ラブライブ! 絢瀬 絵里 ハロウィンVer.

アルファオメガ(アルター×メガハウス)より「ラブライブ! 絢瀬 絵里 ハロウィンVer.」のレビュー。

発売日:2016年9月
価格:15,552円(税込)
スケール:1/7(約24cm)
原型師:橋本 涼
彩色:渡邊 恭大 

スクールアイドルプロジェクト『ラブライブ!』より、“絢瀬 絵里”がアルファオメガから登場! TVアニメ2期 Blu-ray&DVD第4巻のジャケットイラストを元に立体化しました。 

“ハロウィンVer.”らしく、いたずらっぽい笑顔や、キャンディをつまんだポージングがキュートな仕上がりです。 オレンジと黒を基調にした衣装や、かぼちゃを模したバスケットに詰められた色とりどりのお菓子も丁寧に再現! チャームポイントであるメリハリのあるスタイルも健康的に造形されています。

公式より引用。アルファオメガは弾数(製品数)は多くありませんが、丁寧な造形と彩色の美しさが特徴のラインです。アルターとメガハウスの共同ですが、値段や見た目はほぼアルターの様なものです。メガハウスの成分はほとんどないかと。笑















お顔。うう、可愛いですね。。。

元々はガレキで販売されていたこの商品、量産品になったとは言え物凄いクオリティです。大人びた感じもありつつ、高校生とちゃんと思わせる顔の丸みや子供らしさを再現した素晴らしい造形かと思います!

アイプリントも非常に精度が高いです。
純日本人ではなく、祖母がロシア人といういわゆるクォーターですね。瞳の色もそれに合わせてか綺麗な青色になっています。

こうして見ると正統派アイドルらしい目の造形ですね〜アイラインが太く、目力強めのキラキラ仕様です。言い方を変えればサンライズっぽい、古き良き勇者シリーズのヒロインみたいな濃さw

ウィンクの表情なのですが、違和感なく仕上がっていますね。
ウィンク顔ってフィギュアではなかなかの鬼門だと思います。

特に目の大きいアニメキャラだと違和感が出やすいというか。。。単純に片方の目を閉じていると開いている目と比べて肌面積に違和感を感じやすいんですよね。なのでバランスが難しい。

前髪のカール具合がいいですね〜かなりパーツが細かいので折らない様に注意が必要です。

ガレキの名残というか、こういった細部にこだわった造形ができるのがいいですよね。初めから量産品だと、型が抜けたりなどの心配も必要ですからどうしても安牌になりがちなのですが。笑

小さい帽子アクセサリー。取り外しはできません!笑

完全ポニーテールかと思いきや、若干耳元に後れ毛を残すという名采配。
ポニーテールだと少し古臭さを感じるのですが、これだとそんなに気にならない不思議。

リボン。

ポニーテール部分は、うねる様な造形が特徴。まるで昇り竜の様な。。。笑

普通に立っているだけだとこういう感じには絶対ならないと思いますが、そこはまぁ、フィギュアのお約束ということで。

2次元のキャラクターは横顔が平坦になりがちですが、このエリチはそんな事はありません。どの角度から見ても完璧なエリチです(謎

金髪っていいですよねぇ。。。改めて。日本人が黒髪というのもありますが、どうしても金髪に憧れというものがあります。特に二次元の美少女だと、金髪にクールキャラとか最高です。男の金髪もなかなかいいと思います、ハイ。

左手にはキャンディーが。どこかサイズはアメリカン。

「ほ〜れ、このキャンディーが欲しいんだろう?」という悪魔の囁きが今にも聞こえてきそうです。

衣装はハロウィンver.という事でかなり仮装感が出ています。しかし私の第一印象は「ハロウィンというか、プリキュアっぽい・・・」でした。笑

胸元のブローチや、配色が何となくプリキュアっぽいんですよね。私はそこまで思い入れがないのですが、プリキュアが好きな方にも寄り添えるエリチのフィギュアです。

胸の真ん中部分にはリボンとカボチャが付いています。ちゃんとハロウィンの仮装だと気づかせてくれる大事なパーツです。

胸元もですが、なかなかに露出が高めの衣装で満足です!!

特に今回のフェチポイント、脇の部分は素晴らしい造形。少し胸を張っているポージングというのもありますが、浮き出た脇のくぼみから胸にかけてのラインがフェチ要素を刺激しますね〜

左側も同じ様にフェチポイントを完備しております。

肩の部分のオレンジのヒラヒラも地味に好きです。オレンジの彩色はカボチャを連想させる鮮やかな色味。

巨⭐︎乳

高校生にあるまじきバスト。なんともけしからん!!
この衣装のフリルの部分が更にいやらしさを増大させている。。。気がする。いや〜たまりませんな!

こんな谷間ができますか高校生で。いや、谷間はできたとしてもこんな綺麗な胸の形になりますか。私には理解できないYO!

造形の部分でいうと、このカボチャのお菓子入れの部分が素晴らしき細かさとパーツ数。ちゃんと腕にかかっているのもいいですね。

中にはお菓子(主にキャンディー)がギッシリ。そりゃこんな美少女にお菓子をもらえるなら何度でもトリックオアトリートしたくなりますよね!

中には某チュッパチャ●スみたいなものも。

そう言えばこのステッキ状のキャンディーって食べた事ないですね。なかなか日本にはないのでないでしょうか?というかキャンディーですよね?チョコじゃないよね?

先ほどフェチポイントを解説した際、ここが今回のフェチポイントと言いましたが少し訂正します。この背中部分もかなりのフェチポイントです!!

大きく開いた背中部分は、もうまさに見放題ですよ。月額料金払わなくても見放題ですよ。

近年のフィギュアにしては珍しく、割とハッキリと造形された背筋と肩甲骨のライン。好き嫌いは分かれがちですが、私はこういった正々堂々とした造形もウェルカムです。ただ、さりげなく造形された、おしとやかな背中のラインも大好物です(死

悪魔の翼に隠された、わずかな背中のラインまで造形されています。

指先は爪造形あり。ネイルカラーはベージュという、珍しいカラーです。

高校生なので、アイドルなので、お腹も存分に見せますよー!
リアルではなかなかの度胸がいる服装ですねこれ。笑

ポッコリ具合は低めですが、適度に鍛え上げられたくびれはなかなかに良い。おへその造形は縦に長め。

背中に比べると、何とも慎ましみな部分なのですが。。。

なんと、お尻のワレメが少し見えているのですよ!何という事か!!
この慎ましき見え方はね、本当に素晴らしい。計算し尽くされている様な気がしますねこの見え方。Japanese Hentaiここに極まれりですよ皆様。

下半身は結構むっちり目。ミニスカートですがタイツを履いているので露出はそこまで多くありません。

ブーツのリボン部分にも、さりげなくカボチャが付いています。

台座はシンプルな黒ベースに、ハロウィン仕様のロゴが入ったタイプ。
プライズと同じベースでありつつも、艶消しマットな質感と、アーガイル調のモノグラムなど、この辺りはスケールフィギュアらしい高級感がありますね。

膝裏の造形もしっかりあるのですが、タイツを履いているので少し控えめな造形に。ただ、タイツも黒一色ではなく、少しグラデがかった手の込んだ塗装になっています。

意外とハイヒール。

ミニスカートながら、少し開いた足に引っ張られて上に上がっている造形がいいですね〜細かい!

お尻の部分がちゃんと浮き上がっている部分も好感が持てます。
スカートの上からでもしっかりとしたエロスを感じることが出来るのも大事なポイントです。

かなりタイトなスカートにも関わらず、下着はかなり見えにくい感じになっています。何ー!
この様に、少し下から見上げるだけでは到底拝むことは出来ません。

この様に、かなり下から見上げないと見えない仕様となっております。はい、白でした!

お尻の部分は恐らくTバックなのでしょう。じゃないとスカートの上からあんなにお尻のラインは出ないはず。。。パンツラインもないですしね。

















大きさ比較。

季節限定感があるかなぁと思いきや、意外とハロウィン感は薄めのエリチでした。アルファオメガの丁寧な造形と塗装に大満足です。

コンテンツ的にラブライブは少し落ち目ですが(現行じゃないしね)、フィギュアの出来としては素晴らしいものなので、これは是非ともオススメしたいフィギュアですね!ただ受注限定品なので、少し高いのがたまにキズですが。。。

amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram