フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

ファイナルファンタジーVII リメイク PLAY ARTS改 ティファ・ロックハート – ドレス Ver.-

スクウェア・エニックスより「ファイナルファンタジーVII リメイク PLAY ARTS改 ティファ・ロックハート – ドレス Ver.-」のレビュー。

発売日:2022年7月
価格:16,280円(税込)
スケール:NON(約25cm)

外箱表。デザインはいつもの感じで、武器が付属しない分厚みは薄め。

ティファのドレスVer.はスタティックアーツ版を予約している為、このPA改ティファ(ドレスver.)は元々買う気はありませんでした。
しかしSNSで開封写真を見ていると、お顔がかなーり良くなっているらしく購入を決意!安くはない買い物でしたが、期待を込めて・・・

ちなみに先月に発売したPA改エアリス(ドレスver.)もスタティックアーツ版を予約しているので購入していません。
もし購入する機会があればレビューしたいと思っています。

箱裏。こちらもいつものデザイン。

しかしPA改も昨今の円安事情のせいで随分と高くなりましたね・・・
このレビューを書いている現在(2022年7月)、ローチェや神羅兵が予約受付中なのですが、本体のみは約20,000円!そしてバイクとセットになったものに至っては、なんと驚愕の約50,000円!!

少し前のジェシー&バイク&クラウドで約43,000円ですから、単純に人物1体分以上にコストが上がっている事に。
特にバイクが30,000円は高いですね〜ちょっと今の所予約はしていません。というか出来ません・・・
今後もっとお値段が上がっていく事を考えると、いよいよ購入するのをしっかり考えないといけない所まで来ているのかも。
まぁ、値上がりはスクエニだけに限った話ではないですけどね・・・。


箱の中身はナンジャラホイ。
まぁこちらもマグネット式の扉でいつものパターンですね。相変わらず全部英語で何が書いているか分からん。

普段の格闘家としての彼女の姿とは一味違う大人っぽい魅力あふれるドレス姿を再現。
高級感あるドレスの質感、首のチョーカーや腰の装飾品、耳元のピアスに至るまで再現されている。
付属品には表情違いの交換顔や様々な交換手の他に、左右になびく後ろ髪パーツが付属する。

いつも通りですが真っ直ぐに立たせ辛い・・・
しかもこのティファに至っては足首が細い&ヒールで接地面が激小なので自立はかなり難しいです。

















猫背気味なのは勘弁して下さい。笑





気になるお顔は・・・こんな感じ!どうですか?どうですかね??

個人的な感想はSNSの評判通り、「前回(通常ver.)の顔と比べたら格段に良くなってるぢゃん!!」です。
実際かなり可愛く仕上がっていると思いますよ!これならティファと名乗っても良いレベル。まぁサンプルからはやっぱり劣化しているけど。

何というか、前回のティファのお顔は各パーツの輪郭がハッキリし過ぎていて違和感が凄かったんですよね。
よほど評判が悪いのがスクエニにも届いたのか、今回のお顔はちょっとボヤっとした目元やお化粧具合が非常にゲーム内のデザインに寄せてきており良きです。

後述しますが髪の毛や顔のパーツは前回のティファと同じです。という事はあとは分かるな・・・?(伏線)
もみあげのスカリっぷりは健在ですが、多少はマシになっているような?気もしますね。

横顔も全然違う。本当に前回の惨劇は何だったんだ・・・
ちなみに出すのが遅れましたが前回のティファのレビューはこちらです。


少し潤んだような瞳がス・テ・キ。

エアリスは外国人顔らしく彫りが深い、ティファはアジア人顔らしく彫りが浅めという特徴を大きく分けてきましたね。
ティファのお顔は日本人好みのたぬき顔なので、より親しみやすさがあると思います。


髪色はダークブラウン。完全に黒髪ではなく、光を当てるとブラウンが強めに出ます。


少し下から。鼻の形も歪みなく綺麗ですね。

唇は不自然すぎない程度にアヒル口になっており。良い意味であざといです。笑
お肌の色味は少し色白かな〜まぁ元々ティファは色白なので問題無し!

少し上から。生え際&分け目が若干気になるかも・・・?
前髪と後ろ髪が分割なのですが、パーツの合いは悪くないです。

今更ですが正面顔の他に少し上目遣いの表情とかあると良いな〜と思いました(小並感)。

超ストレートなロングヘアー。今回は付属品として動きのある後ろ髪が付属します。

大きめのPVCの塊って感じで。可動させる際に大きく邪魔になるパーツの一つ。笑


ぼでー。おっぱい!おっぱい!

ここは流石のドレスVer.面構えならぬ乳構えが違う・・・
素肌面積が多い可動フィギュアは関節が目立つので苦手なのですが、この部分は欲望に従ってマジマジと見てしまいますねぇ(ゲス顔)。

ドレスは実際に劇中に出てきたものを再現しており、デザインはティファの問いかけに対してのクラウドの選んだ選択肢によって変わります。
こちらは問いかけに対して「大人っぽいの」を選んだ際のデザイン。

残りは2種類用意されており、
「格闘家っぽいの」はチャイナ風ドレス
「異国風なの」は花魁っぽいデザインのドレス
となります。

ちなみに私はプレイした時「異国風なの」を選んでいました。笑
3種のデザインの中では一番好みなんじゃあ〜!という事でスクエニさん、バリエーションとして残りの2種のドレスVer.も発売どうでしょう。


ベースがパープル一色なのでシンプルに見えがちですが、意外とレース風のデザインが凝っています。
チョーカーのデザインになっている花のモチーフは何だろう?うまい具合に谷間を隠してきやがるZE!


薄着な分、胸のズシッとした重みが伝わる良い造形だ・・・

少し上から谷間をクローズ・アップ。
通常服の谷間はナーフされてしまったので、こちらのドレスで存分に暴れてもらいましょう。
ドレスというか、もはやネグリジェに近いけど。笑

別角度。


下乳!下乳!SHITACHICHI!!





左右の腕は肩からガッツリ素肌で関節が目立つデザイン。こればっかりは仕方ないね。
またブレスレット等の装飾品を装着していないので、本当にシンプルな腕の造形になっています。

ドレス下部。素肌のラインにピッチリ張り付いている、なかなかにフェチいデザイン!
流石に布地を1枚挟んでいるので、腹筋バキバキではありません。腰元には、申し訳程度の装飾品が。笑

しかし結構なミニ丈ですな。何気にティファって肌の露出率が高めですよね。
ゲーム内でも勿論このデザインなので、ムービー中は別の意味でハラハラしていましたよ。


背中。「大人っぽいの」の名の通り、背中が大きく開いたセクシーなデザインとなっています。
しかしその分可動部のデザインが丸分かりなのはご愛嬌。

ワキと横乳。YOKOCHICHI!
あまり期待していませんでしたが、横乳の破壊力はなかなかだと思いました(迫真)。

反対側も。腰元の装飾品って何か、クリスマスのシーズンになったら家の周りに這わすLEDみたいだね!
あれができるのは裕福な家庭か、周りにアピールしたい目立ちたがり屋だけでしたよ。

良い形のツーケー。
萌え系のフィギュアらしく、不自然に張り付いておりお尻の形がクッキリ分かるデザインになっていないのは高評価。
ま、単純にスクエニにそういう造形技術がないだけかもしれませんが・・・笑

長いですが筋肉質で引き締まったラインの脚。
膝小僧がちゃんとあるのは良いですね!生足でガッツリ可動部が露出するのだけは避けて欲しかったので、これはナイスデザイン。

ただし後ろから見るとガッツリ可動部分が見えますが。


ヒールの裏面にスポンサーロゴ。

ソールだけ色が異なるのって良いですよね。ちょっとルブタン意識みたいな?ただしヒールは自立が極めて難しいorストレスマッハなので、現実で見るのは好きですがフィギュアではそんなに好きではありません・・・

一応みなさま気になっていると思うので・・・

まぁ普通にスパッツでした。リメイクのティファは標準でスパッツなんですかね〜何だかプリキュアみたいだね。
そんなに期待していませんでしたが、大人っぽいドレスだからちょっとサプライズ(下着)になっていないか期待していたのは秘密よ?

ここでちょっとだけ嬉しいサプライズ。左右の足の関節を外すと、パンツ型のパーツが出てきました。
スパッツなので正確にはパンツじゃないけど・・・まぁご褒美として受け取っておきますか(速攻)。

交換顔は一種類付属。右の顔は今まで着いていた表情パーツです。

2種類のデスマスク・・・エコールソフトウェアかな??
(知らない人はデスクリムゾンで検索してみよう!)

早速交換してみました。この表情は・・・どのシーン?!
元々ティファのドレス時期が短いのに加え、印象に残るようなシーンも無いので全く分からん・・・どなたか分かる方は教えてくつかぁさい!(龍馬風)

しかしこの表情、何ともセクシーな方向を連想してしまうのは私だけでしょうか。
多分そんな事はないんでしょうけど!トロンとした目元に半開きの口元、どう見てもアウトでしょ〜

ただ個人的にはこんな表情よりも戦闘用の顔パーツの方が欲しかったかな。
もしくは目線が違うのとか。

標準の顔パーツと比べると、幾分輪郭がふっくらしている様に見えます。
元々輪郭が隠れる髪型でしたが、口元が空いている分ちょっと強調されている感じがしますね。


ティファの表情って強い決意の中に儚さが見え隠れするのが魅力だと思っています。
この表情パーツはちょっとそれには届いていないかな〜まぁ量産品にどこまで求めているんだよって感じですが・・・

しかし前回のティファと比べるとどちらの表情も雲泥の差レベルで良くなっているので、スクエニよくやった!GJ!!
と思ってしまう悔しい・・・!


少し上から。小悪魔・・・ならぬサタン顔。
これはクラウドがエアリスといちゃこいてるのを見守る時の表情。


頭部パーツ交換はこんな感じで前髪をパッカーンします。
イヤリングが通常のものから変更になっているほか、側頭部に黒のライン?みたいなものがひかれています。

一体これなんぞや?と思っていたのですが、多分前髪がスカって地肌が見えるのを隠すための対策っぽいですね・・・あくまで憶測ですけど。
ないよりはマシ、程度の認識ですけど、突貫工事感は否めないね〜

ハンドパーツは7個付属。右手用が4つ、左手用が3つです。

指先はともかくとして、相変わらず微妙な角度の開き手を付属させるスクエニさん、流石っす!
あ、爪には全て白のマニキュアが塗られています。

動きがある後ろ髪パーツ(正式名称)。

アクションさせる時には勿論、ちょっと大きめのポージングを付ける際に大きく役立ちます。
基本的に素立ち以外はこのパーツに交換しておいた方が良さそう。

(このパーツがあるのを忘れていて、この先の写真には使われていません)

スタイルが良いので、ちょっとかっこいいポージングを付けるだけで「イイ女」をお気軽に演出できます。


可動範囲はすこぶる良いですね!障害になりそうなパーツはほぼないかと。

敢えて言うならば髪の毛ですが、もみあげ部分は軟質パーツなのでさほど気にならないですね。
スカート部分もサイドが別パーツになっているほか、こちらも軟質パーツなので可動の妨げにはなりません。

立ち膝も余裕ですが、カタが付くので長時間のポージングには注意した方が良さそうです。
そのほか、関節の強度はいつものスクエニと言った感じ、手首・足首のボールジョイントはクリック関節となっています。

保持力はボール径が小さいので高くなく、特に足首はかなり不安定なので飾る際はスタンドが必須かと。
首ジョイントが若干外れやすく、髪型の特性上、上を向きにくいのが特徴。

座禅もバッチリ組みまっせ!

可動フィギュアあるある、とりあえず座禅を組んでみる・・・あると思います。

ファイティングポーズ。自立は奇跡のバランスを出せれば可能かも・・・
この衣装で戦闘する事はありませんでしたが、DLCとかでそう言う機能が出来れば面白そうですね。


ここを、こうこうこう(違

あぁ、こうやって普通にいじっているだけでも可愛いなぁ・・・
これがPA改ティファの一発目やったんや!通常服Ver.なんて無かったんや!


お得意のキックも楽々再現。ただしこちらは補助が必須!
スパッツと太ももの境目がロール可動するので、それによって足の角度を自在に変えられるのは大きなメリットですね。


ニーキック。
せっかくのアクションフィギュアですから、固定フィギュアには出来ないポージングをつけないとね(出来ていない)。

死体蹴りをするティファ。

決していかがわしいお店の、いかがわしいサービスではなくてですね・・・アセアセ

こんなに透明感のある顔をしていて、なんてゲスいアクションをするんだティファちゃん・・・!
スパッツが見えてもキニシナイ。

あ〜ん?グリグリ


幼馴染クラウドとの大きさ比較。

クラウド173cm、ティファ167cmなので、まぁ大体同じスケール・・・かな?ちょっとティファが小さい気もしますが。
プレイアーツは基本的にNONスケールなので、シリーズによって大きさが異なるのが特徴です。
肘の関節構造が変わっているのも見て分かるかと。

続いて伝説の通常服Ver.との比較です。何が伝説かと言うのは検索して下さい(主にサンプル詐欺な点で)。

同じ大きさかと思いきや微妙に違います。ま、まぁヒールとかブーツの高さが違ったりするから・・・
顔の大きさ的には、ドレスVer.の方が若干小顔です。

ティファの時は既に関節構造が新素体に変わっていたので、大きな変化はありません。
見栄え的には悪いですが、シンプルになった分動かしやすくなりましたよね。

劇的ビフォーアフター!

うむ、今見ても前ティファはステラおばさんだな!(失礼)
頬骨が出っぱっているのが一眼でわかりますね。顎が不自然に小さかったり、メイクがクッキリし過ぎて違和感を感じるのが今回のと比べて分かるかと思います。

色々な角度から見てみましょう。

まぁぶっちゃけ前ティファもそこまで酷評される程ではないですが、どちらかと言えばサンプルからの劣化が酷かったですからね・・・
そう考えると今ティファもサンプルからの劣化はありますが、上手いこと可愛い方向で収まったのが良かったのかも。

反対側から。

髪に毛のパーツも同じのはずですが、今回の方が形がしっかりしており、前ティファの方はトリートメントし過ぎてボリュームが無くなっている様な仕上がりに。笑

髪の毛のボリューム差がしゅごい・・・

肌の色味はどちらも同じ。輪郭は先述通り異なります。
鼻も若干違うかな・・・前ティファは不自然にシュッとしすぎですね。

メイク一つでこんなに変わってしまうなんて、フィギュアの顔は命とはよく言ったものです。

逆を言うと自分でリペイントする技術があれば、この前ティファももっと良くなるのではないかと思います。実際にやっている方も沢山いますしね。

前ティファ「ワタシノカラダ・・・カエ・シテ・・・カエ・・シテ・・・」


ぼでーチェック。前ティファのウェスト細過ぎぃ!

薔薇のゴチャゴチャ感があるので前ティファの方がゴツく見えますが、実際は全く同じなので印象としては問題ないかと。

お乳比べ。

ドレスVer.の方が服の締め付けがないからか、幾分大きく見えるのは私だけ?笑

やだ、私のバスト縮みすぎ・・・?

いやホント、無印版くらい無防備なバスト待っています。

ここからは禁断の錬成術。。。ならぬすげ替え。

写真を見てもらえると分かる通り、どちらも同じダボの形・大きさをしています。つまりは流☆用☆可☆能☆
これを利用して今回のドレスティファのお顔を前ティファにすげ替えします。

移植手術した結果・・・成功、成功じゃあ!!

これが望んでいたティファ・・・とまでは言いませんが、このお顔でリリースされていたら絶対今のような投げ売りセール状態にはなっていなかったでしょう。笑

どうですかこれ、もはや同じ服を着た別人でしょう。

念の為もう一度リンクを貼っておきましょうかね(レビューはこちら)。
いつもは互換性のないスクエニですが、これは敢えて出来る様にしていたのか、単純に顔パーツのみ作り替えた手抜き作業なのか、真相は闇の中・・・

何枚かポージングもさせてみる。

お顔が良くなって気分も良くなったので、写真が進む進む!

うーむ、カッコいい・・・

有名な着地ポーズは流石に無理でした。お顔が上を向けん・・・

こうなってくると、やっぱり戦闘用の顔パーツが欲しくなりますね。
叫び顔とか。

スピニングバードキック(違


K-1のポスター風。今回のベストマッチはこちら!
これだったら美男・美女ということで、普段k-1に興味の無い人もめっちゃ見に来そう。笑

「お待たせしました〜ティファです♪」

待ってましたティファちゃ・・・って誰だお前ェ?!

しかし不思議な事に、このお顔でもあまり悪くないと思える・・・慣れって怖いですね。


ほら、意外にも悪くないでしょう?!

ポージングとライティング次第で、ここまで可愛くなれるものなのか・・・
恐ろしや恐ろしや、パネルマジックの世界。

ちなみにコチラがパネルの写真です。
指名すると実際にはさっきの写真の子が出てきますのでご注意を!


適当に何枚か〜

この衣装の時ってコルネオの館の地下室で監禁されていた時だから、薄暗い背景にした方が良いかなぁ・・・と思いつつこれ。
なお大して雰囲気は出ていない模様。

蜜蜂の館へようこそ♪


〜控室〜

ドカッ
「あぁ〜〜疲れた。あのクソ客ほんとムカつく〜もうやめてやろっかな〜金払いはいいけどクソ客多いし」

・・・



「いや待てよ?確か昔の幼馴染のクラウドとか言うやつがこの近くに来ているって聞いたな・・・」

「アイツの顔なら女形も出来そうだし、誘って引き摺り込んでやるか」


「てぃ、ティファちゃんなんだいこんな所に呼び出して・・・」

「ウルセェ黙って聞け!テメェは女装してこの店でセコセコ働いてりゃあいいんだよ!」


地獄の日々が今、始まるーーーーー

「ファイナルファンタジー7リメイクPart2」乞うご期待!

やっぱりこの表情エロすぎる・・・


私のことが・・・好きにな〜る、好きにな〜る


・・・だめ?

違う違う、そうじゃな〜い(死)

圧倒的、女王と召使感。笑


リメイクでストーリーが変更する事により、クラウドとティファの関係性がどう変わるのか。
今後の展開が楽しみですね・・・あと何年かかるか分かりませんが。


大きさ比較。

以上でした。悪いことは言わない、前ティファを購入してガッカリしたそこの貴方、このティファは買っとけ!
前ティファを持っていない貴方は、どっちも買ってすげ替えを楽しみましょう。やっぱりドレスVer.だけでは持て余す・・・

個人的にドレスは恍惚顔にしておいて、通常服の方に今回の顔パーツをすげ替えしようと思います。
つまり前ティファの表情パーツは闇に葬り去ると言う事ですね!ナイスアイディーア!
と言うか大体の方がそうする気が・・・それほど今回のお顔は出来が良い(スクエニにしては)。

前ティファと違って、今回のは値下がりしにくい気がしますので、お求めの方はお早めに!



Amazonで購入する



3

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram