〜燃えと萌えと、時々オモチャ〜

FF7REMAKE 発売記念くじ A賞 クラウド・ストライフ

スクウェア・エニックスより「FF7REMAKE 発売記念くじ A賞 クラウド・ストライフ」のレビュー。

発売日:2020年3月4日
価格:1回770円(税込)
スケール:NONスケール(約22cm)



スクエニの大ヒットゲームのリメイク「FF7 REMAKE」より、主人公のクラウド・ストライフがフィギュアで立体化。

くじの中ではA賞という、一番上位の賞になっています。ただし入数は3個とB賞のエアリス、C賞のモーグリぬいぐるみと変わらないという可愛そうなクラウドさん。。。w

リメイク版クラウドのフィギュアは当サイトでもレビューした「プレイアーツ改 クラウド・ストライフ」があります。あちらが約2年前に発売されましたが、衣装や見た目に大きな変更はないはず。。。あちらは外国人顔でしたが、こちらはどうなっているのでしょうか?
























御尊顔。一番最初に公開された公式のサンプル、そしてつい半月前に訪れた東京スカイツリーに展示されていた最終サンプルと比べると、、、まぁ順調に劣化しましたなぁw

いや笑い事ではないんですけどね、スクエニの飼い犬の私としては想定内の出来事すぎて笑っちゃいました。てへ。
そもそも東京スカイツリーで見た時点でかなり公式と違う顔になっており、その時点で嫌な予感はプンのプンだったんですよね〜

主に公式のサンプルと違うなぁと思う所は、
・髪の毛が浮いていてヅラに見える
・アイプリントが公式はボカされていているが、実物はペトっと貼り付けた安っぽい感じになっている
・唇の塗装が追加。
・そもそも顔が細長い気がする

主にこんな所ですかね〜。



切れ長の猫目。「君なんか写真と違うくない?」って位にキツい顔になってしまっています。。。笑

アイプリントの精度はまぁまぁといったところ。瞳の色は一番内側が黒、そこから外に緑、青の順番になっています。魔晄を浴びて青くなった瞳ですね。


鼻筋は半端なく通っています。これは公式もノーズシャドウバリバリだったので違和感はないです。

まぶたのピンクのラインや、目尻の仕様が全然違うんですよね〜
あと眉毛の色が薄い気がする。やばい、文句を言うと止まらないw
でも期待してたんだよぉ〜正直ぃ〜!めっちゃダメって訳でもないけどサァ。


鼻の穴もちゃんとあります。唇の塗装は、あってもなくても良かったかな。ジェノバ・サンプルとしてはもっと血色悪くて良かった気もするけど。笑

まぁ顔に関しては公式が超イケメンだとしたら、実物は地元にいるちょっとイケメンの気のいい兄ちゃん、でしょうかw
プレイアーツ改の顔がリアル顔に全振りだったのに対し、こちらはリアルとゲームの中途半端な所を取っちゃった、という感じDEATH。



髪の毛の造形は公式とほぼ同じですが、先述した通り顔のパーツとの合いが悪いのか、浮いた様に見えます。若ハゲと言われても仕方ない。。。

エッジがダルい部分も散見されますが、そこはスクエニクオリティ。私ほどの人間となるとビクともしません。笑


横顔イケメンすなぁ。バリが残っていますが、そこがスクエニクオリティ(2回目)。


プレイアーツ改にはなかったピアスがちゃんと塗装されています。これはいいですね!

何故かプレイアーツ改はピアスがなく、あれ?となったので、ちゃんと公式ではピアスしていて良かったです。造形は別としてw





相変わらずのチョコボ頭。ゲーム本編と比べると黄色味が強いかな。。。実際はもっとプラチナっぽい髪色をしていますよね。


ボディ部分。こちらも公式と比べると若干モールドが甘くなっている気がしますが、兼ねいい出来だと思います!

スクエニの衣服に対するクオリティのコダワリは並々ならないものがありますからねぇ。。。それを顔に回してくれよ、と思わない日はないのですが?笑


ニットの質感やシワの加減が素晴らしいですね〜
太っている訳でもないのにめっちゃニットにシワがあるw

サスペンダーの造形や艶消し具合も、いいですね!


肩アーマーはプレイアーツと比べると簡素な作りになりましたね。ボコボコ具合は相変わらず。

薄い鉄のプレートを加工したかの様なペラペラ具合がナイス。塗装の発色はなかなかクール。


この3本のボルトの配置や数に、ものすごいコダワリを持っていそうなクラウドさん。ザックスや他のソルジャーとは明らかに違う、ファッションセンスの良さが光ります。


左腕のガントレット。包帯部分の墨入れがなく、ちょっとノッペリした印象を受けます。こちらはプレイアーツ改の方に軍配が上がりますね。


ただ、折り曲げた指の部分の造形が半端ないです。この部分の造形好きだなぁ。。。どんだけニッチな所見てるんだよってね!


しかし初期のクラウドの装備の「ブロンズバングル」の説明文が「どこにでも売っている」的な悲しいのはどうかと。笑
せっかくソルジャーで主人公なんだから、もう少し特別感のあるものにしてあげてもいいのに。。。



肌部分は全体的に艶消しがしっかり行われており、マットな印象。細いながらなも筋肉は強調されており、細マッチョながらも頑張っています!


プレイアーツ改は可動フィギュアなので、どうしてもポージングに制限があります。しかしこういう固定フィギュアだと勿論ポージングは限られますが、見た目の美しさがあるのがメリット。


ソルジャーは脇毛が生えないのか?!w
そもそも制服がノースリーブのニットの時点で脇毛禁止な気もするし、魔晄を浴びたら抜けるのかな?


右手にはバスターソード。もう親の顔より見たポージングですわい。


その時々により、バスターソードのデザインは変わります。初期は細かい目の布は巻かれていないタイプでしたが、こちらは上からグルグル巻きになっているタイプ、個人的には初期のデザインのが好きだったなぁ〜という印象。



マテリアの穴は2つあり、今回は装着されていません。
バスターソードはプラ製で軽く、経年劣化の心配はなさそう。

公式と比べると角度が少し変わっており、後ろに場所を取る様になってしまいました。。


ザックスより受け継いだ、思い出のバスターソード。クライシスコアの時からデザイン違うくない?というツッコミは無しでお願いします。

何か大事な物の割に刃こぼれしていたりボロボロなんですが、、、クラウドの使い方が悪いのか、ザックスの問題か。。。アンジールが泣いてるぞ?


刃こぼれ〜刀身に傷もいくつか。
刀身のグラデが美しいですな。


プレイアーツ改では、背中の丸の部分にバスターソードを取り付けて固定しましたが、こちらは別パーツとなっています。バスターソードのマテリア穴も開いていないので、特にそういうギミックもありません。



若干腰を左に捻っているので、コルセットとベルトの中心部がズレているのが分かります。ニットとベルトとズボン。それぞれの質感の違いが明確なのが素晴らしいですねぇ。


コルセットの裏側にスクエニマーク。腰ほっそ!
お尻の部分に2つのポケットが付いています。もう引っ込んでいるんじゃないかって位小さいケツ!


ズボンの質感がゲーム本編と遜色ないレベル。シワの加減やダボつきもいいですね〜


上半身のニットが暗いネイビーに対し、こちらは黒。
ソルジャーの服って、どれが正式なカラーリングなんですかね?

ナンバリング版クラウド→上下明るめの紫
クライシスコア版ソルジャー1st→上下黒
クライシスコア版ソルジャー2nd→上下紺
クライシスコア版ソルジャー3rd→上下紫

ん〜上下は基本同じ色のはずなんですがね。ちなみにプレイアーツ改クラウドは、一般流通版が上下黒、公式通販限定版が上下紺でした(と言ってもほとんど変わらないけど)。となるとこのクラウドは。。。?



膝裏からのダボつき具合が良い!鳶職が履いているニッカポッカみたいに見えてくる。笑


ブーツは極めてシンプルなものに。


台座とは両足のダボでしっかり接続できますのでご安心を。


あれ、ブーツの後ろに引っ掛ける部分が追加されている?プレイアーツ改にはなかったですね。


こちらも質感は高級感があって良いですね。


何故ベルトが2つ付いているのかとか、そもそもベルトの意味はあるのかとか聞いてはいけません。。。いけません。。。


台座は全種類共通の黒の8角形。こちらも極めてシンプルです。
正面部分にゲームのネーム入り。


























大きさ比較。約22cmなので1/8スケール位かな?

以上、A賞のクラウドさんでした。個人的には残念ですね〜スカイツリー展示の時点で嫌な予感はしていましたが、「いや、もしか現物はよくなっている可能性も?」と微かな希望は持っていたんですよ。

しかし実際はそのままリリースされ、まぁ公式詐欺レベルのいつものスクエニでしたねぇ。手に入れられた事は満足していますが、とにかく顔が!私に、、、リペイントする技術をください、、、

逆に言うと顔以外は特に気になる部分はなく、むしろ服の造形とかリアルじゃね?って位に頑張っています。台座の安っぽさは否めませんが、トータルで見るとそこそこな出来なんですよね。「こんなのクラウドじゃない!」と言うよりは「あれ?なんかクラウドのコスプレ?」って感じです。それが許容できる方には十分オススメ!笑

ただ個人的に初めてクラウドのフィギュアを手に入れるならプレイアーツ改版をオススメ!笑

amazonで購入する
1つ星 (1 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram