〜燃えと萌えと、時々オモチャ〜

ドラゴンボール SCultures BIG 造形天下一武道会5 -共- 其之三 ナッパ

バンプレストより「ドラゴンボール SCultures BIG 造形天下一武道会5 -共- 其之三 ナッパ」のレビュー。

発売日:2015年8月
価格:プライズ
スケール:NONスケール(約14cm)
原型師:高松正慎


前回のラディッツに続いて、ナッパです。もうこれ以上のクオリティのナッパは出る事はなさそう。。。笑

原型師の方は、あまり聞き慣れない方ですね。普段は名前の公開をしていないのかな?この造形天下一5はタッグ戦という事で、VAROQ氏のラディッツと合わせて飾る事ができる様なポージングになっています。
























顔。これ以上ないくらいにナッパですw

ナッパってネタキャラになりがちですが、出始めの頃はヤムチャもクリリンもピッコロも悟飯も餃子もボコボコにする程の強さだったんですよ!

それがいつからか下級戦士として扱われる様になって、ナッパ好きの私としては悲しい限りです。。。いやそんなでもないか。


欠陥が浮き出た頭部は、見えないスパークが出ている様です。
やたら目を囲うラインが太く見えますが、頭髪の分の男性ホルモンがここに回ったのかな?笑

髭のモジャモジャはプライズって感じですが、少しリタッチすれば化けそうですね。


スカウターはラディッツのものと形は同じですが、色が違います。
スカウターを使っているのは原作の中でも祈願が短いので、結構貴重な立体化だったりします。


髪の毛がないので、後頭部の分割戦が丸見えなのが残念ですね。
後ろから見ると首は全くないですな。


造形師が違うので当然と言えば当然ですが、ラディッツよりも血管がモリモリ浮き出ています。くどすぎるアレンジは微妙ですが、ナッパだから許される感じは少なからずありますね!


サイヤ人の中でもかなりの巨漢らしく、ボリュームがすごいお腹周り。
ちょっとヒビが入っているあたりが、餃子の爆発後か。。。とか思ってしまいますね。笑


ラディッツ同様にグラデはありませんが、安っぽさは感じませんね。
ちなみに脇がツルッツルです。戦闘の激しさで毛は生えていないのでしょうか。


ゴリゴリの腕周り。男らしさが素晴らしい〜


爪の造形もちゃんとあります。





漢の背中。


下半身もかなりのドッシリ加減ですね。特に太ももの太さは、もうホットドックか!ていうくらい太いです。笑


ラディッツと比べると、膝の造形などは控えめ。しっかりDBリスペクトがされていたVAROQ氏と、リアルさに忠実なナッパ。どちらも違ってどちらも良い!





尻尾。鍛えられているので、握られても平気です。


セクシーショット。笑

いや、これは後ろがノーガードすぎるのが悪い。。。高速で周られてカンチョーでもされた日にゃもうね、痔が待ったなしですよ。


ちょっと右足は浮いているのがポイントです。
前のめり気味に力が入っているポージングにちゃんとなっているのがいいですね。


























ラディッツと。おお〜満足感が素晴らしい!

この2人を、このクオリティで世に出してくれたバンプレスト・原型師の方々に感謝しかないですね。サブキャラにスポットを当ててくれてありがとう。。。!!


ちょっと気になるのはサイズ感。ラディッツの方が髪の毛のボリュームがあり、かつ大きく見えるのは気のせいか。。。

いや、実際はナッパの方が当然ズッシリしているのですが、もう少しナッパは大きいと迫力出て良かったかな〜と!



戦闘服の色が違うのは、原作でもそうでしたし仕方ないですね。ラディッツのだけやけに茶色いんですよね〜











大きさ比較。

これぞナッパの決定版です。全国のナッパファンの皆様はマストバイですよ。それ以外の方は「何この筋肉ハゲ?」ってなりますが、よく見てください、その造形の素晴らしさを。。。ほら、欲しくなってきたでしょう?笑

何はともあれ、プライズですが非常にオススメですよ!

amazonで購入する
1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram