フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

幽☆遊☆白書 ぬーどるストッパーフィギュア-飛影-

フリューより「幽☆遊☆白書 ぬーどるストッパーフィギュア-飛影-」のレビュー。

発売日:2021年1月
価格:プライズ
スケール:NON(約10cm)

ぬーどるストッパーフィギュアって人気なのかな?何年か前に登場してから、色々なキャラクターが立体化されていますよね。

実際にぬーどるストッパーとして使っている人がどれ位いるかわかりませんが、台座無しで飾りやすいサイズ感だったり、企業側からするとコストを抑えられたりで、お互いにwin-winな関係のフィギュアっぽい。笑

で、今回幽遊白書からは飛影と蔵馬がエントリー。やっぱり2大人気キャラだけですか!
幽助とか桑原は。。。まぁ出ないか。皿屋敷中学の制服姿でヤンキー座り(俗に言うう○こ座り)で立体化したら、いいぬーどるストッパーになるのになぁ。笑
















お顔。小さいながらも良く出来ていると思います。過去にコトブキヤのスケールフィギュアをレビューしましたが、それに引けを取らない再現度。

目元が鉢巻に隠れていて暗めですが、元々うっすらシャドーが入っているっぽい。飛影のフィギュアを見る度に、「飛影はそんな事言わない」の人を思い出してしまう。。。


アイプリントの精度もいい感じ。サイズを考えると十分良く再現されているかと。
角度によっては前髪が重たすぎる部分もありますが、まぁ髪型再現の為には仕方ないって事で。

びっくりするくらい小顔。眉毛が見えていると表情の印象が全然違いますね〜
一気に子供っぽくなります。鉢巻に隠れてほとんど見えませんが。


束感が強めの髪型。前髪の周りにのみ白色のハイライトが入っています。
毛先は少しダルめですが、実物は気にならない程度だと思います。


横から見た時の髪型の立体感がすげぇ!ここは原型師よく頑張った!
下手したらスケールのやつよりよく出来ています。フリュー恐るべし・・・


服装は暗黒武術界後よりも更に後期のラフな服装。具体的には仙水戦後の骸編の服装ですね。時雨との一瞬バトルが非常に印象的。


細身ながらもしっかり引き締まった筋肉が魅力的。飛影のフィギュアでここまで筋肉質なフィギュアって初めてかもしれないですね。


腕には包帯。武威に使ってしまったので、既に黒龍は腕には潜んでいません。笑


指先の表現も細やかでいい感じ。右膝に押し潰されて広がった腕の筋肉がなんともリアル。


タンクトップは肌面積多めのセクシー仕様。広背筋の筋肉がす・て・き(死)

しっかし世の淑女の皆さんは筋肉質な飛影は好きなんですかね?私は大好物なのでいいですけど、そこだけが心配で夜も眠れません。嘘です。


筋肉の部分にしっかりとシャドーが入っているので、引き締まって見えるんですよね。これが筋繊維を無視した適当なシャドーだと、全体的にぼやけた造形に見えてしまうので。。。


下半身も至極シンプル。幽遊白書のキャラって、後半は特にシンプルな衣装の服装が多いですよね。武道着とかもそうですけど、描きやすいのかな?笑


意外と太さがある下半身。ぬーどるストッパーの為、ちゃんと蓋を抑えられる接地面積多めの座り方になっています。が、ちょっとだけ右足が浮いているのが残念!


接地面は平らになっています。一応ですがお尻は凹んでいます。笑


























大きさ比較。やっぱり飾りやすいサイズ感。

以上でした。小さいながらも完成度の高い飛影でしたね。これはフリューやりますねぇ!
幽遊白書は人気作ながらも、中々フィギュア化に恵まれない作品なのでこれを機にどんどん立体化が増えて欲しいですね。

特段悪い部分も見当たらない、良質なプライズです。ファンの方、飛影好きの淑女、骸様には特にオススメ。雪菜さんに誰かプレゼントしてくれ。

次弾は蔵馬、その後は続くか分からないですが、出来れば雷禅とか。。。ほら
、ちょうど座っている事が多いしさ!期待していますよ、フリューさん!

Amazonで購入する


0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2021 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram