〜燃えと萌えと、時々オモチャ〜

ラブライブ! サンシャイン!! SSS フィギュア 渡辺曜

フリューより「ラブライブ! サンシャイン!! SSS フィギュア 渡辺曜」のレビュー。

発売日:2017年3月
価格:プライズ
スケール:NONスケール(約22cm)

ラブライブ!サンシャイン!!ではヨーソロー推しの私ですが、何でもかんでもフィギュアを集めている訳ではありません。

当然出来が悪いものも個人的にはあり、多くはプライズなのですがスケールでもDVDジャケットのスケールものは残念でした。。。
あれはお尻は素晴らしいのに、シチュエーションがプールから出てきた所というかなり特殊な感じで、私は食指が動かなかったのです。。。

どちらかというと正統派のフォギュアを好む私は、こういう制服やステージ衣装みたいなものに弱いんですよね〜笑





















何故か今回、枚数多目に回してしまいました。笑

お顔。かーわーいーいー(ギャル風に)

フリューやセガはバンダイに比べて美少女系が強いですね!こういうキラキラした瞳の作りや、肌の色味を見ているとそう思います。

この曜ちゃんのお顔の良いなーと思った部分は「輪郭」ですね。
表情も曜ちゃんらしくて良い!眩しい笑顔に、骨格がうまくぷっくり膨らんでいて、すごくリアリティがあるというか。

お肌もさすが高校生、ピチピチです。笑
ほっぺたの線は個人的にはあまり好きではないのですが、これくらいのアクセントだと気にならなくて良いですね。

髪の毛はショート気味のアッシュグレイ。先端に行くにつれてウェーブがかった髪の毛になっており、ここも可愛いポイントですよね〜



制服。大きなリボンがセンターにあって可愛らしい。

右手はビシッと突き出しポーズ。制服のシワがいい感じです。

薄いですが、爪の造形と塗装、両方あります。

黄色の制服ってどうなのよ?と個人的に思いますが、アニメの世界ではこれでも地味なくらい?
ダブルの制服ってちょっと珍しいですよね。めっちゃお姫様高校って感じがしますね。

セーラー服ってちょっと昔というイメージもありますが、こんな感じで色味やデザインで今風にアレンジを加えると、程よくオールド感が残っていていい雰囲気になりますね。



スカートもただの一色ではなく、ダブルでラインが入っています。
長さは標準的かな?いや、普通に短いですね。笑

ポーズはお尻を突き出している様な感じ。かといって曜ちゃんはまだ高校生なので、そこまで色気はないです。笑
でもあの水着のジャケットフィギュアはすごく尻を強調していた様な。。。

足は細いながらも筋肉質な雰囲気があり、とても良いです。
というか水泳部ってこんなに足細くない様な気もする。。。笑

膝。

膝。

膝裏!

膝フェチの方のために(私みたいな)、ちょっと暗くしたら分かりやすいですよ。。。膝小僧がね。

今回の曜ちゃんのフィギュアで一番気に入っているポイントかもしれないです。というか気に入っています。素晴らしい再現度。
ローファーと紺色のソックスという最強の組み合わせ。
こう言ってしまうとアレですが、白ソックスにローファーはいかんと思うのですよ。。。どうしても子供っぽさが出てしまう様な気がして。

いや、子供なのは子供ですが、子供っぽすぎるというか。。。分かりますかね。この気持ち!

台座はちょっとプライズっぽい感じが強くて、個人的には微妙です。透明の丸型台座でよかったかな〜って思いました。変ではないんですけどね。。。

曜なのかYOUなのか。

外国人の方はどう捉えるのか、ちょっと気になるところではあります。

曜ちゃんは確か胸はそんなになかった記憶なのですが(それでも現実で考えるとなかなか大きい)、このフォギュアではメリハリをつけて造形されている様な感じがしますね。どちらかというと筋肉質を強調されており、全体的にスタイルがかなり良いです。











白です。

少し塗装が薄い。。。透けているんだけど。。。
特にエロいとかそういう訳ではないですよ、決して!

お尻が結構肉質的でいい感じです♩















大きさ比較。

弾ける笑顔とスタイリッシュな体型が素敵な曜ちゃんでした。
フリューのプライズは景品ながらも、確かな造形のものが多いので、塗装面も含めリリースを増やしていってほしいですね。

フィギュアプライズ界の三国志、バンダイ・セガ・フリューの中でも美少女フィギュアに関しては覇権を取れる実力はあると思うので、期待していますよフリューさん!

この曜ちゃんはスタンダードな制服ということもあり、相場も結構お安めです。オススメ〜!

amazonで購入する

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram