〜燃えと萌えと、時々オモチャ〜

ドラゴンボール超 SCultures BIG 造形天下一武道会6 其之五 超サイヤ人3 孫悟空

バンプレストより「ドラゴンボール超 SCultures BIG 造形天下一武道会6 其之五 超サイヤ人3 孫悟空」のレビュー。

発売日:2016年6月
価格:プライズ
スケール:NONスケール(約20cm)
原型師:伊藤 嘉紀

私がドラゴンボールで一番好きなキャラが、この超サイヤ人3の悟空なんですよ。溢れ出る格好良さと、極悪な顔つきがたまりません。笑

造形天下一も長いシリーズになりましたが、大会の常連の方に混じってこの伊藤氏は初出場(常連のサイトウヒール氏からの刺客という設定)。そして優勝をかっさらい、超ベジータを造形した方ですね。













正面からのお顔は、正直微妙ですw

恐らく元絵は初登場のシーンを参考にされたと思うのですが、アレも角度限定感があったので、仕方ないのかもしれませんね。というか、あまり超サイヤ人3の真正面イメージがない。。。原作でも数コマあったくらいの様な。

あとは瞳の表現ですね。白目の中のグリーンの瞳は、中まで塗りつぶされています。瞳の色もフィギュアによってマチマチであり、なかなか判断が難しい所です。

あとは顔のシワの入れ方が雑い。笑
特に目の下のシワは、ドラゴンボールキャラでは外せない部分なのですが、ちょっと変ですね。。。線!って感じで。

横から見たとき、顎が少し長い様にも感じます。一気に外国人顔みたいになりますね。耳の造形はかなり素晴らしいです!

眉毛がないので、目は奥ばった表現になっています。
少し見上げてあげるくらいの角度がちょうどいいかなとも思います。

ちなみに今回のフィギュア、グラデは一切ありません。そこは不満なのですが、艶消しは徹底されており、プライズ特有のテカリの安っぽさはありません。

右目の真ん中に、縦に向かって茶色の汚れがあります。モノホンのヤ●ザみたいに見えますが、ただの汚れです。笑

この悟のマークはいらなかった。。。!
原作重視であればこれはないはずのマーキング。しかし大会ルールなのか入れないといけなかったんでしょうね。まぁこのシチュエーションの時は天使の輪もないとおかしいんですけどね〜

上半身部分。全体的にダメージが入っています。
艶消しが顕著に現れる部分ですね。胸元の開き具合はいい感じ。後期になるにつれてスリットが大きくなっていった部分。

筋肉の筋が結構強調されています。原作ではそんなにでしたが、まぁめちゃくちゃ力んで変身していたので、アリといえばアリな表現ですね。
肌が全体的に白いのも合っていると思います!



道着のインナー、リストバンド、帯全て青ですが、箇所によって塗装の色が違うのが芸が細かい。

この悟空の1番いいなと思ったのは、この髪の毛のボリューム!
超3といえばこのボリュームですよ。グラデがあればより良かったのですが。。。

特にボリュームもそうですが、一定の方向に向かって流れる様な髪の毛の造形が今までになかったので、より新鮮に感じますね!この悟空で言うと、正面から見て左に流れる様な造形です。

毛束が太いとバナナになってしまいがちですが、結構毛先がシャープなのでちゃんと髪の毛に見えますねw





バナナというかパイナップルに見えてきた。。。

下半身。このお股の所の袋部分が地味に好きです。笑

ブーツはベーシックな青×赤ラインの組み合わせ。たまにラインが黄色だったりするものがあるので安心。



下半身も所々に破れた表現が施されています。個人的にはあまりきになりません。

今回、いつもの台座の他に髪の毛を支える為のスタンドが付属しています(今回は使用していません)。

かなり髪の毛の重量があるので、飾る際には使用した方がいいですね。















大きさ比較。

グラデがなかったり顔の造形が微妙な部分もありますが、スタンダードな超サイヤ人3悟空が立体化された事にまずは感謝!

そこまで変なアレンジもなく、割と忠実に再現された造形は、原型師の確かな力量を感じました。手放しで褒めるまではいきませんが十分満足しています!オススメです〜

amazonで購入する

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram