機動戦士ガンダムSEED DESTINY シードヒロインズ 前編

バンダイより「機動戦士ガンダムSEED DESTINY シードヒロインズ 前編」のレビュー。

発売日:2005年頃
価格:各420円(税込)
スケール:NONスケール(約10cm)

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY ディスティニーベスト」より、「カガリ・ユラ・アスハ」

今回は番外編で、リサイクルショップにて購入したシードヒロインズのバラをそれぞれレビューしたいと思います。全部で18体あるので、前後編に分けてレビューします。

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY シードヒロインズシリーズ」は、当時放送されていた「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」から立体化されたキャラクターの食玩シリーズ。アニメ前作の「機動戦士ガンダムSEED」のキャラも登場し、人気シリーズだったのか長期シリーズで展開されました。

こちらはシリーズ後期のベストシリーズからのカガリ(初出はシードヒロインズ5)。違いは全体的にパール塗装になり、髪の毛が一部クリアヘアーになっています。

なお、すべてのキャラに台座が付属しますが、円形台座以外は自立する&見栄えが悪い理由で、外して撮影しています。

オーブの制服は、塗装・造形ともによく出来ています。

顔は。。。SEED特有の瞳はいいんですけどね、口元がちょっと微妙かなー?でも、可愛く出来ている方だと思いますよ!毛先がクリアーなのとパール塗装は、まぁ、こんなものかといった感じですw

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY シードヒロインズ ラクス&ミーアスペシャル」より「ミーア・キャンベル」

SEED2大人気キャラのラクスとミーアだけで組まれたラインナップから、ザクの手の平で歌って踊るミーアです。かなり当たりの部類かと思います!

ザクの指はすべて外れるようになっており、親指は両方に差し替え可能です。つまり右手と左手、両方再現できるんですね〜

このボリュームで420円はとんでもないですよ、今だと絶対コスト的に出来ないと思いますw

お顔もパッケージとは違いますが(笑)、可愛いですね。
整形するヒロイン?ってかなり珍しいと思うのですが、整形しても元が悪くても可愛ければOKという事を証明したヒロインですね。

まぁ素行がアレだったので悲しい結末になってしまいましたが。。。一番SEEDヒロインの中でも立体化されてるのを考えると、内容云々より見た目の可愛さなんだろうなと思いました(整形顔でもね)。

下着ではありませんが、このハイレグレオタード、たまらんどす。
あとこのミーアは組み立てるのにかなり苦労しました。パーツ分割が多いのもシードヒロインズの特徴です。

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY ディスティニーベスト」より「ステラ・ルーシェ」

このステラは初めのカガリと同じ弾のもので、リペイントされたものです。初出は同じくシードヒロインズ5。



お顔。ステラらしい、ぼーっとした感じがよく出ています。笑
つかみ所のないキャラって感じで、私は割と好きでしたね。髪の毛はカガリほどクリアの感じはなく、特別感はないかも。
なお目閉じ顔が付属します。ちょっと微妙。。。

シードヒロインズといえば、やたら下着が見える造形なのも特徴の1つです。笑

このステラは明るめのグリーンでした。ん〜このシーンって本来は白の下着の設定だったような。。。小さいリボン付きですw

お尻。シワは適当ですが、お尻の下のだぶつきはなかなかのものです。。。

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY ディスティニーベスト」より「ルナマリア・ホーク」

こちらもベスト版から。初出も同じくシードヒロインズ5。どんだけヒロインズ5からベストに入っているんだって話ですね。笑



交換用表情&前髪&両腕パーツが付属。なかなか豪華ですね。
しかしポージングはなかなか謎です。表情もそんなに嬉しくない感じw

顔は前髪に隠れてあまり見えませんが、結構似ているかも。大きめの瞳が可愛らしいです。

髪の毛は一番クリア感があるかもしれません。髪の毛のなびき方がなかなか綺麗です。

こっちの表情の方がルナマリアっぽくて良いですね。「ヒャッハー!」って感じがしてw

下着?は公式になぞって紺色(ブルマ)です。

下着じゃなくブルマと分かった途端、ときめきがなくなるのは何で何だろう。。。

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY シードヒロインズ6」より「ラクス・クライン」

ようやく正ヒロインの登場です。笑 艦長服という、謎の出で立ちで登場。座り姿勢なので高さはありませんが、上着の裾が後ろに広がっていて幅が結構取ります。



上着を外すことができ、軽装ver.を再現できます。忍びの格好っぽいのにズボン履いていない。。。ピンクハロが付属します。

お顔は。。。ちょっと厳しいですね。艦長っぽい少しキリッとした表情なんですが、焦点が合っていませんw

ミーアとの違いは、髪飾りと、ミーアがストレートヘアーなのに対し、ラクスはウェーブヘアーです。
ピンクハロは小さい割に、耳の中身までよく出来ています。

なんと驚異の3分割が出来ます。これにより座り姿勢でも下着を拝むことが可能!なんというこだわり。。。

ちなみに両足も取り外し可能。下着はパープル。

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY ホークシスターズスペシャル」より「メイリン・ホーク」

ラクス&ミーアスペシャルの他に、ホーク姉妹だけで構成されたラインナップのスペシャル弾がありました。その中から、ルナマリアの妹のメイリンが、脱走した時の衣装で登場。いつものザフトの制服とは違い、より素っぽいメイリンですね。髪型も違います。



いつものツインテールより、絶対この方が可愛いと思うんですけど笑
お顔は、なんか右目はメイクバッチリて、左目はノーメイクな気がするんですがwアイラインの太さがそんだけ違うってことです。

服はプラスチック製で、潔く前後で分割できます。その中にはしっかり造形された下着姿のメイリンが!

なかなかにセクシーですね〜
特にブラの部分が結構寄せて上げるタイプのやつみたいになっており、紐がないのが特徴です。

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY シードヒロインズ7」より「ラクス・クライン」
私服姿での立体化。シードヒロインズは後弾になるにつれて造形が劣化していったのですが、このラクスはその顕著な例ですね。少なくとも艦長服姿のヒロインズ6より全体的なモールドも劣化しています。



お顔。怖い。。。頭の形もなんだかオカシイ。

ケープを外したらキャミソールが拝めます。ラクスはバストがそこまでないので、こんな大きさで悲しい事に笑

下着はピンク。こちらも↑のフィギュア達と比べるとなんだか簡素な出来。。。

コンパチで、サインペンと色紙を持った腕に変更可能。
なんとなくこっちの方が雰囲気が出ていて良いですね。

サインはしっかり印刷されています笑

同じく「機動戦士ガンダムSEED DESTINY シードヒロインズ7」より「タリヤ・グランディス」

艦長ですね。首が長くて妖怪みたい。。。こちらもせっかくの立体化なのにあんまり出来はよろしくないです。残念。

台座は今までの支柱タイプではなく、艦長らしく椅子が付属しています。ただし椅子はかなり簡素な出来ですがw

お顔自体はそこまで悪くないんですけどねぇ〜
小顔なのと、首が長いのが原因ですね。

帽子を外した姿にコンパチ可能。あまりこの姿の印象がないのでこれにする事はないでしょう。

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY ホークシスターズスペシャル」より「メイリン・ホーク」

こちらはおなじみの制服姿での立体化。お座りポーズです。このメイリンだけ白化がすごかったです。。。



お顔は結構良い感じですね。惜しいのは、メイリンがそこまで人気がないという事でしょうか。。。(失礼)

いや、ルナマリアと比べるとね?姉と比べるとですよ?

こちらもラクス同様に、驚異のスカート分割が可能です。こちらの下着はピンク。

以上、シードヒロインズ各弾から、それぞれ紹介しました。後半も、チマチマとレビューしていきたいと思います。ちなみに今回はお勧めするものはないので、特にamazonのリンクも貼らないでおこうと思います。笑

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram