TIGER&BUNNY MASTER STARS PIECE THE バーナビー・ブルックス Jr.

バンプレストより「TIGER&BUNNY MASTER STARS PIECE THE バーナビー・ブルックス Jr.」のレビュー。

発売日:2013年2月
価格:プライズ
スケール:NONスケール(約27cm)


虎徹に続き、バーナビーがMSPシリーズで登場。メインを張る主人公的存在ですからね、そりゃ出すでしょう!前回の虎徹は基本的にべた褒めでしたが、バーナビーもそれに劣らない出来です。















今回も専用台座が付属。虎徹の物と比べると、より台座っぽいデザインになっています。しかし、前回の虎徹の時にはあったロゴマークがありません。ここは統一して欲しかったな〜

お顔。よくまとまっているかと思います。
バーナビーは虎徹と比べると作画のブレが大きく、人によっては顔のイメージが結構変わってくるんですよね。

もっとバーナビーは外国人顔だ!とか、もっと女の子っぽい睫毛が長くて面長な感じだ!とかあると思うんですけど、個人的には日本人好みの範囲でおさまる外国人顔のアレンジに仕上がっていて良いと思いますよ!

肌の色も、虎徹が浅黒かったのに対してこちらは美白です。

メガネの透明度も高く、プライズでは潰れがちなフレームも精度高いです。透明度が高いとアイプリントもはっきり見えて良いですね。ちなみに取り外しは不可です。

ちょっと輪郭が四角い気もしますが、兼ね許容範囲。
唇は外国人らしく、厚めです。虎徹とは違い若いので、お肌のシワも全くありません。笑

髪色はくすんだ黄色で、金髪というよりは落ち着いた色合いで仕上げられています。

毛先に行くにつれてグラデーションがかかっており、より暗めの色合いになっています。

このカールの造形ね!かなりプライズにしては頑張っていますね。難しい表現だと思うんですけど。





主張が強みのライダーズ。虎徹と同じく、ステッチが強めに出ているリアル感重視の造形になっています。

胸元は大きく開いており、Vネックのシャツの上にはタグ型の金のアクセサリーを装着しています。

このライダースは実際にプレミアムバンダイでも販売されていましたが、流石にコスプレ感が強かったのでスルーしましたねw
首元のボタンの造形や塗装など、こちらも細かいです。

お腹の部分に行くにつれて、グラデーションが効いています。細い。。。

長袖なので、ヒーローバンドは見えません。



左手人差し指には指輪が。特に本編では触れられなかったので、単純におしゃれアクセサリーの1つでしょう。笑

虎徹と比べると、細くて長い指。何より肌が白い。。。

パンツはスキニータイプで、虎徹同様にめちゃくちゃ細いですね。さらにスラックスとは違いパンツタイプなので、よりボディラインが強調されています。



小ぶりなお尻パート2。バンプレストのロゴがお尻の目立つ位置に入っています。お尻を堪能するな!って意味なんですかね、ホモはお断りなんですかね。

中二病前回なダブルリングベルト。学生の頃はこの対応のベルトが流行っていましたよ。。。

ロングブーツ。この造形と塗装がね〜また良いんですよ!このバーナビーの中で一番好きな分ですね。

見てくださいこの質感!この造形!
プライズとは思えないほどにクオリティが高いですね〜靴好きな私も大満足ですよ。欲を言えば紐が独立しているともっと良かったですけど!



かかと部分が少し広がっている部分とか、ステッチの絶妙な入り具合など、このMSPの作風に合っていますね。











せっかくなのでバディで並べてみました。良いね〜!
1体でも十分満足できますが、やっぱり2体並べてナンボですね。満足感が全然違いますよ!

肌の色やパーソナルカラーの対比が面白い。アニメを見た後だと、このバディが最高なのが伝わりますよ。。。(泣



虎徹「いや〜昨日2万パチンコでスっちゃってさ」

バーナビー「全く、何をしているんですかおじさん!」

虎徹「だからさ〜バーナビーちゃん、今月厳しいんだよ。楓のプレゼントとかも買わないといけないしさ〜」

バーナビー「行きますよ、おじさん」 ガ ン 無 視

タイバニは1期が中途半端で終わったので、さっさと2期始まってください(嘆願)


大きさ比較。虎徹とほとんど高さは変わりませんが、直立な分少し高めです。

虎徹と同様のクオリティで非常に安心しました。片方のクオリティがダメになると一緒に飾りにくくなりますからね。。。ブラボーでした。

あまり書きませんでしたが、バーナビーも後発のフィギュアに比べるとこのMSPが一番似ていて、何よりお手軽な価格で手に入る良質なフィギュアだと思います。オススメです!

amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram