フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

艦隊これくしょん -艦これ- スーパープレミアムフィギュア“島風改”

セガプライズより「艦隊これくしょん -艦これ- スーパープレミアムフィギュア“島風改”」のレビュー。

発売日:2020年9月
価格:プライズ
スケール:NON(約23cm)


セガの自信作「スーパープレミアムフィギュア」での立体化! スレンダーなボディに映えるマリンルックと、赤と白のストライプのニーソ! さらになびいたロングヘアが強調するポージングの躍動感がお見事です! キュートなお供の「連装砲ちゃん」も付属します。(公式より引用)


頭のリボンが白いので、正確に言えば「島風改【エンガノ岬決戦】mode」ですね。
当サイトでは以前に通常モードの島風をレビューしましたが、あの時はまだこの形態は実装されていませんでした。というか艦これアーケード自体がなかったかな。

















お顔。某のんのんびよりのにゃんぱす〜風な顔に見えなくも無いですが、可愛らしく仕上がっています。ちょっと身体に対してサイズが大きい気がしなくもない。

プライズなのであまり期待をしていなかったのですが、普通の市販品フィギュアにも引けを取らない位の完成度だと思いますね、個人的に。。。


アイプリントはプライズなので平面的に感じるものの、わりかし綺麗ですね。
特にしたまつ毛の細かい表現はなかなかのもの。

これが俗に言う「ジト目」というものなのでしょうか?ワタシニハワカリマセン・・・
眉毛は限りなく目立たないほど細い。


平面的なお顔なので、ちょっと角度を変えると印象が変わりますね。
鼻が気になる部分ではありますが、絵柄上仕方ない部分もあるのかも。そしてお口のとんがった表現は難しいですが、可愛らしく造形されていると思います!


ピンと逆立ったお耳リボン。一般的には黒なので、ちょっと新鮮味がありますね。
ちょっとバリが残っていたり、軟質パーツでクセがついていたりしますが、そこはプライズと言うことでご愛嬌。笑


髪の毛は後ろに大きく浮き上がっており、ポージングと相まって躍動感が感じられる造形です。
ただ明るいカラーリングでグラデはないので、ちょっと安っぽく感じるかも。


前髪とリボンで上手く分割線が隠れており、これはナイス判断ですよ!


プライズにありがちな、塗装のダマや表面のがたつきがほとんどないのも素晴らしい。プライズの美少女系フィギュアはフリューがトップと思っていましたが、セガプライズもかなりレベルが高いシリーズを出しているのが分かります。


露出度高めのロリボディ。舐める様に見ていきましょう(ゲス顔)

まずは大きくはためいた胸元のリボン。襟元のゴールドのラインが綺麗ですね。


そしてこのロリっ子ボディ!たまりませんなぁ!
凹凸の少ない胸部分、衣装の絶妙な皺表現、白なのに安っぽさを感じない質感など、トータルバランスも完璧です。


横から見ると、その「薄さ」が分かるかと思います。まぁどこがとは言いませんがね。。。


そして皆さんも思っていたでしょう。「なんだこのワキは?!」と。。。

そう何を隠そうこの島風改、ワキの造形が素晴らしいのです。グラデが入っている訳でもないこのワキ、腕の角度と影の表現でしっかりとワキの造形を際立たせているんですね。うーん、わかりみが深い。


肩から二の腕にかけて素肌を露出しているというのは健全なのでしょうか?
むしろ見えていない部分が少ないのでこれが普通なのでしょうか?錯乱状態です。


手の角度が秀逸。指先がちょっと汚れていたのが残念〜


個人的に感心したのが、手袋の裏手部分。細かい皺が入っているんですよね、地味に。
なかなかここの部分を表現できるフィギュアはありませんよ。敢えて入れたのかは分かりませんが、珍しい表現なので「おっ」と思いました。


こんなに手首を曲げたら痛めちゃうよ!


左手に比べると控えめですが、右手もしっかりポーズがついています。


もちろん脇も完備でっせ!そして何と言っても腹チラ!腹チラ!


どの角度から見上げても脇が目立つ。。。


こんなに裾が短い制服ありますか。自分から露出狂に走っているようなものですな。
ま、それが駆逐艦らしくていいんですけどね。何せ速さが必要ですから。被弾したらやべーですからね。


ぽっこりお腹表現は控えめな様です。スレンダーだし仕方ないね。


見せパンである「Y字下着(どんなだ)」のサイド部分が丸見えです。若干塗装が雑なのが残念ではありますが、そもそもこのスカートは必要なのか?疑問が残りますね。


横から見た時のボディの薄さに驚きます。そして制服の裾部分がちょっとボロボロで被弾しているように見えるのは私だけでしょうか?


五連魚雷・・・の裏側。なかなか見える部分ではないと思うので、敢えて撮影してみました。
見えにくい部分だけど全然手は抜いていませんね。むしろ作り込まれている!って事をお伝えしたかった。


成形色なので安っぽさは際立ちますが、造形がしっかりしているので見てくれは大丈夫そうですね。ちなみにプラ製で中は空洞なのですごーく軽くていい感じ。


残念ながら可動はしません。別パーツなのでいけると思ったのですが。


碇型の髪留めもちゃんとあります。これがなければ島風じゃない!


続いて下半身!
もはや隠す気も何もない位に短いスカートからは、なんともスレンダーな太ももが2足。スカートの青、ボーダーニーソの赤白がトリコロールになっていて、綺麗な配色ですね。


太ももとニーソの間にしっかり段差ができておる!これは「本物」の証でございますよ。


いつも思うけど、この靴って絶対歩きづらいだろうなと。。。


スカートの小さめのヒダが、大きくはためいています。躍動感を感じる良い造形ですな!
なかなかこういう角度がついた造形は、重心のバランスを取るのが大変だったりします。

この島風改に限った話ではないですが、左右の足の太さや長さを変えたりして調整するのも珍しくないのです。しかしこの島風改は、左足のみで支えているにも関わらず、そういう「アンバランスさ」を全く感じないんですよね。そこは素直に凄いし、褒めるべきポイントだなぁと思いました。


ボーダーのニーハイはあざといなぁ。。。


台座は連装砲っちゃんと含めて飾れる仕様になっている為、かなり大き目の作りになっています。シンプルこの上ないデザインですが、個人的にはこれくらいシンプルなのが好みだったりも。


前述の通り、左足一本でバランスを取っているので経年劣化が心配な部分ではありますね。


眼  福

どこかの偉い人が言いました。「島風と言えばケツ ケツと言えば島風」と。
こんなことも言っていました。「ケツにはじまりケツに終わる」と。


この!スカートとの隙間がわかる角度!やばくないですか!お尻が小ぶりすぎることも分かる写真です。


太ももよりお尻の方が小さとは何事。。。キチンと尻タブもありますよ。


しっかし見せパンとは言え、面積が少なすぎる。この角度からだとチラリズムというよりはモロリズムなのですが、それもまた良し!


この角度から見た時の、ケツの張りがたまりませんなぁ〜!
安直な丸い表現ではなく、骨格ギリギリまで攻めた脂肪の薄さは特筆に値する造形です。


ポージング的にかなり見えにくいですが、一応前側の中身も見ることが出来ます。


前側からもういっちょ。


ちょっと遠目に見るとこんな感じ。ちゃんとY字の見せパンになっているのが分かります。


連装砲ちゃんは3対体付属しており、プライズとは思えない豪華さです。正直これがなかったら手に入れっていなかったかもしれません。笑

この連装砲ちゃん(大)を始め、それぞれに支柱が付属しており、支柱の太さは全て同じです。なので好きな角度と位置で飾ることが出来ます。


ぜ か ま し

お決まりのやつ。


砲身部分と顔部分は何と角度付けが可能。プライズらしからぬクオリティの高さ!


連装砲ちゃん(中)

ギミックは連装砲ちゃん(大)と同じで、こちらも砲身と顔が可動。


連装砲ちゃん(小)

敢えて注文をつけるなら、表情が3体とも同じなので、ちょっと違う表情のものがあっても良かったなぁ〜とも思ったり。笑


金色のプロペラが光る後ろ姿もキュート。


























結構気に入っている写真。


リボンを含めると結構な高さになるなぁと思い、リボンと上半身を含めた写真を撮影してみました。





大きさ比較。リボンを含めると結構大きめ。

以上でした。プライズと思えないボリュームと作り込みが良かったですね。特に連装砲ちゃんがセットになっておりお得感もあります。

もちろん本体の島風改もフェチズム全開で素晴らしい。プライズらしさを感じるバリの残りや塗装の微妙なはみ出しはありますが、それを補う程の躍動感とフェチズム。何より島風ちゃんの白リボンVer.は中々フィギュア化に恵まれていないので、希少価値も高いかと。なのに相場はかなり安いので、これはかなりオススメですよ!

Amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2021 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram