Fate/unlimited codes セイバー・リリィ

Gift (ギフト)より「Fate/unlimited codes セイバー・リリィ」のレビュー。

発売日:2011年6月
価格:10,080円(税込)
スケール:1/8(約18cm)
原型師:戸田聡(夢ノカグツチノ公国)


戸田氏は、主にガレキでフィギュアを製作されており、この様に商業製作でフィギュア化されるのは、結構珍しいです。

しかしGSCやギフトからは、よく戸田氏のガレキがPVCでフィギュア化されましたね。お値段もちょっと張りますが、未塗装品を買うよりもずっとコスパはいいと思います。























セイバーか?と言われれば間違いなく違うんですけど(笑)、非常に美しい顔立ちです。

戸田氏の造形は主に美しさにフォーカスされており、繊細さや儚さが前面に出てくる造形となっています。


顔立ちは、ガレキ版と比べるとかなりアッサリになりましたが、癖が弱まってこれはこれでよし。塗装に透明感があり、どの角度から見ても美しいです。


目線は左。髪の毛もそちらになびいています。

目が不自然に大きくなく、リアルな顔立ちになっています。反面、中途半端にアニメっぽいアイプリントなので、そこは好みは分かれるかも。


前髪細かいですね〜パーツ数もアホ毛の所で分割されています。
グラデーションはありません。


セイバーのリボンは相変わらず大きい。笑
メタリック調の黒いリボンですね。


束ねた髪の毛も結構細かいです。毛束細かいと、それだけ手が込んでいるんだな〜と考えてしまう、素人です。笑


体のラインはかなり細く、頭の大きさとほぼ同じくらいしかありません。これは屈してしまう・・・
甲冑は、濃いめのシルバーで塗装されており、造形も合間って重厚感がある仕上がりに。


そして、甲冑と布の間から覗く脇が、なんともフェチいですね〜


伸ばした筋繊維が、ちゃんと影になっていて好きです。


腕の布の中から見える、ガントレットの端っこがいい仕事してます。


大きく開いた背中もセクシー。

少し背中に寄っている肩甲骨もちゃんと造形されています。


各部位の甲冑の造形は、とても細かく美しいです。ある意味このフィギュアの1番の見どころかもしれません。


この指先部分の造形なんか、かなり細かくて惚れ惚れしますよ〜


エクスカリバーは、本体の重厚感にはとても敵いませんが、模様の塗装など良くできていますね。


台座は、この時期流行っていたミラーベースです。

しかし、撮影の為にシールは剥がさず使用しています。なので半透明になっていますが、お許しください。笑


この腰部分の甲冑の造形凄い・・・


模様も細かく、凄まじい情報量です。この部分がこのフィギュアの中で1番の見どころですね!








クリアパーツと、造形の細やかさ、豪華な塗装とのアンサンブルが素晴らしい。





この辺りの造形も抜かりなし。











ブワッと広がったスカートの造形も見事。


パールホワイトで塗装されたスカートが美しいですね。


この感じだと、スカートの中身もガッツリズボンだろうと思っていたら・・・


なんとガーターベルトでした。模様が細かい!


全体的に淡いピンクの下着ですね。











大きさ比較。

リアルとアニメの中途半端気味な顔が許容できるなら、このセイバーは絶対オススメできます!台座は少し大きいですが、ミラーベースは安っぽさも少し感じますが、まあ許容範囲。

かなり古いフィギュアですが、今でも十分に鑑賞に耐えうる出来で、特に甲冑の美しさは素晴らしい。オススメです〜

amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram