〜燃えと萌えと、時々オモチャ〜

僕のヒーローアカデミア BANPRESTO FIGURE COLOSSEUM 造形Academy vol.6 飯田天哉

バンプレストより「僕のヒーローアカデミア BANPRESTO FIGURE COLOSSEUM 造形Academy vol.6 飯田天哉」のレビュー。

発売日:2020年1月
価格:プライズ
スケール:NONスケール(約18cm)
原型師:RIKI(ACORN)



個人的に、今回の造形アカデミーの中で一番気になっていていた作品です!飯田天哉のキャラクター性からして、四角い角ばったイメージの造形かと思いきや、ところがどっこい。しなやかなポージングが原型の時点で素晴らしいと感じていましたね。

パッケージは共通です。これで残すはかっちゃんだけかな。余談ですが、次の造形アカデミーもデクや轟などキャラクターが被っているのは残念です。


原型師はRIKI氏。元々は映画の造形物を製作されていたそうです。
あまり詳しくは存じ上げませんが、こんな素晴らしい飯田くんを造形してくれた事に感謝!



ポージングからして、ガムシャラな性格をよく表しています。
高さはそこまでありませんが、前後の幅をなかなかに取るのが特徴です。笑























お顔。めっちゃ似ているー!!
いやもう、これが飯田くんの決定版でいいと思う。後にも先にもこれほどまでに素晴らしい飯田くんは出ないはず。。。

ワーコレ除き、大体ハブられるキャラ、飯田くん。一番くじでも全く出ない。デクやかっちゃん、轟にいつも負ける飯田くん。頑張れ!w



何とも生き生きしている表情がたまりませんね。メガネの透明度もいい感じで、しっかり中の瞳も見えます。

首元の接続がなかなか固かったですが、ドライヤーなどで温めてあげるとハメやすくなります。



難しい表情だと思うのですが、どの角度から見てもちゃんと様になっているのが素晴らしい。

口元はめっちゃ食いしばっていますが、八重歯の部分はしっかり描かれているのがいいですね。笑



七三分けですが、サイドの部分は刈り上げです。
そのため、風に煽られた時などはツーブロックの部分が見え隠れ。



流れるような髪の毛の造形がいいですねぇ〜





フルアーマータイプのヒーローコスチューム。白の部分はツルツルした触り心地になっています。


ビシッと曲げた両腕と、のびた指先。先端部分が白っぽくなっているのは、全体的に仕様かな?


手袋部分のシワがリアル。


左腕も。


何だか敬礼しているようなポージングが面白い。笑





しっかり手袋に縫い目があるのが細かい。





お腹の部分には、マフラーが6気筒装着されています。
メタリックの彩色がいい味を出しています。



直線と曲線が入り混じった造形がいいですねぇ。パーツによって同じ形でも微妙に大きさが違うのが細かい。それにより違和感のない仕上がりに。


後ろのパイプ部分。


そしてこの飯田くんフィギュア最大の見所、下半身のアーマー造形!
上半身ももちろん素晴らしいのですが、この下半身のゴツさと躍動感がもうブラボーとしか言いようがない!



アーマーに守られていない股関節周りは、シワの造形がえげつない。


ゴツみが溢れんばかりの脚部アーマー。ゴツいのは男のロマン。
しかもバリバリに角が多いのかと思いきや、意外と曲線が多い造形がまた位じゃないですか。



アーマーらしく、騎士っぽい造形の膝下。
白と金という色の組み合わせもいいですね!



パーツ数の多さが豪華ですね。これを造形するのは噛み合わせなど大変だったろうなぁ。。。



爪先部分は緩やかに曲がっており、この辺がポージングに違和感を感じない原因ですかね。人体の流れに逆らわないように出来ています。






足裏。


台座との背t値部分はかなり少なく、右足の爪先部分のみとなっています。しかし、重心バランスが良いので安定感があります。


台座はいつものスモークタイプ。バンプレストの大会系はこのタイプの台座で共通ですね。

今回の飯田くんは台座よりも前後にはみ出すほど大きいです。笑



スネ裏のゴツい部分の造形がたまらなく好き。
金のブースターが4つも付いているところがゴージャスだぜ!


印字がこの辺に入っています。目立たない部分でイイね。





角度を変えると、一気に鬼気迫る表情に。








下半身のズッシリとした造形がたまらんなぁ。


躍動感が溢れる、角度を変えて撮影するのが楽しい〜!


後ろ姿もバッチリ決まっています。


パースをつけて見ると、これ以上ない位の「俺たちの闘いはこれからも続く!」感w















大きさ比較。この前後の幅の凄さとボリュームが伝わりますでしょうか!

やっぱり改めて実物を見て、今回の造形アカデミーの中で個人的に優勝作品ですね。
勿論、全ての原型師がキャラクターに興味があり、造形されていると思いたいです。しかしこの飯田くんの造形師が、一番気合が入った造形をしていると感じました。それは言葉では表しにくいですが。。。

あとは単純に出来の良さ。アーマーというと直線や機械的な表現が多くなりがちですが、上手く曲線や丸みを持たせており全体の印象が見事に緩和されています。ボリュームもあり、満足!

飯田くんファンは必ず手に入れましょう。そしてヒロアカ好きの方にもオススメ。勿論フィギュア好きの方にも。ぜひ!

amazonで購入する
1つ星 (1 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram