〜燃えと萌えと、時々オモチャ〜

初音ミク × タイトーステーション フィギュア 第2弾

タイトーより「初音ミク × タイトーステーション フィギュア 第2弾」のレビュー。

発売日:2019年4月
価格:プライズ
スケール:NONスケール(約20cm)

実在するゲームセンター「タイトーステーション」とボカーロイド「初音ミク」とのコラボ商品。

取り扱いは全国のタイトーステーションのみで、初音ミクがタイトーステーションの制服を着用し、タイトーの代表作「スペースインベーダー」オブジェを持った姿で立体化されています。

illustration by まご















弾ける様な笑顔が可愛いですね!
元絵と比べると、万人受けにアレンジされた様に思います。

元絵は顔全体が湾曲気味でクセが強めのアレンジでしたが、立体化するにあたって修正されたみたいですね。正面から見ても破綻のない造形になっています。

アイプリントは複雑なタイプですね。濃淡のあるグリーンを何色も重ねて、大きい瞳の単調さがなくなる様なアレンジになっています。個人的にはアリですね。

下まつげの2本の表現は少し好みが分かれる部分ですが、アクセントとして良い表現かなと思います。

鼻と口の間が狭く、丸い上前歯の最近の流行りのパターンですね。
元絵はもう少しきつめのアレンジだったので、それに比べると抑えられていて好印象(そんなに好きではない表現方法なので。。。)。

髪の毛は単色なのですが、安っぽさを感じさせない良アレンジ。
つや消しがしっかりされており、深い色味のグリーンの塗装のおかげですかね!



インカムもしっかり装着しています。実際のタイトーステーションでも使用されているんですかね?ヘッドホンではないとは思いますが。。。笑



髪留めはラインの塗装のはみ出しもなく、綺麗です。

少しツインテールの根元の塗装が荒れていますね。ここはプライズの限界ですかね。笑

タイトーステーションの制服。第1弾の時とはデザインが変わっており、より動きやすい服装へとアップデートされています。

タイトーのイメージカラーの赤を基調としながら、落ち着いた配色が特徴です。個人的には、前回の制服デザインより好きです!

体系は幼児体型というか、ミクさんの中では幼いイメージなので、身体の起伏は少ないです。そして制服なのでセクシーさも少なめです。だがそれが良い。

インカムの線がかなり太いのが残念。もう少し細くして欲しかったな〜
ゴムホースみたいだ。笑

インカムの間から覗くネームプレートには、しっかりと「初音」の文字がプリントされています。
制服の至る所にスペースインベーダーのプリントが入っているのがポイントです。笑

手のひらの造形が今回のフェチポイントです。個人的にはここを推したい!
腕の形や細さ、指の開き具合などどこを取っても素晴らしい造形です。

この肘の造形も素晴らしくフェチい・・・

指の骨の浮き出た表現もいいですね。

髪の毛の分け目はあまり目立たない様な造形になっています。

背中の部分にはスタッフのプリントが。

ウェストポーチにもインベーダーが。。。笑
ポーチの中にはインカムと、メモ用紙?がギッシリ入っています。

元々の制服はデニム生地なんですかね?
ポケットのステッチや色は、まさしくデニムのそれなんですが、生地感はあまり再現されていませんね。



スカートの前垂れ部分には大きめのポケットがあり、機能的な服装になっています。

これはインベーダーのクッション。。。でいいのかな?コラボ感がカッツリ出ていていいですね。

後ろにはスペースインベーダーのロゴが。

右腕は微妙にバリが残っていますね。

黒のスキニーパンツ。ラインがクッキリ分かるくらいにパツパツです。笑
最近はこういうピチピチスキニーが流行っていますよね〜

裾野折り返し部分にもインベーダーが。芸が細かい!

肌色面積が少ないので、お色気要素はほとんどありません。健康的な足を楽しみましょう。

靴には初音ミクのボーカロイドNO.01のロゴがプリントされています。黒と赤の配色がエアジョーダンみたいですね。

どことなくですが、エアフォースに形が似ていないこともない。。。

しかしソールは安っぽいですw
ここはもう少しこだわったモールドが欲しかったところですね。





ツインテールの造形もなかなかの物です。

ツインテールは別罰のパーツになっているのですが、ダボが硬いので取り付けの際には破損させない様に注意が必要です。









大きさ比較。結構大きく、1/7スケールほどではないかと思います。

プライズとは思いえないほどの完成度のタイトーミクさんでした。仕上げが粗い部分もありますが、兼ねサンプル通りで満足感が高いです。ぜひ第3弾も出してほしいものですね!オススメです。

amazonで購入する

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram