フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

ドラゴンボール超 孫悟空FES!! 其之二 孫悟空

バンプレストより「ドラゴンボール超 孫悟空FES!! 其之二 孫悟空」のレビュー。

発売日:2017年9月
価格:プライズ
スケール:NONスケール(約20cm)
原型師:中澤博之



シーンとしては、ベジータとの戦闘にて初めて界王拳を披露したシーンですね。

こちらの悟空も同じシリーズでカラーリングが2種類あり、こちらの通常カラーと界王拳Ver .の全体が赤っぽくなった配色の2種類があります。























お顔。まだ青年期の悟空の為か、かなり幼い顔をしている様に感じます。通常悟空の中でも屈指の出来では?

特に青年っぽい絶妙なニュアンスを再現したフィギュアの中では、決定版クラスだと思います。ポージングが少し特殊なのが残念ですが、出来の良さに全然許せますね!笑


髪の房は結構太いですね。ちょっと好みが分かれるかもしれません。黒髪なのでグラデはありませんが、所々にシャギーを入れる事で間延びを緩和させています。


白目の部分が直線的でありつつも、眉毛側の部分が少し曲がっているのが特徴。なかなかの技術ですなぁ。。。

地味に目の下のシワも、適度な量で素晴らしい。これが少なすぎても多すぎても変に見えるので、結構大事なポイントなんですよね。


前髪が浮いていない為か、もみあげまで一体成形で構成されています。
耳がしっかり角ばっているのが中澤造形の特徴。


破れかけの道着。本来のシーンとは違いますが、これはこれでいいですね。

道着にはグラデが施されていますが、少しツヤ消し要素が薄いですかねぇ。。。ちょっとテカりがあるのが残念ですね。造形自体は良いです!


鍛え抜かれた筋肉美。グッと拳から力が入っているのが伝わってくる造形ですね〜


こちらも一応。リストバンドにもしっかりグラデが。


相変わらず指の造形が素晴らしい。今回は握り拳なので余計に気になる部分ですが、ペタッとなる事なくしっかり型抜きされていると思います!


頼れる背中。アンダーシャツは青の上から黒っぽい塗装になっており、どちらかといえば暗めな配色ですね。

オーラはありませんが、全体的に逆立った道着の造形がいいですね。道着の破れ具合もリアル感があります。


腰紐にしっかり引っ張られているという、シワの流れも完全に再現。


腰帯はまだ細いタイプですね。こちらも動きのついたものになっています。


意外と難しい股関節部分の造形ですが、違和感なく造形されていると思います。まだ何となく身体の線が細いですね。笑


ちょっとこの辺りの道着のシワ含め、固めの造形かなって感じがしますね。好みは人それぞれですが、私はいいと思います!


ブーツのラインは黄色。これはアニメカラーを準拠にした感じですね。原作では基本的に赤が多いので(例外もあります)。

短いブーツの紐も見事に逆立っています。笑


しっかりブーツのラインに段差があるのがいいですねぇ。


こちらもアンダーシャツ同様、青の上から黒でグラデが表現されています。

















界王拳カラーっぽく撮影してみました。


「見せてやるよ・・・界王拳を!」


踏ん張り耐性のフィギュアって意外と少ない気がする。





正面から見るのが一番格好良いですね!


大きさ比較。

以上でした。界王拳を発動する体勢というのが珍しい、通常悟空でした。出来は言わずもがな素晴らしい。通常悟空を探している方には間違いなくオススメできますね!

もう1種類の界王拳カラーもオススメです。このシリーズは個人的にかなり良かったので、是非今度は「エネミーFES」みたいな感じで敵キャラを中心に中澤氏に造形してもらいたいものです。

amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2021 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram