HG ドラゴンボール03〜フリーザ激闘編〜

バンダイより「HG ドラゴンボール03〜フリーザ激闘編〜」のレビュー。

発売日:2019年5月
価格:1回300円
スケール:NONスケール(約5cm)

超サイヤ人孫悟空

DBフィギュアの大定番、フリーザ編の悟空がラインナップ。ポーズは初ですが、HGでは今までに何度も立体化されているので、目新しさは全くないですね。笑







目の縁取りが濃くて違和感・・・造形自体は良いだけに惜しいですね。
特に顔の輪郭は流石の造形です。

髪の毛はクリアパーツの上から塗装かな?復活前のHGは通常のPVCの上から塗装だったので、これは時代の変化ですね〜

道着のオレンジ部分は強めのグラデーションが施されています。破れ具合がいい感じですね。

ブーツの塗装は省略無しです。ここ大事。

ベジータ

こちらも何度も立体化されている旧戦闘服状態。まだフリーザにボコられる前の自信満々のベジータですね。笑







かつての後期HGとは違って、髪の毛がしっかり尖っているのが新HGの良いところですね!

戦闘服はつや消しで、見栄えが良いです。

こちらも戦闘服の後ろは塗装省略無し!

サービスショットw

ブルマ

ナメック星での衣装での立体化。ブルマは何度かHGで立体化されていますが、この衣装では初ですね。







こんなに目が大きかったっけ?笑

ちょっと大きすぎて怖いレベルなんですが。。。

目線に合わせると幾分マシになります。個体差でちょっと目の位置が変わるだけで邪神になりそうで怖い。。。

お色気要素は無し。笑

フリーザ(最終形態フルパワー)

これも毎回超サイヤ人悟空とセットで立体化されるので、目新しさは全くありません。笑







顔はそこそこといったところ。

フリーザって小さいから満足感あまりないんですよね。。。第3形態とかだと大きくて満足感あるのですけど。

筋肉の造形はフルパワーだけあってかなり良いですね。



切られた尻尾の先は真っ白でした。

全体的に造形に安定感が出てきましたね。

フリーザ編最終局面。



まさかこの2人が夫婦になるなんてね。。。

大きさ比較。

造形にも安定感が出てきて、本来のHGの感じを取り戻しつつあるHG3でした。

不満があるとすれば、
ラインナップが4種類と少ない。
目新しいキャラがおらず、マンネリ感がある(旧HG時代から含めてですが)。

新HGは毎弾コンセプトがハッキリしているので(HG1、HG2は映画ブロリーのキャラ達)、もっとラインナップを増やして欲しいですね。あとはリリースのペースが遅い。。。VSシリーズはもう終わって良いので、こちらに注力してもらいたいものです。

amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram