フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

チェンソーマン VIBRATION STARS-CHAINSAW MAN-

バンプレストより「チェンソーマン VIBRATION STARS-CHAINSAW MAN-」のレビュー。

発売日:2022年10月
価格:プライズ
スケール:NON(約14cm)

外箱表。シンプルですがチェンソーマンっぽいデザインで良き!

10月からアニメが始まり、ますます絶好調なジャンプアニメ。私も好きな方でして、普段は滅多にリアルタイムでアニメを追っかけないのですが、このチェンソーマンはしっかり観ております。笑

箱裏。

原作連載時は全くと言って良いほどフィギュア展開はありませんでしたね。作品の人気はあったのに、ジャンプショップのアイテム数も少なかったし、あってもコーナーの隅に追いやられている事がほとんど・・・

アニメが始まった頃から、ガチャでデフォルメのフィギュアが出ました。そして今回のプライズ。
恐らくリアルサイズでのチェンソーマンフィギュアはこれが初?

プライズの限界だからか、流血表現は全くありません。なので物足りなさはあるかも・・・
箱の中身は本体と台座のみのシンプルな構成。

でもプライズだし、思いっきり塗装してみても良いかも?私はこのレビューを書いた後に、ブラシで赤の塗料を飛ばして盛大に汚したいと思います!笑
















頭部のメカメカしい部分は多少オミットされている気がしますが、一発でチェンソーマンと分かる出来です。
正面から撮るとピントがボケてボケて仕方がないので、今回は横から撮影しています。

オレンジの部分はちょっとテカリがあり、プラスティッキーな質感。
一方で内部機械はマットな質感。この差別化は良いですね!
表情・・・はチェンソーマンらしく吠えています。

やたら本数の多いギザ歯もバッチリ再現。
元のデンジもギザ歯なので、違和感は全く無いですね。ちょっと赤っぽい汚れがありますが、恐らく個体差です。笑

グパァッと開いた口元ですが、決して人を食べたりはしないのがチェンソーマン。
伸びた部分の口元は、筋肉では無くコードで表現。まぁ、この辺のゴチャ具合は原作でも結構テキトーだったからね・・・

真正面から見るとこんな感じ。ちょっとジョーズのパッケージみたい。
正面から見ると厚みは少なく、細長い形状の頭部をしているのが分かるかと。

原作内でもしっかり出ていた舌も再現。
やっぱり全体的に綺麗なので、血飛沫もそうですが口元のヨダレ的なやつも塗装で再現したくなってきた・・・(ザコシの眠たくなってきちゃった風)

デンジの頭や手から飛び出すチェンソー(の刃)ですが、そこに着いている血痕ってデンジの血なんですよね。
自分の体からチェンソーが飛び出た時に付いている血痕らしい。それにしても綺麗な頭ですね。。。

頭から飛び出た大型のチェンソー。
チェーン部分はガンメタ、中身部分は明るめのメタリックカラーです。
ちなみに素材としては硬めなので、曲がる事はないかなぁ。むしろ折れそうで怖い。笑
チェーン部分のギザギザが長いのと短いのなっているの、地味にすごい。
しかも刃の長さも長短しっかりしていますし、チェーン部分も細かいですけど造形がありますね。このチェンソーマンを造形したのって誰だろう?結構細かいし素晴らしいと思います。

なかなか漫画ではお目にかかれない後頭部。まぁ誤魔化してたりする部分もあるし。笑
ゴチャゴチャしている事はしていますが、カラーリングは至極シンプルなので疲れないのも良い。

こんなゲテモノな頭部ですが、服はちゃんと着ています。しかもワイシャツで、ボタンもちゃんとあります。笑
首元がしっかりキモいですね!ネクタイは躍動感溢れる仕上がり。

公安のワイシャツは洗う暇がない程汚れているのか、ちょっと黄ばんでいます。
腕まくりしているので結構シワの重みを感じます。

ポチタの心臓を貰っているので、胸元からスターターが飛び出ています。
アニメ1話にて「私の心臓をデンジにやる。デンジの夢を私に見せてくれ」ってポチタのセリフ、なんだかロマンチックですよね。

背中。これといって特筆すべき点は無し。
まぁ、綺麗すぎるシャツだな・・・やっぱりアキが洗濯したからだろうな・・・とは思いました。笑

両腕からもガッツリチェンソーが飛び出ています。丁度真ん中を裂いて出てきているので、綺麗に見えますね、何か・・・
やっぱり血飛沫表現は必要!

チェンソーの厚みはこんな感じ。頭部よりも大きめですが、厚み自体は同じです。
ギザギザした刃先がグッド!

頭部と同じくチェンソーの刃がちゃんと長いのと短いの、交互なのが良いですね。
しかもこの見た目なら柔らか素材だろうな・・・と思っていたら、結構しっかり硬いのでケガに注意しましょう。

腕は細いですが割と筋肉質ですね。シャドーなどがないので分かりにくいですが、造形はしっかりされています。
指先に力が入っている見た目もチェンソーマンらしくて○。

しかし見れば見るほど原理が分からん・・・
どうやってチェンソーが動いているのとか、どうやって収納しているのとか、その辺は頭からっぽにして楽しんだほうが良さそうですね。
「胸から出ているスターターを引っ張ると、チェンソーが飛び出てカッコいい!」これくらいでOKかと。笑

ちょっと鏡面仕様みたいになっているので、指先が反射しています。
プライズにしては凝った塗料を使っているのかな?

下半身。普通のパンツですね〜
チェンソーマンのキャラは気取った服装をしていないのがなんか好き。マキマさんのコートくらい?

セクシーショット。笑
パンツはブラックではなく、濃い目のグレーです。ちょっとライティングの都合でテカっている様に見えますが、実物はそんなにテカっていないのでご心配なく!

左足。ちなみにフィギュア本体にダボがあるので、台座無しで自立させるにはダボをぶった斬ってやるしかありません。
多分バランス的に自立は難しそうですが・・・

チェンソーマンの主役達って全員スニーカーなんですよね・・・デンジしかり、アキしかり、パワーしかり。
誰も革靴を履いていないのでアクション漫画って感じがしますよね。デザインはちょっとダサいけど。笑

裏側はこんな感じ。ますますしま○らとかで売っていそう!




























待ち受けにドウゾ。


大きさ比較。
元々のスケールがそんなに大きくないのと、しゃがみポージングなのでかなりコンパクトですね。

以上でした〜
初のチェンソーマンのスケールフィギュアでしたが、出来としては及第点以上ではないでしょうか?
プライズでこのクオリティはかなり良いスタートダッシュを切れているかと!

やはり汚しや血の表現がないので雰囲気はありません。そこは各々でリペイントして楽しんでね!って事なんですかね。
ま、単純にコストの問題とは思いますが、プライズで安価で手に入る内に確保してリペイントして楽しむのが良いかなぁと思いました。

今後はアニメに続いて続々とフィギュア化も予定されているチェンソーマン。とりあえず次はデンジですが、サンプルの時点で早くも不安な出来なのでスルーかも?笑



Amazonで購入する
1

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram