フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

一番くじ ガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけないシリーズ A賞 松本フィギュア-最終形態ver.-

バンダイスピリッツより「一番くじ ガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけないシリーズ A賞 松本フィギュア-最終形態ver.-」のレビュー。

発売日:2022年7月
価格:1回700円(税込)
スケール:NON(約25cm)


外箱。フィギュアの大きさに対してコンパクト。

圧倒的・・・存在感・・・ッッ!!!
松本人志-最終形態ver.-のリアルフィギュアです。「筋骨隆々」の言葉がぴったりな鍛え上げられた筋肉、篤とご覧ください!
25cmと迫力のあるサイズとなっており、お部屋に飾ると圧倒的な存在感を放ちます★(公式より引用)

久しぶりのリアルタイム投稿です。
家の近くのファミマにて引いてきました!ラインナップはA〜F賞、ラストワンとなっており

A賞 松本フィギュア-最終形態ver.-
B賞 浜田ぬいぐるみ-子ゴリラver.-
C賞 ハマ・リザ バスタオル
D賞 絶対に笑ってはいけないエフェクトーン
E賞 罰ゲームプレート
F賞 クリアファイルセット

上記どれかが必ず貰えます。私は正直A賞の松本フィギュア以外に興味が無かったので引くか迷ったのですが、つい抑えられずに引いてしまいました。笑
結果、7回でA賞が来てくれました!正直かなり運が良かったと思っています・・・しかし10時に解禁だったのですが、並んでいる時はやっぱりドキドキしてしまいますねぇ。

箱裏。「MATSUMOTO HITOSHI FIBNAL FORM」と小さく記載があります。そもそも最終形態って何・・・?
原型師は記載されていませんが、作風のクセやTwitterでリツイートされているのを見ると岩倉圭二氏かと思われます。
当サイトで過去にレビューした超サイヤ人3悟空も、似た様な雰囲気でしたね。

全景。

パーツ構成は至極シンプルで、上半身・下半身・台座の3パーツ。台座はシンプルですがコンパクトなのは嬉しいですね。
本体側にダボがあるので、自立させるのは不可能です。






















お顔。こいつ・・・何て綺麗な目をしてやがる・・・ッッ!

パッケージでは影があったので分かりにくいですが、瞳にちゃんとハイライトが入っています。
そして金髪・褐色の肌に大きい鼻、こいつは紛れも無く松ちゃんやん・・・でも最終形態って何?

眉間にシワ何本入ってんねん!と言うくらいにしわくちゃです。だがそれが良い。
眉毛と髭の塗装は結構荒いですね。恐らく密度の濃くない生え方で肌色を所々に出す為だと思いますが・・・もう少し塗ってくれても良かったかな〜

シンメトリーではないので、見る角度によって表情が変わります。
こちらからの角度の方がキリッとして見えますね。しかし二重はしっかりとラインが入っています。

真正面から見ると、何てとぼけた顔をしているんだ松ちゃん!
やはり圧倒的な存在感の鼻パーツが良い味を出していますね。ほうれい線や口周りのシワも加齢を感じ、近年の金髪ブタ野郎を彷彿とさせますね(失礼)。

金髪&短髪。生え際までしっかりと染まっています。
昔の坊主&スーツ時代も好きですが、キャラ付けが濃い今の見た目も嫌いじゃあないです。むしろこの見た目でなかったら一番くじでフィギュア化も無かったかもしれないですね。

耳がデケェ!
おじさんになると耳が大きくなる現象、あれ何なんですかね?福耳になって行くのかな・・・お肌が垂れて?
ピアスの穴は空いていません。

首元のシワと血管がめっちゃリアル・・・
見た目の仕様上、お顔のパーツが浮いてしまうのは仕方ないのかな〜と思いますね。お顔までクワっとし過ぎたら似なくなりますし。

後頭部。く、首がないやないか!
今回のレビューは関西弁がいつも以上に多くなっております。

このフィギュアの醍醐味でもあるボディー周り・・・ナンジャコリャーー!!!
これが最終形態ver.の姿なのか・・・今のテレビに映っている松ちゃんは仮の姿であり、鍛え上げるとこうなるってことですね。
公式サイトの説明文にもありましたが、「筋骨隆々」と言う言葉がまさしくピッタリです。

目立つのは身体中を這っている血管の造形ですが、細かく入ったシャドーやシワの造形も見逃せないポイント。


別角度から。


首の下の弛みがリアル・・・ここは流石にリフトアップできなかったか!
ちょっと顎を引いている様なポーズなので、この造形は大正解ですね。

幽☆遊☆白書の戸愚呂弟を彷彿とさせる、地獄の筋肉ダルマ。
あちらは妖怪でしたけど、こちらは人間ですからね・・・どうやったらこんなボディに仕上がるんだ。
ツヤ消しもしっかり効いており、プライズ特有の安っぽさはありません。

少し下から。松ちゃんの乳首はチョコレートの様に茶色い・・・ッ!
フィギュアで乳首をちゃんと造形(しかも塗装も)されているのは好感が持てます。個人的にですが。

色々な角度から。造形もさることながら、シャドーの効いた塗装は筋骨隆々なボディにピッタリ。
良かったこれが単色じゃあなくて・・・近年のフィギュア事情を考えると単色も仕方ないかなと思っていたので。

しかしこのボディ、実は本物の松ちゃんと比べると少し萎んでいる様な・・・?
本物はここまで血管バキバキではないですが・・・身体の大きさそのものは本人の方がゴツい気がするのですが。笑

腹筋に餃子が6個付いておる・・・
ボディービルダーの掛け声風に言うと「腹に餃子乗せてんのかいっ!」。

「肩に戦車乗せてんのかいっ!」

こちらは有名なボディービルの掛け声ですね。確かに肩に乗っている筋肉が戦車のキャタピラみたいに見える・・・
パーツの分割線が筋肉に隠れて、上手にシームレス加工されていると思います。

鍛えられない手から手首にかけては小さいですが、それ以外の腕周りはバッキバキです。


後ろから。もうどこが肘なのか分かりませんね・・・
身体中に細かい傷の様なものが造形されているので、好みは別れそうです。私は全然好みです!

最初両方グーにしていると思っていたのですが、よく見たら左手はデコピンの形をしていたんですね〜!
つまりこれはデコピン前の状況・・・?そうだとしたら、こんな松ちゃんから罰ゲームは受けたくない!笑

掌に爪でシワが「ググっ」と寄っているあたり、めっちゃ力が篭っていそうで怖い・・・
頭ごと吹っ飛ぶでしょ、こんな指でデコピンされたら!

右腕。


こちらも左腕と同じく、めっちゃ力の篭っていそうな雰囲気。


右手は左手と違い、しっかりと握り拳です。
この手ででグーパンされたらひとたまりも無いよ!

背中。もはやどこに何の筋肉があるのか分からない位のバッキバキ具合!
刃牙のビスケット・オリバを彷彿とさせる背中に歓喜です。

少し下から。こんなにデカい背中なのに、ウェストはしっかりと細いんだよなぁ・・・体脂肪率何%やねん!
背中は胸周りと比べると、血管造形が控えめですね。

別角度から。


ちょっと腕周りの塗装と色味が異なるのが、気になるかもしれません・・・


下半身。ビキニパンツ一丁という男らしさ!
実際のボディービルの方々もこんな格好ですよね。大事な部分だけ隠して、あとは極力魅せるみたいな。そこだけは・・・鍛えられなかったか・・・

上半身と比べるとインパクトは弱めですが、太ももの筋肉がエゲツない!
こちらも血管造形多めで、もはやこの作風でないとマッチしないんじゃあないかと思う位のマッチング具合。

膝から下は筋肉と比べると「骨」を強調したデザインとなっています。
実際にお相撲さんやK-1ファイターの方も足回りはホッソリしている事が多いですもんね。どうしても筋肉が付きにくい場所なんでしょうかね?

ちなみに関係ないですが、私は昔スポーツセンターで筋肉量を測定してもらいました。
その時の足の筋肉量が最低レベルで驚いた記憶がありますね・・・まだ若かったのにぃ。

お尻。意外とプリケツな松ちゃん、SexyZoneです。
ボディービルのパンツってTバックじゃあないんですね。

後ろから。
重心バランスは良いのですが、如何せん上半身がゴツい。たとえダボを削っても自立は極めて難しいと思います。


うーん、どこか進撃の巨人感が・・・
「金髪の巨人」とかで出てきても面白そう。あ、既に金髪の巨人はライナーがいたか・・・

お尻を見上げて。
余談ですが今回のくじってフィギュアがこのA賞しかないので、A賞が抜かれると駄々あまりしそうですね・・・
ガキ使ファンには嬉しいラインナップだと思いますが、正直ストラップやクリアファイルはいらない人が多いでしょうし。

下位賞の景品がショボくなるのは仕方ないのですが、新しい商品形態を考えてもらわないといけないですね。
そういう意味ではドラゴンボールは下位賞でもフィギュアがあったりと、工夫を凝らしている物が多いかと。まぁ歴史が長いですからね・・・ドラゴンボールの一番くじって山ほど出ているしなぁ。

漢の裸足。
つま先の造形まで手抜きは一切無し。血管造形もちゃんとあります。


右足の親指だけちょっと立っているのが面白いですね!
見逃せない造形ポイント。シンプルなポーズですが意外と凝った造形がなされているもんですね〜。

左足。


今回スポンサーロゴないなぁと思っていたら、足の裏にありました。
足の裏までちょっとシワシワなのが、最後に嬉しいポイントです。笑

やっぱりこのフィギュアはハイライト強めじゃないと!
と言う事で、筋肉が映える様にコントラスト強めにして撮影してみました。




































大きさ比較。フィギュアが25cm、松ちゃんの身長が173cmなので大方1/7ですね。
個人的に1/6だったら嬉しかったな〜もっと迫力が出るし、造形と親和性の高いサイズ感化と。それ以上大きくなると飾りにくくなるし!

松本人志-最終形態ver.-、いかがだったでしょうか?
本人を誇大し過ぎた筋肉の造形、その身体の割に忠実なお顔の造形というミスマッチ感が良かったですね。岩倉氏の造形は元の作品へのオマージュが少なめで好みが分かれる造形かと思います。しかし、刺さる人にはとことん刺さる造形なのも事実。

私は今回のフィギュアの市場価値を見る限り、色々な方向からのファンに刺さるフィギュアだな〜と感じました。
敢えて難点を挙げるなら、台座がシンプル過ぎるのとお顔パーツが完全に浮いているので違和感が凄い。そんな所でしょうか?
ガキ使が好きな方、ダウンタウンが好きな方などフィギュア好き以外にもオススメのフィギュアでした。




Amazonで購入する(価格に注意)


0

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram