フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

東方Project 十六夜咲夜 紅魔城伝説版 エクストラカラー

キューズQより「東方Project 十六夜咲夜 紅魔城伝説版 エクストラカラー」のレビュー。

発売日:2020年11月
価格:16,000円(税込)
スケール:1/8(約23cm)
原型製作:Noin
彩色製作:えこし
キャラクターデザイン:晩杯あきら


箱は縦長で非常にスマート。ウィンドウタイプとなっており、箱の中に入った状態でもディスプレイ出来るようなデザインになっています。

東方Project」二次創作ゲーム「紅魔城伝説」から、十六夜咲夜のエクストラカラー版が登場です。
イラストレーター晩杯あきら氏によるカラーリング指定で、青と白のオリジナル咲夜カラーに。
双眼は紅く燃え、まさにクールビューティーといった趣の作品です。(公式より引用)

と言う事で、カラバリです。以前に出ていた所謂「初版カラー」は黒っぽいイメージでしたが、個人的に咲夜って青のイメージなんですよね。なので当初は買う予定がなかったんですが、このカラーリングが出るとなって、ついついカートに入っちゃっていました。


公式の説明書きにある通り、イラストレーターの指定カラーリングだそうです。やっぱり咲夜といえばこの青と白のカラーリングですよね!

紅魔城伝説のキャラクターデザインがかなり禍々しいのもあって、プロットの東方シリーズからはかなりかけ離れていますね。というかあの本家の下手ウマなキャラデザが良いって人もいるんでしょうけどね。。。笑


全景。本体と台座は別々で。ちょっと取り付けにくかったかな。。。角度がついているからね。
ちなみに素材はPVCで一部ABSとの事ですが、おそらく右足部分がABSになっているのでしょう。傾き対策は必須ですからねぇ、このポージングだと。

スケールは1/8なのでボリュームは少なめです。これと同時にレミリアも予約しましたが、あちらはドレスとグングニルが相まってなかなかのボリュームでなりそうです。























お顔。ものっすごい美人さん!
アイライン周辺を縁取りするのはあまり好きではないのですが、この咲夜に関してはアリかな〜通常だとどうしてもケバケバしくなっちゃいますからね。

目線は右に流し目な感じ。クールビューティーと思いきや、若干笑みを含んだ口元に見えるのも不思議です。


正面から見てもおかしい部分は特に見当たりません。肌の色はかなーり白いです。
病的に見える一歩手前かな。笑

キューズQの製品はほとんど持っていない、と言うかこれが初めてなのですが、個人的な印象はなかなか丁寧なモノ作りをしていて○。今は亡きグリフォンの後を継いで東方シリーズのフィギュアをリリースしているのが主なイメージですが、i-con氏がフリーランスになってからはあまり目立たなくなりましたね。


この咲夜、何が良いってとにかく髪の毛の造形と質感が良い!
流れるような毛の束感や、塗装のマットな質感は惚れ惚れしますねぇ。不自然な髪の毛の流れだったり、変にワックス付けすぎな感じでもない、絶妙な作り込みだと思います。


外ハネ気味の前髪は、折らないように注意ですね。
髪の毛にグラデはなく、限りなくマットに近いグレー一色。


メイドなので、当然カチューシャも装着しています。ただ、髪の毛がグレーなのでそこまで目立たないのがたまにキズ。


前髪は外ハネですが、そこ以外は後ろに向かって流れて行っています。
ショートカットではありませんが、毛量が如何せん多いのでオオカミみたいに見えますね。笑


髪の毛に隠れてほとんど耳は見えません。
編み込んだ髪の毛の造形も手抜きなし。


襟元までガッツリ露出なし。上半身のガードはめっちゃ固いですね!
襟の模様がちょっと煩い気もしますが、まぁー目立たない部分なので大丈夫かな?


左手には昨夜の武器であるナイフをしっかり握りしめています。
袖部分がめっちゃ長い。そして指抜きグローブというのが地味に厨二心をくすぐりますねぇ。笑


ボディーラインは非常にスレンダーで、シャツのシワもかなり余裕があります。
ベルトなどの小物の塗装も非常に丁寧に仕上げられています。


ストライプ柄のシャツから見える胸元は、小さすぎず大きすぎず。。。といったところ。
まぁ全体的なボディーラインからしたら大きい方かな?元々のキャラデザだと大きい方だったっけ?

肩から袖口にかけての部分と比べて、ストライプの幅が広くなっているのがポイント。


ナイフ。取り外しはできません。


時計はしっかりと数字が読み取れます。かなり芸コマですね!
爪の造形があればなお良しでしたね。


小さいパーツですが、金色の発色も良く目立ちます。
チェーン部分は特に動かせたりはできません。


袖口の裏側はこんな感じ。


割とピタッとくっついている胸元。お色気ではありませんが、こういう静かな色気というのも良いですね。


右手裏から。


エプロン付きスカート。しっかりメイドの服装をしています。笑
エプロンには柄入り。端のギザギザの造形はこんなものですかね?

シャツとスカートの色合いが結構違うのが少し気になりますね。まぁ統一カラーではないので良いのですが、どうせならがっつり違う色のスカートでも良かったかもしれないですね(黒とか)。


スカートから覗くおみ足は、めっちゃスレンダー。そしてひたすらに長い。笑
ニーハイのはずですが、肉質な感じは全くありませんね。ひたすらにスレンダーな所が、ここまで来ると気持ちがいいですね。


エプロンの端部分はちょっと気になりましたが、スカートのフリル部分はかなりの芸コマ!
小さく模様が入っていて、原型師の苦労が思い浮かびます。。。それだけに良い出来なんですけどね。


左足部分にはナイフを直すホルスターが取り付けられています。


今回のフェチポイント。ニーハイ越しから見える膝小僧の造形です。
薄くグラデが入っているこのシワの部分、やはり原型師の相当なこだわりを感じる。。。もちろん私は大満足でございます。


台座はヒジョーにコンパクトで好印象。その分安定性はあまりないというか、左右の揺れにかなり弱いかも。特に縦に長い分、出して飾る際は何かしらの対策をした方が良いかもしれませんね〜


膝裏部分もチラッと。


バックショット。エプロンの結び目は見えませんが、ヒモ部分は垂れ下がっています。


今回のフェチポイント、その2。
スカート越しから見える、お尻の形。これはかなーりポイントたかし!

二次元特有の、「そんな訳ないだろ現象」の一つだとは思いますが、これがまた良いんですよねぇ。特に割れ目の部分のシワ、この2本に魂を感じますねぇ。


見た目以上に中は見えにくいです。特にお尻側は、先程の貼り付き具合からも分かる通り全く見えません。

ピンクががったパールホワイトですね。形はまぁ普通な分、柄でカバーといった感じですか。個人的にはちょっとおばさんっぽくて微妙。。。笑









































大きさ比較。縦に長いです。

以上、紅魔城咲夜エクストラカラーでした。あみあみの専売だったので、持っている方はそんなにいないかもしれませんね。初版と造形は変わらないので、気になる方は初版を手に入れるのもアリかも。

トータルバランス含め、欠点らしい欠点がないと感じました。まぁシンプルに値段が高いっていうのはありますが(1/8で16,000円はぶっちゃけ高いよ!)、隠れて光る造形の細かさやパーツの小ささを考えると仕方ないのかな。先に述べたあみあみの専売と言うこともあって、値引きがゼロだったって言うのもありますけどね!

同じシリーズのレミリアとぜひ飾りたくなる昨夜でした。もちろん単体でも十分なポテンシャルを持っているので、個人的にはかなりオススメだったりします。

Amazonで購入する(初版カラー)
0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2021 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram