FINAL FANTASY CREATURES BRING ARTS バハムート

スクウェア・エニックスより「FINAL FANTASY CREATURES BRING ARTS バハムート」のレビュー。

発売日2018年6月
価格:15984円(税込)
スケール:NONスケール(約28cm)
原型師:竹谷隆之

取扱説明書が封入。

翼が大きすぎてブースに入りきらず、む、無念・・・
おおらかな心で楽しんで頂きたいです。笑











ツノが大きい分、顔自体はとても小さいです!
しかしそこは竹谷、情報量がえげつない。模様がびっしりと入っています。

モデルは、FF8のバハムートです。しかし、顔はかなり変わっていますね。このアレンジはアリだと思いますよ!
口は固定です。

体はFF8のバハムートとほぼ同じですね。肩の部分はそのままです。
基本的にパープルなのですが、部分によって濃淡があり、綺麗なメタリック彩色となっています。

爪は金色。
至る所にリボ球が仕込まれており、様々なポージングが可能に。この辺はリボルテックの恩恵ですね。ただし、リボ球が細いため、カチカチというクリックはありません。

足部分にも多数のリボ球が仕込まれています。ちなみに台座との接続パーツはなく、上手く乗せて浮いているように見せかけているだけです!笑

台座はエフェクトパーツっぽくもあり、鉱物っぽくもあり。
バハムート自体は非常に軽く、このベースがどっしりしているので倒れる心配はありません。

翼の先には大きな3本のかぎ爪が。

翼の内側は、相変わらずのみりん干し。笑
翼の重みはかなりありますが、リボ球のおかげでヘタれるといったことはないです。

尻尾は中間」と根元にリボ球があり、ワキワキと動かすことが可能。
鱗が指に刺さるのなんのって・・・

翼の裏側は綺麗なメタリックパープルです。

肩部分の裏側もきっちり作り込まれています。

台座は下に行くほど薄めのゴールドのグラデーションになっています。

本体はかなりガリガリですが、翼と尻尾のおかげでかなりボリュームがあるように見えますね。

ある程度自由なポーズをつけることができますが、可動範囲があまり広くないために、ついつい固定ポーズになりがち。笑





ビジュアルポーズ。

直立させてみました。めっちゃダサいです。笑
愛が長い分、バランス悪く見えてしまいますね〜

ウエストも鬼のように細いです。笑
こんなモデルの人が多いなあ最近・・・

マスクリのバハムートと同じポージングに近づけてみました。

比較。お値段も大きさも大幅アップ!
同じ原型師が作っているとは思えないくらい、クリーチャー感が増しましたね。





かっこいい!けど扱いが難しいフィギュアでした。
この調子でFF10のバハムートも・・・

amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram