フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

アミューズメント1番くじ ドラゴンボール超 SUPER MASTER STARS PIECE THE SON GOKOU D賞 TWO DIMENSIONS (二次元彩色)

バンプレストより「アミューズメント1番くじ ドラゴンボール超 SUPER MASTER STARS PIECE THE SON GOKOU D賞 TWO DIMENSIONS (二次元彩色)」のレビュー。

発売日:2016年4月
価格:1回5,000円
スケール:NONスケール(約34cm)
原型師:山下マナブ
彩色:広瀬裕之(デコマスラボ)



ドラゴンボールでプレミアが付いているフィギュアは数多くありますが、最も有名なのはプルーヴィーの親子かめはめ波ではないでしょうか?会社が一度潰れた為に再販は絶望的となり、当時はまだ有名ではなかった中澤博之氏の傑作として名高いフィギュアです。

当時の私はお金の都合で買えず、それを未だに後悔しております。笑
しかし、私にとって1番思い出深いドラゴンボールフィギュアはこちら。伝説の二次元彩色の悟空です。

以前に運営していたブログでもレビューしたのですが、改めて撮り直してみる事にしました。そして撮り直してみてやはり素晴らしいフィギュアだという事に気づかされましたね。

なぜこの悟空が思い出深いのかは、ブログに書いておりますので是非読んでみて下さい。当時の記事の中でもかなり気合を入れて書いた気がします。笑

彩色は広瀬裕之氏。これの以前にプライズで出たMSP 孫悟空の彩色も担当されています。その他多数のフィギュアの彩色を担当されており、結構ファンなのであります。
























顔。基本的にベースに3色のカラーで展開されており、非常に練られた配置だと思います。例えば肌の色も、3色のベージュを使い分けて塗装されています(顔に関しては)。



フリーザ編のキリッとした表情、シビれますねぇ〜
この斜め上の視線がたまりませんね。元絵は連載時のカラーの扉絵なのですが、それと比べると流血が無かったり足の開き具合が変更になっています。



反対側から見ると、ほとんど肌が浅黒い部分しか見えませんw


目の輪郭を縁取りしたら二次元彩色ではなくなる。。。か。
元は10分の1で当たるこのフィギュア、5,000円から今では最低80,000円ほどになっています。ヒェ〜

しかしそれくらいプレミアが付くのも納得です。それくらい造形と彩色の手間がかかっている。家宝レベルですよこれは!






横顔もバッチリ決まっています。もあみげの造形も何とも力強い。


髪の毛も黄色3色で塗装されています。ゴジータの二次元彩色は3色から2色になっており、デコマス詐欺だと話題になりましたが、そこは初代SMSP。とても丁寧な塗装になっています。



初期の超サイヤ人にありがちな、ソフトクリームヘアー。
全体的に束感が太く、線は割りかし控えめになっています。それでも多いけど。笑



それ故に頭が大きく見えてしまうのは仕方ないのかもしれません。


ボディに関しても陰影を表した塗装に仕上げられています。
近くで見るとフィギュアらしさが出てくるのですが、遠くで見ると本当に絵の様に見えてしまうのが凄いところ。



筋肉の造形は山下氏特有の、シワ多めになっています。
乳首の造形もあり。腹筋の横の部分の筋肉の造形が好みです。


道着とボディは別パーツ。ちゃんと隙間があります。


筋肉のテカり具合が彩色で上手く表現されていると思います!詳しい事はわかりませんが、見る分には全く問題ないのです。笑



ボロボロのリストバンドの上下で、肌の色が違います。腕は成形色に2色塗装ですが、拳の部分は塗装ベースの上に1色重ね塗りされています。



上腕二頭筋の盛り上がり具合が半端ねぇ。
細かい線が多く、血管の浮き上がりも多くてちょっと好みが分かれるかもしれませんね〜


右側も同じく。
こちらは腕の部分から塗装ベースの部分があり、数えると4色塗装になっています。すんげぇ工程が多そう。。。





漢の背中。マットな質感が写真からも伝わると思います。


下半身部分。ちょっと成形色のオレンジが明るめの色で浮いているのが少し残念かな。
それ以外は兼ね満足な部分です。


しっかり拳を握っている造形に仕上がっています。皮や肉の巻き込み具合が非常にリアル。。w


ボロボロになったズボンの間から見える足にも、しっかり二次元とそうが施されています。


これどうやって造形するんですかねぇ。。裸の状態から道義を接着していくのでしょうか。そうなると空間、隙間を作るのがめっちゃ大変な気がするのですが。。。


ものすごく血便してしまっている訳ではありません。あくまでも二次元彩色の表現なのです。


破れ方がベロベロです。


ダメージ塗装がないのは賛否両論ですが、今思うと無くて良かったのかもしれません。綺麗なままの悟空を飾るのもこれはこれでアリかな、と。

足の開き具合に関してはちょっと納得できてませんけどね!まぁバランス的に難しかったのかもしれませんが。。。


ブーツのラインは白。クシャッとした造形が皮の柔らかさをアピール。


右足側も同じく。


靴底までしっかり造形。
台座も付属していますが、無くても結構自立できますので、今回は使用せずに撮影しています。


格好良い。。。上手く二次元っぽく撮影する技術がないのが辛いところ。これぞ宝の持ち腐れ。。。



扉絵の角度。





























今では珍しく無くなったSMSPですが、これが初めに出た時は本当に衝撃的でした。人っていうのは恐ろしいもので、すぐに慣れてしまうんです。

品質に関しても、やはり最初が一番だった様な気がしますね。そしてこの次のベジータのみ微妙な出来に。。。本当それだけが惜しいです。ベジータもかなりプレミアが付いていますが、欲しいとは個人的に思いませんね。


足元だけでも格好良い。








同じような理由で、世間ではプレミアが付いているものでも興味がないフィギュアというのは沢山あります。ドラゴンボールであれば何でも良い、という訳でもないんですよねぇ。

それこそつい最近出たPS4のカカロット限定版がプレミア化していますが、個人的には惹かれないですね。ドラカプの雰囲気が好きな方には非常にオススメだと思いますけどね!


大きさ比較。うーん、デカい。笑

以上でした。どうですかプレミアが付いているフィギュアの出来はw
後世にまで残していきたいフィギュアですねこれは。間違いなく。
思い出補正もありますが、苦労して並んで手に入れたフィギュアなので大事にしていきたいと思います!

もしかしたら市場価値より安くリサイクルショップとかにあるかも。。?是非手にとっていただきたいフィギュアです。オススメ!

amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram