フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

ドラゴンボールZ BANPRESTO WORLD FIGURE COLOSSEUM 造形天下一武道会2 其之八

バンプレストより「ドラゴンボールZ BANPRESTO WORLD FIGURE COLOSSEUM 造形天下一武道会2 其之八」のレビュー。

発売日:2019年6月
価格:プライズ
スケール:NON(約13cm)
原型師:ERICK SOSA


外国人の原型師からの立体化。ドラゴンボールはワールドワイドに大人気!
メキシコの方だそうで、キャラクターのチョイスはなかなか渋めの挑発トランクス。

元絵は、映画「ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」の時のイラストから。あの頃のアニメーターの絵柄は個人的にかなり神がかっていたと思います。



















お顔は海外らしい、ケレン味溢れる感じですね。何というか、日本の原型師には出せない雰囲気。。。あまり似ているとは言えないかも。

何というか膨れっ面で、輪郭が鳥山絵っぽくないんですよね〜
まぁ雰囲気含めると格好良いのは間違いないのですが。


アイプリントの精度はあまり良くありません。パースがついているのか、黒の瞳孔の大きさが左右で違います。

あと目が全体的に横長ですね。それに合わせてか、眉毛も異常に長い。笑
おでこは狭めでパーツの配置も悪くないのですが、どこか締まりのない子供っぽい表情のトランクスに見えますねこれ。

ほっぺたに飴を忍ばせているみたいだ。。。


横から角度をつけて見てあげると、悪い部分が隠れてマシに見えます。
鼻も長くてちょっとピノキオみたい。

髪の毛の表現はかなり頑張っていると思います!展示品ではもっと尖ってシャープなデザインでしたが、そこは量産品。やはりモールドが潰れ気味で残念な感じに。


前髪はかなり細めで、折らない様に注意が必要です。


精神と時の部屋を出た時ばりに長い髪の毛。後ろでまとめられており、古き良きオタクの香りがほのかにしますね。


筋肉表現もかなりのもの。海外の原型師って衣装の皺や模様の造形が細かいですよね〜
確かフィギュアーツEXのトランクスもそうでしたが、やったらアンダーシャツがぴちぴちなのはこだわりなのか?笑


若干Gジャンが安っぽい塗装なのが残念ですが、兼ね造形自体は良い感じ。
トランクスのGジャンって2色ありますよね。もっと緑っぽいものと、この青っぽいの。どちらも良い感じにトリコロールカラーですが、個人的にはこちらの青の方が好き。

ボタンの造形がなかなか。金色の塗装も綺麗な発色をしています。

トランクスといえばカプセルコーポレーション!
ちゃんと左肩に印刷されています。

背中にはガッツリスポンサーロゴ入り。
背中部分の縫い目が結構深めに入っていて、ちょっと違和感。


地味に気に入っているのが、この裾の部分。ちょっと長めの丈感だったり、端部分のボロボロ感(これは個体差かも)、地味にGジャンの細かい模様が細部まで入っている点が気に入っています。


一方で右手部分の裾はちょっと絞った様な感じで「なぜ?!」ってなりましたね。笑
指の造形は結構ゴツゴツしていて好みの感じ。


剣は別パーツで、自分で取り付けます。特に取り付けにくい事もなく、パーツが曲がることもないので、いい配慮ですね。あと、指先の造形が地味にこだわりを感じます。


左指は台座の岩場をガッツリホールド。


タピオンから受け継いだ剣。映画を見ていないと絶対わからないですけど。。。
タピオンとミノシア、ヒルデガーン。この辺りの劇場版キャラの立体化お待ちしています。


腰の部分はあまり締まりがなくてちょっと微妙。屈んでいるようなポージングなのでそう見えても仕方ない部分はあるんですけどね。


ズボンの表現がちょっとやりすぎなくらいすごい。笑
やすりを盛大にかけた後みたいになっとる!膝の部分はしっかりと破れているのがドラゴンボールクオリティー。ちょっと破れた表現が甘い気もする。


膝小僧の表現はドラゴンボール「っぽく」ないですね。普通の人の膝です。
ドラゴンボールらしい膝とは、六角形の骨型の膝の皿が浮き出ています。それが分かっている日本の原型師(特に中澤氏)とかはその辺りも決めてくるのですが、ここは少し詰めが甘かったですね〜


ブーツの形もちょっと違和感。少し長めで、なんかつま先が短くない?笑
足のサイズが小さいのか、単に小さいブーツを履いてしまったのか、真実は彼のみぞ知る。。。

しっかりグラデが入っている部分は好きなんですけどね。あとはシワの表現も割と好きな雰囲気。惜しむべきはズボンがもう少しダブついていてもよかったかもしれません。


足の裏は、まぁ普通です。ちなみに今回の台座は岩場の部分のダボがあるのですが、なぜか固くて挿さり切らなかったので、地味にダボを隠しながら撮影しています。笑

特に台座が無くても安定感があるので、特別台座に乗せなくても良いかもしれませんね!


お尻部分の模様も、なんかおばあちゃんが着ているモンペみたいですね。笑
何でだろう、シワの具合で余計そう見えるのかな。。。なんせこの辺はあまり好みではない表現ですね。


台座の岩場と本体は接着されています。


























ほな、また。。。


大きさ比較。ここ最近のプライズの規格と比べると小さめで飾りやすいサイズ感。

シーンのチョイスは良し。造形もそこまで悪くない。でもどこか絶妙に惜しい。。。そんな雰囲気が漂うトランクスでした。決して悪いフィギュアではないのですが、どうしても海外の原型師っぽさが抜けない出来でしたね。

ドラゴンボールっぽさは薄めですが、雰囲気はしっかりカッコ良いので地味にオススメ。ポージング的に今流行りの「ぬーどるストッパー」にするのも良いかもしれませんよ!

Amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2021 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram