フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

I”s BOX 葦月伊織フィギュア

桂正和氏の漫画「I”s 」のアイテムが収められたI”s BOXに付属する「葦月伊織フィギュア」のレビュー。

発売日:1999年12月
価格:14,666円(I”s BOXの価格)
スケール:NON(約24cm)
原型師:智恵理


週刊少年ジャンプと言えば、努力・友情・勝利がモットーの大人気雑誌でお馴染みです。しかし当時、そんなジャンプに大人らしいスマートな絵柄ながらも甘酸っぱい青春ラブコメディーで大人気だった漫画がありました。それがI”s!その中からメインヒロインの葦月伊織ちゃんがソフビフィギュアとなって世にリリースされたのです。

当時まだ子供だった私にはストーリーが全然理解できず、なんとなーく綺麗な絵柄だったので読んでいた位の印象でした。思春期の時に読んでいたらかなり来るものがあったのかなぁ〜なんて思いますけどね・・・

ちなみに原型師は今も現役のスーパー原型師「智恵理」氏です。当サイトでソフビフィギュアをレビューする事はかなり珍しいのですが、ソフビ感がありつつもPVC寄りの趣も感じられる、素晴らしいフィギュアとなっています。























お顔。原作者の桂正和先生が完全監修!と謳っているだけあってかなり原作に忠実です。確かアニメ化もしていたと思うのですが、アニメの絵柄と比べるとぶっちゃけ芋っぽいですねw

でも変にリアル味を帯びているからか、本当の美人顔というかアイドルってこんな感じなんだろうなぁって感じさせます。
原型の素晴らしさも相まって、ちょっとドールっぽいおぼこさも残っているのが特徴。


アイプリントはこんなものかな?ソフビですからねぇ。
女の子ならあって当たり前?なまつ毛の表現が全くないのが珍しいです。それでも十分に可愛らしく、作中のn伊織ちゃんに限りなく近い顔の作りになっています。自分でまつ毛を付け足してあげると、より可愛らしい印象になりそうですね。


よく言えばリアル、悪く言えば団子な鼻。個人的にもう少し高めでも良かったかなぁと。
口周りはちょっとハニカミ気味?で柔らかい印象を抱きました。お化粧が薄い証拠ですかね。


髪の毛は暗めの茶髪。もうちょっと暗めだったような。。。?
髪型はかなり80年代アイドルっぽいというか、前髪短めの清純派カットですね。ソフビながらもモールドがしっかり掘られており、パキッとした雰囲気が漂う珍しいフィギュア。


毛先がふんわりして女の子らしさUP!ソフビという性質上、どうしても一体成形らしいボテっとしたフォルムになりがち。しかしこの伊織ちゃんは別パーツで成形してまで、ここまで細かい毛先の動きが表現されています。


この内側にカールした部分が個人的にお気に入り。
ソフビってPVCとかポリストーンとかと違って高級感ありますよね。実際値段も高いし、素材代が高いのかな?レトロな感じもあって可愛い雰囲気なのもポイント高め。


I”sではヒロインが何人かいますが、とにかくいつきが可愛かった印象。逆に伊織ちゃんは控えめな性格だったからあんまり記憶に残ってない。。、
ま、何より一番記憶に残っているのは海に行ったエピソードで一貴がいつきの水着を水中でずらしてたシーンになんですけどね!(勿論ハプニング展開)


毛束がいくつもあって、それぞれが独立して別の方向に流れているのが凄すぎぃ!PVCでもなかなかないよ?


湾田高校の制服。結構奇抜なカラーリングですが、現実でも私立の高校だとこんな感じですよね。
真ん中のスカーフが特徴で、紫の配色を中心に女性らしさをしっかりと感じるデザインです。


高校生ながらも抜群な主張。さすがB87。
桂正和先生の絵柄の特徴として、ピタッとボディーラインに張り付いた様なシワの表現があります。このフィギュアではそのシワ表現がしっかりと再現されており、素晴らしい限りです〜


制服のカラーリングの紫も、濃い部分と薄い部分に分かれており情報量は多め。


指先のモジモジっとした感じが伊織ちゃんっぽい・・・!いつきとか絶対こんな表現しなさそう。笑
爪の造形もあり、塗装はされていませんが指先まで潰れず抜かれています。


スカートもストレートなヒダではなく、若干流れたような造形になっています。躍動感が出て○。


これが伊織ちゃんの絶対領域・・・!これは盗撮したくなる先輩もとい寺谷の気持ちがわかるというもの(ダメ)。


おみ足は太くも細くもない標準サイズですが、特筆すべきは尻タブ。こーれはヤバいですよ。
スカートの短さも相まって、エロさが100倍くらいアップしています。これは盗撮しようとした(ry


台座が非常にコンパクトで良いですね。ユージンのガチャを連想させる黒一色の円座ですが。笑
ここも推したいポイントですが、ローファーの造形が非常に細かくて良き!しかもちょっと凝ったデザインのやつ、ツヤもあり、この足元だけでもお金が取れるレベル。


ニーハイソックスの上からなので控えめですが、ちゃんと膝裏の表現もあります。


本体と台座は接着されています。


そしてお待ちかねの。。。白です。前から見ると至って普通に見えますが・・・


な、なんだこの盛り上がりは?!

これはH88ですわ。女優になっていきますわ。
ちなみに、お尻の部分はスカートより上は作られていないので、外してお尻だけ楽しもうとすると、半分しかお尻がないので注意が必要です。


I”sって恋愛漫画ですが、哀しいストーリーも結構多いんですよね。伊織ちゃんも先輩から脅されるし、主人公は意識不明の重体とかにもなるし、晴れて結ばれた後もすれ違いとかあって上手くいかなかったりするし。まぁ、それがこの漫画の魅力だったりするのですが。


私は中古でこの伊織ちゃんを購入したのですが、上半身と下半身との接続部分が結構グラグラでした。先述した通りお尻の上半分は造形されておらず接続部分となっているので、下手に分解しない方が良いでしょう。



一応外箱も紹介しておきます。桂正和先生のサイン(印刷)が入っていたり、このフィギュアが完成するまでの流れが載っていたりと、こだわりが詰まっていますね。

適当に何枚か〜


ラブコメはあまり読みませんが、いちご100%やロザリオとヴァンパイアなど、あの辺が好きです。単純にその頃のジャンプを読んでたからですが。笑















大きさ比較。結構大きいです。1/7位?

以上でした。I”sのフィギュアは数えるほどしか出ていませんが、個人的にはこれが市販の伊織ちゃんの決定版かなぁ。
ソフビという材質だったり、BOX内の特典という事でちょっと特殊なフィギュアですが何より原型が素晴らしかった!

I”sが好きな方は勿論、ソフビコレクター、美少女フィギュアコレクターの方にもオススメですよ。

Amazonで購入する

0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2021 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram