ドラゴンボール超 第10宇宙孤高の神 ゴクウブラック 「神裂斬」

バンプレストより「ドラゴンボール超 第10宇宙孤高の神 ゴクウブラック 「神裂斬」」のレビュー。

発売日:2018年1月
価格:プライズ
スケール:NONスケール(約15cm)
原型師:鈴木敏志


悟空の体を使用した、ザマスというややこしいキャラです。笑
原型師は、ワンピースの頂上決定戦や、ドラゴンボールの造形天下一で活躍された、鈴木氏です。


























台座はまさしく、プライズそのものですね。笑
台座には特にロゴもなく、シンプルなタイプですね。


ドラゴンボール超は作画にムラがあるので、似ている似ていないかはそこまで重要ではありませんが、特徴は捉えているかと。
眉毛に汚れがありますが、プライズなのであまり気にしていません。笑


若干瞳が大きい気もしますが、兼ね許容範囲です。
眉間と鼻にかけて寄った皺と墨入れがいい感じですね。


超サイヤ人ロゼって名前の通り、ロゼカラーな髪の毛。
超サイヤ人の中では房は太めです。


若干パールがかった色合いで、綺麗。
特徴的な前髪の「ハネ」も再現されています。


こちらの角度の方がわかりやすいかも。


左耳にのみついているポタラ。


衣装は灰色の道着に、タートルネックという出で立ち。
ゴクウの道着に比べて、インナーが冬仕様ですね。笑
黒のタートルネックといえば、例のクリニックを思い出すのは私だけではないはず・・・


今回は、この左腕の造形が一番気合が入っているかと!
絶妙な開き具合や、力の入った指の感じなど、造形師のこだわりが感じられます。


帯の色は赤。悟空の青と対をなす色ですね。


右手の神烈斬はクリアパーツ。造形はまあまあといったところでしょうか?結構な長さがあります。


下半身のずっしりとした造形も、このフィギュアの見所です。


ブーツは長めにで、靴底の塗装はグレー。



台座とは、両足の太もも部分で接続されています。安定感はそこそこです。笑


神烈斬は別パーツなので、取り外す事も可能です。
取り外すと、しっかり右手の造形があり、時の指輪も装着されています。


アップにすると粗が見えますが、肉眼では全く気になりません。


新烈斬無しでも違和感なく飾る事ができ、スペース的にも優しいフィギュアになっています。笑


正面からはなかなか顔が見えませんが、雰囲気やポージングはかなりいい感じに仕上がっていてオススメです!





このフィギュアが出た後に、grandistaシリーズでゴクウブラックが出て、そちらの評価もかなり良いです。しかし個人的には、こちらのゴクウブラックの方が似ていると思います。


オッケー☆


大きさ比較。
前傾姿勢なので高さはそこまでありませんが、神烈斬もあり横にかなりスペースを取ります。

飾りやすさや、手に入れやすさはgrandistaに軍配が挙がりますが、雰囲気やポージング含めると、個人的にはこちらのゴクウブラックがオススメです。

amazonで買う

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram