フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

機動戦艦ナデシコ ホシノ・ルリ The prince of darkness プレミアムフィギュア

セガプライズより「機動戦艦ナデシコ ホシノ・ルリ The prince of darkness プレミアムフィギュア」のレビュー。

発売日:2018年7月
価格:プライズ
スケール:NONスケール(約22cm)



前置きとして、この時代にルリルリのフィギュアが出た!というだけで評価が甘くなる事をお許し下さい。

一世代前のオタクには刺さりまくる元祖萌えキャラこと「ホシノ・ルリ」のプライズが登場。こちらはTVシリーズのルリルリではなく、劇場版の艦長服姿です。恐らくルリルリのフィギュアってかなりの数が造られたと思うのですが、時代が時代だけにPVC完成品は少ないんですよね。

こぞってガレージキットが多かった気がします。なので今でも手に入れられるルリルリのフィギュアは意外と数が少ない。立体化は多数されている(はず)だけど、目にする機会はあまりない珍しいキャラクターですね。ただ、ナデシコ放映当時の爆発的な人気があった事は間違いないですね(主に変態紳士の方々からですが)。
























お顔。「電子の妖精」ここに現る!。。。かわええですな。

フィギュアとしての出来は、正直「凡」レベルです。個人的には。それは原型の点からではなく、どちらかと言えば塗装や品質の面でですが。。。表面処理が粗かったり、塗装ハゲ、飛び散りなども見受けられます。一般的なプライズレベルですね。

しかし!最初に申し上げた通りこれは「ルリルリ」のフィギュアなのです。もうね、その時点で「凡」なレベルから「特上」レベルですよ。こんな16歳がいますか!



90年代アニメによく見られる、まつ毛多めのキラキラお目目。TV時代の「バカばっか」な表情ではなく、ヒジョーにおしとやかな表情をしております。ポージングも相まって極上の癒しです。

アイプリントの精度はまぁまぁ。色数は多いですがのっぺり感はどこか感じますね。
ここはプライズなので多少仕方ない所ではありますが。。。


どの角度から見ても破綻のない造形だと思います!
あとは、ルリルリにしては肌が黒いですね。あくまでルリルリにしてはなので、通常のキャラクターでは標準的な濃さです。

というかルリルリは特に劇場版のキャラデザではこんなアニメちっくな寄りのデザインではなく、もっと線が多くて細い「繊細なキャラデザ」をしているのが多いんですよね。勿論アニメーターによるのでしょうが、とても16歳に見えないデザインがほとんどだったりしますw



特徴的な前髪。この薄いブルーの髪色も人気だったなぁ。
近くで見ると塗装の表面処理が甘かったり、バリが残っていたりしますが遠目で見る分には気になりません。


ルリルリと言えばなぜなにナデシ、、、ではなくこのツインテールだよね!
ツインテールは別パーツになっており、折らない様に配慮がなされています。シンプルな造形ですが特徴はしっかり捉えている様に思います。



ツインテールの外側はほとんど白で、グラデーションが結構キツめに入っています。


毛先まで繊細な造形ですね。この辺りを型抜きするのは大変そう。。。


ルリルリって巻き毛だっけ?本体はそこまでですが、このツインテールのおかげで結構スペースを取るのが辛い所。


このピョロっと出たもみあげにノスタルジーを感じるんですよねぇ。
何か90年代、いや80年代後半から90年代前半にかけての雰囲気というか。漫画で言うと「電影少女」みたいなね。わかりますか、これ?笑

それはそうと、結構耳が大きいんですね〜


割と鼻筋はクッキリと通っていると思います。
口のラインが真ん中で切れているのは表現の仕方だと思いますが、ここは繋がっていても良かったかなぁ。


金色が多い服装って、ゴージャスだよね。
艦長服なので当然ですが、露出は極力少ないデザインとなっています。


かなりデザインチックな艦長服。グラデはありませんが、白の部分は全体的にパール塗装が施されています。


ちょっと造形がダルい気もしますが、兼ね許容範囲。
と言うかマジでどんなデザインなんだこれ。。。ネルガル重工のセンスには脱帽ですなぁ、アカツキさん。


このルリルリ、ポージングがいいですね。何て言うか前述した表情との組み合わせが「ぽい」と言うか。。。ルリルリ自身、かなりの余裕がある時にしかしないでしょうが。笑


ポージングと艦長服のデザインが相まって、ほとんど胸元部分はわかりません。まぁユリカみたいにボンキュッボンではないので。。。笑


腰元の付属品もちゃんとあります。タイトスカートには、大きめのスリットが。


左手で押さえていますが、下半身は大人びたタイトスカート。丈は結構短めで、タイツを履いてはいるものの割と太ももがしっかり見えるデザインですね。

タイトスカートのシワの加減にこだわりを感じますねぇ。これはフェチい部分になってきそうな予感がしますYO!



背中側は至ってシンプル。TV版ではアキトが主人公、ユリカがヒロインでしたが、劇場版では完全にルリルリが主人公&ヒロインでしたね。まぁキャラ人気以外にも色々ありますが、後に発売された小説などでも語り手をやっていたりするので、そう言うポジションのキャラなんでしょう。



この色のストッキングも時代を感じますね。。。w
赤茶色というか、何というか。かなり細身の足で、肉質的な部分はほとんど感じられません。スラット伸びた「健全的な」おみ足です。


こちらもデザインちっくなブーツ。台座との連結は両足裏のダボでしっかりと固定できます。


台座はシンプルな黒の8角形のベースに、劇場版のタイトル文字が入っています。


このルリルリにはセクシーな部分は存在しないのか?いやいや、そんな事はありませんよ皆さんンンンン!!

それは下半身の後ろから見た写真で起こった奇跡。細いウェストラインから繋がっていく、タイトスカートのヒップライン。。。なんとお尻の形がこんなにクッキリと見えているではないですか。



うむ、素晴らしき眺めじゃ。。。

表面的なエロスではなく、スカートの上から放たれる「着衣のエロス」をここに表現しています。これは上級者向きですが、いつかは気付くでしょう。ここに極上のHEAVENがある事を。。。(死


見れば見るほど、この色味のタイツも悪くないと思えてきたな。。。


タイトスカートの中身。。。ついに電子の妖精の正体が!!

タイツにしっかりと包まれていますが、造形はありますよ。


まぁまぁ。。。言葉はいらないでしょう。














ナデシコと言えば、やっぱり宇宙。それっぽい背景にして撮影してみました。


うん、やっぱりこの背景は似合うな。圧倒的「ギャラクシー」を感じますぜ。


私もそうでしたが、「スパロボ」からこの作品を知った方も多いのでは?
アニメは続編の可能性がないのが残念ですが、今の技術で作成されたナデシコも見てみたいですけどねぇ。。。



大きさ比較。大体1/8スケールくらいですね。

今になってルリルリのフィギュアがプライズで出るなんて、誰が想像したでしょうか?セガプライズ、あっぱれなり!

出来については途中にも書きましたが、プライズの中でも「凡」です。突出してよく出来ているなぁと感心する部分はなく、セクシーな表現やグラデーションなどもありますがあくまでプライズの中での出来です。むしろ表面処理の荒さなどの方が気になってしまうかもしれない。。。

しかし。このフィギュアの価値は「これが世の中にプライズとして出た事」だと思うんですよね。なのでその時点でほぼ評価は決まっているというか、満たされましたね。なんだか小難しい表現になってしまいましたが、ポージングや表情もルリルリの劇場版の決定版かと思います。あくまでプライズの中でですが。

そして、あわよくばTV版のオペレーター着の立体化もぜひして欲しい・・・やはりあちらのよりロリで、より「バカばっか」なルリルリも欲しくなってしまいます。どこかぜひリリースしてください・・・セールスは別として!笑

amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram