フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

すーぱーそに子 マジカルフィギュア そに子&ぽちゃ子のマジックショー そに子

タイトーより「すーぱーそに子 マジカルフィギュア そに子&ぽちゃ子のマジックショー そに子」のレビュー。

発売日:2014年7月
価格:プライズ
スケール:NONスケール(約20cm)



マジックショー衣装でのそに子がリリースされました。と言ってもすでに5年以上前の代物なんですけどね。。。笑

そに子は息が長いコンテンツですよね。私はニトロプラスのイメージキャラクターになった頃から見ていますが、ここまで長い間人気のキャラクターもなかなかいないのでは?少なくとも10年くらいは経っている気がします。

10年の間に写真集を出したり、ぽちゃ子というより肉質的なキャラクターが生まれたり、バンドを組んだり、最近はVtuberになったりと、時代に合わせて変化してきたそに子ですが、フィギュアの数は毎年安定してりいrー酢されていて嬉しい限りです。




















お顔。普通にいい感じですね!プライズですが、かなり似ていて可愛いです。
そに子のプライズはかなりの数が出ていますが、その中でも割とトップクラスの完成度かもしれません。

そに子って決まった衣装がないので、なかなかコレ!というフィギュアがなかったりするのですが、このマジックショー衣装はバッチリ決まっていて、いやらしさをそこまで感じない絶妙なバランスになっているのではないでしょうか?


アイプリントの精度はそこそこ。近づくとさすがに粗はありますが、瞳が半端なく大きいのでプリントが粗くなるのも仕方ないw

毛先は少しダル目ですが、兼ね許容範囲。そもそも髪色がピンクの時点で結構分が悪い様な。笑
グラデがないのでどうしてもペタッとした印象を受けてしまいますが、もう一手間加えたらかなり良くなる造形だと思います。


やっぱり目線に合わせてあげると可愛さが倍増しますね!
若干下膨れな輪郭に、含み笑顔の自然な表情がいいです。


頬には軽くチーク入り。鼻は目立たない程度の高さでいい感じ。
肌色も白すぎず黒すぎず、そに子のイメージにあったくらいの色味ですね。

口はピンクの一本線ですが、透明のグロスなどが入っていればなお良かったかもしれませんね!


そに子と言えばヘッドホン。むしろこれが本体というw
この形は全く変わることがなく、安定していますね。造形の緻密さは勿論フィギュアによるんですけどね。

ちょっとパーティングラインの処理が甘かったり、もう少し細かく造形してもらいたかった気もしますが、まぁプライズだしこんなものかなぁ〜と言った印象です。


うどんです。笑
後ろ髪の毛先にグラデが入っている様に見えますが、背景紙の紫が映り込んでいるだけですのでご注意を。


爪の造形があり、ピンクのマニキュアが塗られています。
シルクハットは完全に別パーツとなっており、うまい具合に角度を合わせて持たせます。特にダボがあったり凹みができていることはありません。


首には小さめのリボン。ノースリーブですがそこまでいやらしさは感じませんね。
左手を上げているということは。。。このサイトを見ている方はお気づきですね?そうです、脇のフェチズムです。

プライズながらもしっかりとラインの入った脇、そしてそに子の太すぎず細すぎない絶妙な太さの二の腕と、かなりハイレベルな造形となっていますよ!


そしてそに子と言えばやっぱりこの。。。胸ですな!
まさにロケットおっぱい。今回も安定して発射寸前でございます。


なんですかね、このリフトアップしたお胸は。垂れることなく、かと言って上向きすぎでもなく。
谷間が見えている訳でもないのに、嫌でも巨乳とわからせてくる強引なまでのサイジング。

あ、右脇部分の衣装と同じ角度のラインが入っているのも見逃せないポイントです。


露骨に先端の造形がある訳ではないのですが、トンガリは感じられます。これが着衣のフィギュアの良さっ。。。!
そして中心部から一本のラインが造形されているのは狙っている様にしか感じませんね。グッジョブすぎます。


うむ、下乳の眺めも至高でありますな!
バインバインと音がなりそうで、もう今年の夏のお祭りは花火の音でも太鼓の音でもなく、この乳が揺れる音で風情を感じればいんじゃないですかね(錯乱)。


「ボンキュッボン」の「キュッ」の部分に当たるウェスト。ぽちゃ子とは違うので、しっかり引き締まっていますね。笑

おへその造形もちゃんとあり、影を落としてあげると女性らしい体のラインに腹筋が乗っていることが確認できます。


右手にはステッキを持っています。ステッキも完全な別パーツとなっており、適当な長さで持たせます。
小指だけがしっかり伸びているのが芸が細かい!


大事な部分を隠し切れていないタイトスカート。サイズミス。。。という訳ではないですよね?笑

スカートのシワ造形がに憎いですね〜ちなみにこのスカート、接着されていないので上下に動かせます。そんなに上げ下げの幅はないのですが、ソロリソロリとスカートを捲し上げていくという、まさに変態お代官様的プレイが楽しめるのが特徴です。


スリットの意味を全く成していない!w
丸見えですが、下着は白です。太もものむっちり具合にも目を惹かれますが。。。


お尻の丸みを帯びたラインから、太もものむっちりしたところまで、隙のない造形。


お尻部分はさらにすごい事に。。。僥倖。。。!まさに僥倖。。。!

この角度から見上げるショットがねぇ、たまらなく良いんですよ。むっちりさの極みというか。
上下でフィギュアの肌の色が違う、なんてこともなく。しっかり質感を保てています。


それにしてもここまで隠す事がない下半身とは一体。。。そに子も普通に笑顔でポージングしているし、これは本人公認という事でよろしいですねっ?!(ミスターうるち風)


太ももと比べると、スレンダーな足元。透け塗装が特徴的なニーソックスですが、プライズの限界かな〜と言った感じですね。まぁそこまで「ん?」という違和感は感じません。バニーじゃないので網タイツというのも変な話ですしね。

ヒールはシンプルな黒のハイヒール。





台座は同じシリーズのすーぱーぽちゃ子と合わせる事ができます。というかそれ前提なので半月型になっています。
シンプルに真っ白な台座で潔さがありますね。笑


























大きさ比較。大体ですが1/8くらいでしょうか。

プライズフィギュアの中ではかなり上質なそに子のフィギュアでした。勿論スケールの高額フィギュアと比べると、処理が甘かったりシンプルな部分もありますが、原価800円でこれは頑張った方でしょう。文句なしにオススメです。

amazonで購入する
すーぱーそに子 マジカルフィギュア そに子&ぽちゃ子のマジックショー (そに子)
0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram