フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

beatmaniaⅡDX フィギュア コレクション Vol.2 梅桐緋浮美

エイコー(Eiko)より「beatmaniaⅡDX フィギュア コレクション Vol.2 梅桐緋浮美」のレビュー。

発売日:2016年7月
価格:プライズ
スケール:NONスケール(約20cm)


まず名前何て読むん。。。?w
ウメギリヒフミでした。ひふみん。どうやら3姉妹の次女らしいですね。3姉妹揃えたい所ですが、どうにも残りの2姉妹は出来がよろしくなさそうな、、、迷いますね。

ビーマニシリーズでは、以前に「ビートマニアⅡ DXフィギュアコレクション vol.4 神崎紗矢」をレビューしました。そちらはVol.4だったのですが、こちらはVol.3という事で、神崎紗矢の前に出たフィギュアということになりますね!
























お顔。イラストレーターGOLI氏の独特なキャラクターデザイン。目の下に頬線があるのが特徴的です。いや、普通に可愛いですよ!笑

以前の神崎紗矢は肌の赤みが少し気になりましたが、このヒフミはそんなこともなくシッカリと美白ですね〜惜しむべきはプライズ特有の成形色が結構目立つことでしょうか。


アイプリントも丁寧ですね。結構線が多めのアイラインですが、潰れることもなく綺麗にプリントされています。ハイライトとかかなり頑張っていますねぇ。

それに対して眉毛はピッと一本線が入っていてプリント感が丸出しなのが気になる所。良い部分と気になる部分が割とハッキリしていると思います。



目尻のまつ毛のラインが独特ですね!性格的にはツンデレのうちほとんどがツン、らしいですがそれがよくわかる不適な表情ですねw

頬の線は楕円形に成形されており、色味がそこまで目立たないのもいいですね。
あと地味にすごいな〜って思った部分は、目の下にうっすら赤いボカシが入っている所ですね。これはプライズでなかなか出来ないですよ!



衣装の情報量が多いのもかなり良き!それだけに成形色丸出しなのが惜しすぎる。。。
基調は紫がやっぱり多いですね。それに挿し色で何色か入っており、多めのゴールドがゴージャスさを引き立てています。

造形はかなり好み、というか細かいですね。普通にプライズではなく完成品で工程数を増やしたものを販売して欲しい!(昔コナミから出ていましたが、ぜひリニューアルして欲しい)



髪飾りも和風テイスト。鈴がついていたり長物が多かったり、とっても重そう。笑


髪型はこれ。。。何だ?笑
ロングヘアーの中にコロネ、というか巻き髪が引っ付いています。毛量がとんでもなさそうだわい。

髪の毛には要所要所にグラデが入っていますが、テカりが抑えられていない為あまり目立ちませんね。


毛先が結構細かく、流れもあって見ていて楽しいですね!
実際髪の毛をここまで長く伸ばすのは大変でしょうなぁ〜


ほほぅ、、、これは、胸、ですな?(武士風)
どうしても胸元に目がいってしまいますが、花魁っぽくはだけた肩から胸にかけてのラインも素晴らしいですよ!

チョーカーと組み合わせて純和風、という訳でもないのがまた目新しいですね。



けしからん!実にけしからん!
何だこの「衣装の締め付けにムニッと押し潰されたような胸」は!

ぶっちゃけたまらんです、ハイ。笑
谷間の部分にうっすらですがグラデあり。主張しすぎない程度のいいグラデなんですよこれがまた。


腰帯に押し上げられた下乳も見ものです。これはブリンって飛び出たりしないのかね。。。


脇です。フェチいです。
いつも脇が見えるフィギュアには焦点を当ててフェチいフェチいと言っていますが、どれも非常にいい「脇」なんですよ。こちらももちろん例に漏れず。



ヒフミがユーロビート好きという事で、ディスコの代表アイテム「羽根つき扇子」を装備しています。ゴールドの発色がいいですね!しかしユーロビート好きとは。。。マハラジャとか行くのかな?こんな可愛い子がいたら、白タクしちゃうぜい?(死語)



後ろから見るとこんな感じ。造形もいいですね。ちなみに取り外しは出来ません。
爪の造形は無し。ここはあって欲しかったっ、、、!


紐の輪っかとか、塗装で潰れちゃっているのが惜しいですね。
塗りのはみ出しとかはあまりなくていいのですが、プライズの限界かな〜


袖の端部分にはマーキングが入っています。これは家紋かな?


右腕側も。


この扇子の配色はこれで合っているのか?!
主に羽根の部分が、、、白一色ではなくてゴールドのグラデ入り?それともマスキング不足により自然とこんな感じになった?うーん、わからん。


下半身はミニスカ。そして腰帯の周りも情報量が多くていい感じ〜
ヒラヒラした部分が多くて好きなんすねぇ、ひふみん。リボンも何気に多い!


髪の毛に隠れてほとんど見えませんが、腰帯がゴールドでかなり豪華です。


ミニスカからあらわになった太ももは、細すぎず太すぎず程よいむっちり加減で素晴らしい。
省略されがちな膝のグラデもちゃんと入っており、ポイントたかし!

さらに太もものアイテムとの段差が、より太もものセクシーさを引き立てています。


足元はちょっと安っぽいかな〜まぁこの辺りはテカりをどう捉えるかによりますね。
あと成形色丸出しの足袋とか、もう少し抑えて欲しかったですね!ただ金色の鼻緒とか、厚底とかはギャルっぽくていいと思います!笑



台座はシリーズ共通のレコード風。プライズっぽさも若干ありますがオリジナリティに溢れていていいですね、


短い割に足をクロスしているせいか、あまり見えない下着部分。
しっかり白です。


お尻部分はかなーりセクシー。
Tバックとまではいかないですが、かなり食い込んでいますよこれ!
お尻のお肉のタブつき具合もGOOD。このフィギュアのハイライトかもしれない。。。



もう1ショット。自粛期間で厳しい世の中ですが、この光景だけは大事にしていきたいですね。。。世の中。


あと、これくらいの角度から見ると背中もしっかり見えます。意外と肩甲骨周りとか気合が入っており、隠すには惜しい背中ですね〜


おまけで、耳の造形とかも。





























大きさ比較。大体1/8くらいかな?

以上でした。成形色が目立ってしまう部分が多いのは残念ですが、それを補う程の造形の良さ、コンパクトに纏ったデザインが良いフォギュアでしたね。

これは2016年にリリースされていますが、このフィギュアを見るとプライズはもう何年も革新的な進化は遂げていないんだな〜と思いました。2015年くらいで完成していた気もしますね。
逆に言うと、それくらいから完成品との差がそこまで無くなってきて、プライズのフィギュアが爆発的に増えてきたと言うことですが、、、

昨今のプライズフィギュアが非常に多いのは嬉しいですが、そろそろ全体のクオリティアップも期待したい所ですね!原価的に厳しいと思いますが、楽しみにしています!と言う事で、このヒフミはぜひオススメのフィギュアですよ〜

amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram