フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

FA4 ラストエグザイル LASTEXILE GrandStream

アルターより「FA4 ラストエグザイル LASTEXILE GrandStream」からクラウス・ヴァルカ 胸像
ラヴィ・ヘッド 胸像
のレビュー。

発売日:2006年10月
価格:680円(税込)
スケール:NONスケール(約10cm)
原型製作:稲垣洋/足立暁/山本洋平



クラウス・ヴァルカ(胸像)

村田蓮爾氏がキャラクター原案を務めたアニメ「ラストエグザイル」より主人公。アニメは独特の雰囲気もありつつも、綺麗に収まったアニメとして面白かったです。

2000年代初頭のアニメですが、その後2011年に続編「銀翼のファム」も放映されました。そちらはまだ見ていませんが。。。笑
アルターがまだトレーディングフィギュアを出していた頃ですね。


ラインナップは今回紹介する胸像2種の他にも、ガンシップだったり胸像じゃ無かったり2体鏡合わせだったりと、スケールも形式もバラバラなのがたまにキズ。

全員が胸像だったら集めがいもあったのですが。。。今では高騰している為、なかなかお目にかかれないフィギュアだと思います!


ラヴィ・ヘッド(胸像)

ヒロインの1人。もう1人のアルヴィスも欲しかったのですが、売っていなかった。。。

のんびり屋な性格のクラウスを引っ張る、元気な少女。どちらも15歳というのがなんとも村田蓮爾氏のデザインにぴったりですね〜





ラインナップの中でこれが当たり!となるのは恐らくアルヴィスなのですが、この2体の胸像も素晴らしい出来です。

アルターらしくこの頃からしっかりした造形と、元絵に忠実な再現度が見ていて惚れ惚れしますね。


クラウスは特に「目」がいいですね。とろんとしていながらも、やる時はやる漢の目ですよこれは。。。!


髪の毛の動き、柔らかい雰囲気の彩色など、アニメの雰囲気もしっかりと再現。胸像というのもサイジングに思い切った表現で正解かと。


衣装の細かい造形にも注目。中々このレベルでジップやボタンはヤヴァイ。。。!
何となくですが、一般流通ではなくWFなどでモデラーが個人で販売していそうな雰囲気がプンプンしますね。笑



グラデや墨入れなど、丁寧な仕上げですね。


ゴーグルにはクリアパーツを使用。

クラウスは続編で車椅子に乗って登場という、なんとも悲しい結末になっているんですよね。なぜそうなったのかは明記されていませんが、また空を飛べる様になって欲しいものです。



おっとりしたクラウスの雰囲気とは対照的に、こちらは元気いっぱいの表情!

まだ少女らしい丸みを帯びたフェイスラインや、短い前髪が何とも可愛らしいですね〜


髪の毛の流れが動きがあっていい感じ。
少し口周りの墨入れがクドい気もしますが、実物はそんなに目立たないので大丈夫かと。


実は段差をつけたボブカットでした。細けぇ〜

しかしスケールフィギュアでアルヴィスやディーオは立体化されたのに、クラウスが立体化されないのは何故。。。あ、一応ラヴィは2体セットで立体化されました。そちらの出来も素晴らしいので手に入れたいですが、中々プレミアが付いており難しい。。。


年相応な身体付き。これぞ村田蓮爾氏の真骨頂ですねw
何となくな肌色面積の多さに、少しドキッとします。


細かい部分のシワの再現度がいいですねぇ。
リボンは別パーツで作って欲しかったな。


背中にキズがあったのが残念。
あとは胸像なので仕方ないですが、腕がぶった斬られているのが何かちょっとホラーw


クラウスにはやはり空が似合いますね〜


村田蓮爾氏の立体物がもっと増える事を願います。画集のオリジナルの女の子を立体化したトレーディングフィギュアとか出ないかなぁ。1箱1,000円くらいでいいからこのクオリティで出して欲しい!



大きさ比較。飾りやすいサイズ感。

以上、2種類のレビューでした。懐かしいながらも、今やフィギュア界の大御所感溢れるアルターのトレフィグ、流石の素晴らしい出来でした。

他のラインナップ(特にアルヴィス)も見かけたら、ぜひ揃えてみたいと思います。原作を知らなくても雰囲気が良い感じで、ちょこっと飾っておけるオススメのフィギュアですよ〜

amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram