ドラゴンボールZ 組立式ハイスペックカラーリングフィギュア1

バンプレストより「ドラゴンボールZ 組立式ハイスペックカラーリングフィギュア1」のレビュー。

発売日:2009年8月頃
価格:プライズ
スケール:NONスケール(悟空約15cm)


超サイヤ人悟空
このシリーズが出た背景として、当時のDBプライズはグラデーションを強く意識したものがいくつかあり、特にキーホルダー系やこのハイスペックカラーリングフィギュア、フリーザ軍にスポットを当てたシリーズなどが顕著でした。

その中でも特に続いていたこのシリーズ。初めは半オープンBOXで、中身が見える状態のBOXでナンバリングされていましたが、こちらは中身が見えない(と言っても入っているキャラは分かる仕様)になってから一発目のナンバリングのシリーズです。

とてもややこしいのですが、私自身もどこまで出ていたか把握できていないシリーズなんですよね。笑 キャラの焼き回しが多すぎて・・・


基本的に、キャラクターは素立ちがほとんどです。統一感はありますが、ちょっとマンネリな感じも。

大きさは比較的コレクションしやすい大きさで、ここは良かったですね。


そしてフィギュア本体のテカリをかき消すかのように、シャドウが濃い!笑
少し間違えれば汚らしいレベルなのですが、当時としてはこれがハイスペックだったのです・・・全体的に細身で、筋肉部分も荒々しい造形がポイントです。


そして顔は、正直言ってクオリティ低いですよ。笑
目の縁取りも、なぜこんな微妙なのか笑  原作絵にも似ていませんね。


顔もシュッとしすぎです。まあ、沢山集めて統一感を楽しむためのフィギュアと割り切りましょう。





刻印はお尻にあります。


ピッコロさん。

ピッコロの腕の模様のカラーリングは2種類あり、こちらはピンク色のパターン。もう1つは、黄色のパターンがあります。


このマント状態が一番強そうに見えますね。実際は。。。笑





顔。まだ悟空よりはマシかな。
ちょっと顔とターバンの隙間が気になりますが・・・


ピッコロさんに関しては、大きな不満もなく良く出来ているかと。


バーダック。悟空の実の父親ですね。

このフィギュアが出た時は、いわゆるメインキャラ以外のマイナーキャラが立体化されるのはかなり貴重でした。特にブロリーの変身前やこのバーダックなど、人気があるにも関わらず立体化の少ないフィギュアは、当時のマニア達には購買意欲を掻き立てるラインナップでしたね。









顔の作りは微妙ですね。笑
今ではスカウターはクリアパーツが基本ですが、こちらは厚ぼったい塗装です。


サイヤ人特有の尻尾もちゃんとあります。
バーダックの衣装って昔のサイヤ人っぽくて好きです。ノースリーブなところとか・・・笑


まさか違う時間軸で主役になったり、映画でもスポットが当たることになるとはこの時は誰も想像できなかったでしょう。笑


超サイヤ人ブロリー。

シリーズの中でも屈指のボリュームです。笑








ブロリーって目が白目だからか、あまりハズレのフィギュアってないように思います。このブロリーもいい感じ。ちょっとシュッとしている気もしますが・・・


筋肉モリモリです。笑





宝飾部分は、クリアパーツではなくメタリックペイント。


バーダックの方が、悟空より小さいです。笑

バーダック細いな〜現代の細マッチョみたい・・・


これはピッコロさん瞬殺されちゃう。笑


超武闘伝2を思い出しますね。

以上でした。このシリーズはちょこちょこ買っていたので、小出しでレビューしていこうかなと思います。
全種類コンプリートされている方は本当にすごい!笑

amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram