フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

TOONIZE 初音ミク CARTOON COLOR Ver.

フリュー(Furyu)より、「TOONIZE 初音ミク CARTOON COLOR Ver.」のレビュー。

発売日:2020年5月
価格:プライズ
スケール:NONスケール(約13cm)



コンセプトとしては、パッケージ側面に書いてある通りです。
個人的に、パンティー&ストッキングや、パワーパフガールズみたいなカートゥーン調のアニメが好きなので、このコラボは結構楽しみにしていました!



ラインナップは2種類で、コンセプトに沿った「カートゥーンカラー」と、トーンを下げて周りの色調に溶け込みやすい「通常カラー」があります。造形自体は全く同じで、カラーリングのみ異なります。

今回は「カートゥーンカラーVer.」をゲットしたので、そちらをレビューします。



全景。パーツ構成は本体と台座のみで非常にシンプル。首の可動もなく、完全に固定フィギュアとなっています。
中が空洞になっている為か、見た目以上に軽いです。プライズらしからぬ取り扱い易さもポイントですね。






















お顔は初音ミクのキャラクターを上手くカートゥーン調に仕上げており、非常に可愛く出来ていますね!
大きな黒目部分のブルーは3色構成で、第一弾という事で気合が入っているのでしょうか、かなり完成度の高い仕上がりかと思います。


まつ毛の部分は立体的な構造になっており、横から見ると若干の違和感がありますね。
ただそこまで厚みがある訳でもないので、極端に顔のバランスが破綻しているという事はありません。


口元も立体的に凹凸があり、楽しませてくれます。インカムマイクは流石に簡素な造形です。
よく見ると目の縁取り部分が一部ピンクになっています。コチラも違和感が出ないように、敢えて変更しているのでしょう。こだわりですね〜


ツインテールは根本がかなりお互い近い位置にありますね。頭のつむじは造形がなく、ツルッとしています。触るとサラサラしていて気持ちが良い。


ツインテールも大きいですが、中身は空洞の為軽いです。
台座にくっついているので重さでへたるという事はありませんが、元々が軽いのは安心して飾る事が出来そうですね!


大きくカールしつつも、重量感を残した毛先部分。造形がかなり好みで、丸みを帯びた素材感ながらも、尖りを演出しているのが憎いですねぇ。


マイク付きのヘッドホンセットは、光沢のある仕上がりに。色分け、造形は元々がシンプルなので作風に合っていますね。


ボディ部分はカートゥーン調らしく、かなり小さめに造形されています。今で言うきゅんキャラ的な造形でしょうか。あちらと比べると、幾分手足が大きいのでメリハリがあるように感じますね。

塗装してある箇所が割と多く、テカリがありますね〜まぁいいんですが。


胸はミクさんなので見事なほどにないですね。笑
いや、デフォルメだからこれは仕方ないんだ。。。どのキャラクターでもこうなるんだ。。。と暗示をかけましょう。流石にスケート部分の模様は再現できなかった模様。


大きく開かれた手のひら。大きさとしてはかなり大きめで、ボリュームがあります。
指先部分にグラデがかかっており(若干汚れてしまっていますが)、単純に一色でないのがクッキリとした輪郭を生み出していて良い。


右手も同じく。


足はさらにシンプルな造形で、非常にツルンとした仕上がりになっています。
ニーハイソックスの模様が入っているくらいで、あとはシンプルなカラーリングですね。


台座はシリーズのタイトル名が入っており、まぁ必要最低限の施しといった感じですね。笑
ダボ穴の大きさが違うのと、両足固定なので完全に角度は同じで飾る感じになりそうですね。


ちなみに中身は。。。縞パンでした。
初音ミクの公式の設定ってあったんですっけ?元々は縞パン設定はなくて、二次創作で勝手に出来上がったイメージなのかな。

何にせよ、通常の白だと面白みがなかったので、これは地味にポイントが高いですよ!笑























大きさ比較。きゅんキャラよりかはかなり大きく、ねんプチと比べてもこのボリューム。

以上でした。シリーズ第一弾としては大きな欠点がなく、安定したスタートを切ったなという風に感じましたね!特に往年の人気キャラである「ボーカロイドシリーズ」の中でも主役のミクから出していく事に、フリューの手堅さを見出した気がしますぜ。

欠点をあげるのであれば、テカリがある部分が多いので少し安っぽく見える所ですかね。
このシリーズは細々と続いていますが、コンセプトに合っているのはボーカロイドシリーズが一番かとは思いますね。私みたいに手軽なカートゥーン調のキャラクターのフィギュアが欲しい!という方にぜひお勧めです!

Amazonで購入する




0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2021 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram