〜燃えと萌えと、時々オモチャ〜

フィギュアーツZERO クウラ -最終形態-

バンダイより「フィギュアーツZEROクウラ -最終形態-」のレビュー。

発売日:2019年8月
価格:9,180円(税込)
スケール:NONスケール(約22cm)

「超激戦-EXTRA BATTLE-」より、クウラが最終形態で遂に登場!
世界観広がるジオラマに、躍動感ある華やかなクリアパーツのエフェクトで大迫力のバトルシーンを再現!!

<「超激戦-EXTRA BATTLE-」とは>
フィギュアーツZEROのかっこいい造形(COOL STYLE)技術を集約し、 キャラクターのバトルシーンの
“最もクールな瞬間”を大胆な造形とエフェクトで再現するシリーズ。

公式より引用。フィギュアーツZEROである事には変わりないのですが、その中でも派生系のシリーズっぽいです。このサイトでは以前に同シリーズの「伝説の超サイヤ人ブロリー」をレビューしました。

ブロリーの時は対になる悟空が発売されましたが、今回のクウラは完璧にやられている悟空が対になるので(笑)、クウラ単体っぽいですね。















お顔。最終形態はもはやフリーザらしき面影はほとんどありません。
バイザーの形や甲殻のトゲトゲ感などは、近未来クリーチャーっぽくもあり、SF感もあって好きなデザインです!

シンプルながらも強烈な印象の作りのフェイスは流石ですね。

先に残念な部分を挙げておくと、塗装が若干雑かなって感じです。
特に顔周りのスミ入れのハミ出しが。。。ここは個体差でしょうけどね。

耳にあたる部分って空白でしたっけ?スカウターみたいな線は入ってなかったかな?
アーマー部分の白は、くすんだ白でライトグレーに近いです。触った感じは陶芸品みたいです。笑

意外と見ることの少ない後頭部。
こうして見るとツンツルテンで、結構可愛い。笑

ボディ部分。ゴリゴリのマッチョです!
こんな逆三角形のシルエットになってみたい。。。



首の後ろ側の筋肉の間に埋もれる、ひし形の部分。。。マッチョな人はこの部分の名称が分かるんですかね?SMSPにもありましたねこの造形。

肩のアーマーの部分が、ちゃんと浮いているのがいいですよね。
これが肩筋にまとわりつく様に付いていたら、割と普通なデザインなんですが。。。

このアーマーが浮いている事で、立体感が出たり、ゴツくて何よりカッコいい印象になり、細かいデザインのこだわりが伺えます。

腕や足、頭のブルーのパーツ部分はクリアパーツ。
透明度はそこまで高くなく、安っぽさがないのがいいですね。



指先までしっかり紫で気持ちが悪い!w
指の造形もこだわりを感じます。爪は黒色です。

下半身はひねりを加えてあり、力強いポージングに見えるのが好印象。しっかり腰を入れて蹴りを繰り出しているのがいいですねぇ〜

ちなみに、股間は結構モッコリしています。笑

蹴りを入れていない方の右足は、グワァーと指先まで開かれています。
クウラの足の指は、フリーザと同じく3本。

膝の造形は、ドラゴンボールお馴染みの立体的な造形。
この膝を見る度に「あぁ、ドラゴンボールの造形わかってるわァ。。。」と感心してしまいます。笑

映画の中ではエフェクトは出ていませんでしたが、そこは3次元マジック。カッコいい感じのエフェクトが巻き付いています。



ピンと張った左足の部分は、強調する様にケツ筋がグワッと凹んでいます。この辺りはすごいなぁって思いましたね。筋肉の流れを見事に表現しているなっていう。

背中の部分もカッコいいんですよ!
このボリューム満点の背中。そして飛び出た2つのツノ。これぞロマン!

アーマー部分は全体的に、細かい線入れが施されており白の間延び感が無くて工夫されています。

尻尾はかなり長いです。長いという事は、場所を取ると言う事です。
つまり、ボリュームがすごい!笑

このクウラ、高さはあまりなくて省エネなのですが、横幅と奥行きがすごい。笑
横はポージング、奥行きはこの尻尾のせいでかなりの置き場所クラッシャーなのは覚悟しておきましょう。



エフェクトは同社の魂エフェクトっぽい造形になっています。
ドラゴンボールのエフェクトというとバチバチした感じのが多いと思うのですが、こういう風を表したエフェクトは珍しいですね。

エフェクトのせいでコントラストがおかしい。。。スミマセン
実物はピンクとオレンジ、黄色の綺麗なグラデーションになっています。

エフェクトに隠れていますが、中の足の部分もしっかり造形・塗装されています♩





台座は岩場っぽいロケーションですね。
爆発のエフェクトのおかげで、単色になりがちな岩場部分も何色かで濃厚なグラデーションが紡がれています。

よくよく見るとカリフラワーみたいなエフェクトですが(笑)、しっかり爆発に見えるのが凄いところ。

フィギュアーツZEROの姉妹品のS.H.フィギュアーツ(可動フィギュア)に合わせられる様に、エフェクト単品で発売されています。それがいわゆる先述した「魂エフェクト」なのですが、結構昔に発売されて品薄な物が多いので、また再販してほしいですねぇ。。。

















白黒にしてもカッコいいですね。











大きさ比較。先述しましたが、高さはそこまでありませんが、横幅と奥行きをかなり取るので注意が必要です。

今までクウラの大型フィギュアは存在していなかったはず(ガレキ以外)なので、これはファンの方にとってはかなり嬉しい立体化なのではないでしょうか?出来も決定版だと思います!

この調子で映画の悪役キャラ(ボージャックやジャネンバ)も立体化していって欲しいですね。バンダイさん、お願いしますよ!

amazonで購入する

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram