フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

すーぱーそに子 マジカルフィギュア そに子&ぽちゃ子のマジックショー ぽちゃ子

タイトーより「すーぱーそに子 マジカルフィギュア そに子&ぽちゃ子のマジックショー ぽちゃ子」のレビュー。

発売日:2014年6月
価格:プライズ
スケール:NONスケール(約20cm)



前回のそに子のレビューに続いて、同シリーズのぽちゃ子のレビューです。後述しますが2体の台座は合わせることが出来、プライズながらボリューム満点となっています。






















お顔。ぽちゃ子のフィギュアって意外とこれが初めてなのですが、良いと思います!

特に過剰に演出されている訳でもなく、等身大のスケールで立体化されている気が。前回のそに子のレビューの時も書きましたが、プライズの中ではかなり良い出来かと思われます。



アイプリントの精度も中々。頬の赤らみがうっすらあって可愛らしく仕上がっています。

そに子の表情がお澄まし顔で大人っぽかったのに対し、ぽちゃ子は元気いっぱいの弾ける笑顔、といった感じで差別化が図られています。


髪の毛の造形は若干ダル目ながら、バリなどの処理はしてあり好印象。
特にグラデはありませんが、そこまで安っぽさは気になりませんね。


鼻の造形もさりげない感じで良いかと!
前髪部分が顔の周りをしっかり覆っているのがイラスト通りというか、絵師の通りで再現度高いですね〜

顔の輪郭もそに子と比べると、丸っこくなっていてぽちゃ子らしいというか笑


ぽちゃ子はバニーなので、しっかり耳を装着しています。
バニーガールって現実では中々目にすることはないけれど、女性にとっても魅力的な衣装に見えるでしょうねぇ。


目線は左向きですが、割と正面から飾っても違和感のない仕上がりになっています。


ぽちゃ子もそに子と同じくヘッドホンを装着していますが、形は異なります。
そに子のヘッドホンと比べると簡素な出来ですが、ゴールドのカラーリングがぽちゃ子の髪色とマッチしていますね!


ラーメン。。。w
ぽちゃ子は安定のツインテールなので中々造形的にダルくなってしまうのは仕方ないかと。


しっかり真ん中から左右に分けられています。ツインテールの毛先も各々に躍動感があって良いですね。


口の丸っこい形は少し最近のキャラデザからは離れている様な気もしますが、可愛いからOK!w
舌でほとんど埋まっちゃっていますが。。笑


首には小さめの蝶ネクタイ。


そして。。。DON!


DODON!!


DODODON!!!


下からもDOGDODODON!!!!


サイドからもDODODODODON!!!!!


二の腕の細さからのDODODODODON!!!!!!


と言う訳で堪能していただきましたが、いかがでしたでしょうか?

言葉はなくとも写真で伝わる、この迫力。そして造形の素晴らしさ。とってつけた様な奇乳ではなく、ちゃんと衣服の隙間もあり、好きな人が造形したフィギュアというのが伝わってきます。何より横から見たときの垂れ方がリアル。。。


爪の造形あり。ピンクのマニキュアが塗られています。


バニー衣装の塗装が若干雑かな〜ラインがガタガタしています。
ただこの圧倒的な肉質の前にはそれさえも霞んでしまうんですけどね。


見逃せないのが、伸ばした腕にできている肘裏の凹み。

いや、声は通常の細い腕のきゃっラクターには不必要なもの。。。しかしこれはぽちゃ子。プニプにした二の腕から放たれるこの凹みこそ、このフィギュアのフェチズムの醍醐味だったりするのです(力説)。


お腹周りも肉付きが良すぎますねぇ、これは。。。(褒め言葉)
おへその造形も勿論あり、見ただけで「あ、柔らかそう」と思わせる造形、流石です。


見えますが、横腹の真ん中に流れる「シルクロード」が、、、
この線が入っている事により、上下の肉がいかに柔らかく、いかにボリュームがあるのかを表しているのです。ふふふ。





そして腹筋もちゃんとあるのが分かるのがこちらの写真。
横腹の肉付きと腹筋がさりげなく分離しているのがお分かりでしょうか。いやー、このお腹周りの造形は何て素晴らしいのでしょうか!


ポージングのせいもありますが、しっかり重力に負けて下に垂れているお腹の脂肪w


そしてまだまだ見逃せないぽちゃ子の魅力、下半身周り。
太ももの太さもバインバインです。


ここで見逃せないのは隙間ですね。胸の谷間と衣装との隙間もそうでしたが、こういうパーツ同士の隙間が造形のレベルを一つも二つも上げてくれるんですよねぇ。

この太ももの左右の間にできた隙間。私の長年の夢である「ここに顔を埋めたい」という願いは、果たして叶うのでしょうか・・・


ニーハイの塗装はそに子と同じくそれなりかな?もう少し透け感が欲しいところでもありますが、フリーイングみたいに本物素材を使用する訳にもいかないし、難しい所ですね。


勿論膝裏の凹みも完備。


足元はシンプルなパンプスです。片足で支える形なので、夏場の傾きが結構心配ですね。。。プライズなので対策もあまりされていなさそうですし注意です。


左足の折り曲げた部分の「ムニッ」となった所、わかりますか。。。
この部分も顔を埋めたいところではありますが、そこは大人代表として我慢したいと思います。


大事な部分も一応。。。他の部分のインパクトが凄すぎて、この写真が霞んでしまうw
しっかりTバックで素晴らしいです、はい。ラインなどは特に入っていません。


ちょっとパーティングラインが目立つのが残念かな〜

































前述した通り、同シリーズのそに子と合わせて飾る事ができます。台座の仕様からしてマザこれ前提だよな〜っていう。。。笑



少し残念だったのが、台座がどうしても整形の歪みでピッタリ合わさらない事(隙間ができる)。
どうせならひっかけ部分とかがあっても良かったのかなぁと思いますね。




しっかしこれだけでフルプライスで出せそうな出来をしていますね!今だと25000円くらいで出せそうな出来です。台座を少しいじるだけで高級感も出ますし、いかがですかグッスマさん?


うーむ、眼福な2ショットじゃ。。。
肉質満点のぽちゃ子、安定のそに子、どちらがお好み?








大きさ比較。

以上、初めてのぽちゃ子レビューでした。いやー、個人的に大満足でした!
ぽちゃ子単体としても勿論造形が素晴らしく、大きな欠点も見当たらないほどでしたね。プライズなのでバリやパーティングライン、塗装の荒い部分もありますがそれを吹き飛ばすほどの可愛さがあったと思います。

そしてこのぽちゃ子は、やはり同シリーズのそに子と飾ってあげる事によって真価を発揮するというか。お互いの良さを引き出す造形と、見た目のボリュームが素晴らしかったです。久しぶりに文句無しにオススメできるかと!

amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram