがそれ位満足感が高かったという事にしておいて下さい。笑
DBフィギュア好きにはマストでオススメしたいフィギュアです!



Amazonで購入する



5

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2021 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram