フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

アミューズメント一番くじ ワンピース BWFC 造形王頂上決戦3 SUPER MASTER STARS PIECE THE PORTGAS.D.ACE A賞 THE BRUSH

バンプレストより「アミューズメント一番くじ ワンピース BWFC 造形王頂上決戦3 SUPER MASTER STARS PIECE THE PORTGAS.D.ACE A賞 THE BRUSH」のレビュー。

発売日:2021年8月
価格:1回5000円(税込)
スケール:NON(約30cm)
原型師:山口範知樹

外箱。いつものSMSPパッケージです。

今まで沢山のSMSPをレビューしてきましたが、ワンピースのSMSPをレビューするのは初めてですね。
普段は集めないのですが、このエースは出来の良さと記念に手に入れた感じです。

原型師は山口範友樹氏。ワンピースの造形頂上決戦シリーズではお馴染みの方ですね。ドラゴンボールから始まったSMSPですが、現在ではヒロアカ・ワンピースも加わりラインナップも随分と増えましたね〜

今回のラインナップも変わらず、

A.ブラシ彩色
B.アニメカラー
C.白黒トーン
D.二次元彩色

となっています。ロット内訳も同じで4:3:2:1の配分。なんだか徐々に徐々にですが、二次元彩色の相場って下がってきていますよね。出始めの頃は革命的な驚きがありましたが、今では素人でも塗装している方もいますし。技術うんぬんより、その塗装方法が世に広まった結果ですかね・・・

SMSP特有の、この大きなくじをめくる際の緊張感が堪りませんよねぇ・・・ギャンブル狂の素質あるよ。
今回ご紹介するのは、安定のA.ブラシ彩色です。ロットの中ではん一番数が多いので相場も一番低いかと思いきや、意外と人気なのでそうでもない事が多いカラーです。

























いつもは最後の〆に大きさ比較をするのですが、今回は初めに。ポージングの事もあり、SMSPの中でも高さがありますね。
あとは珍しく円形の台座が付属するので、それにより1cm程高くなっています。

お顔。若干イケメン成分がアップしていますが、垂れ目なのがまさにエース。
前回レビューしたMSPエースは小顔かつ三白眼というイケメン過ぎる顔立ちをしていましたが、そちらと比べると幾分3枚目寄りの造形になっています。

特筆すべきはその目。奥行きがあり、別パーツかのような立体感のある仕上がりになっています。ドールアイの技術みたいで素晴らしい!
恐らくこんな仕様になっているフィギュアはそうそう無いかと思われます。SMSPやってくれましたね〜

ただ一つ不満点がありまして、目線がサンプルやパッケージ写真と違います!
サンプルではポージングに合わせて後ろに振り返っている様な目線なのですが、このエースは何故か上げた左腕の方向を見つめています。他サイト様のレビューを拝見しても全てこの目線だったので、個体差ではなく仕様と思われます。

あとは口元のシワのラインが濃過ぎる!メラミンすぽんじで擦って落としたい・・・
恐らくニヤッとした表情に上がった口角を表現する為のシワだと思いますが、シワと言うか傷みたいに見えますねこれ。

明らかに天を仰いでいる目線になっている・・・

このフィギュアって恐らく原型師も相当思い入れがあってとこのポージング、構成にしたと思いますし、この仕様変更?は残念すぎるなぁ。
特にエースってキャラとポーズの意味を考えると、グッと来るものがありますからね。

目線が変更された以外の点は、エースのフィギュアの中でも屈指の出来かと思います。まぁ飾る角度を調整して目が見えない様にすれば良いのですが(元々正面から見るようなフィギュアでは無いので)。。。何だか歯痒いですな。

以上、ネガティブな発言終了!
そこ以外は個人的に文句のつけようの無い出来ですので、ここからは色んな箇所を褒めていきたいと思いまーす!

よく見ると眼球部分はツヤがあるのが分かります。若干眉間に皺の寄った表情は、一体何を思うのか・・・
エースの特徴である、そばかすの表現も適度で良い感じです。

眼球が全体的に窪んでいるので、少し上の角度から見てあげると一気に悪役感が増す表情に!
原因は目の下のクマ。。。みたいに見えない?寝不足?笑

横から見ても割と目立つので、結構飾る角度を選ぶフィギュアだと思いました。
造形はこれとない程良いので、細かい点が気にならない方には問題無いと思いますが・・・私の様な意地悪コレクター(?)には、このお顔の仕様変更にはガッカリしてしまうかもしれませんね。

ウェーブがかった黒髪。結構毛量がありますね。


鼻筋めっちゃ通っていますね。こりゃあイケメンだ。

テンガロンハット調の帽子は、つばの裏側が西洋の焼き菓子みたいない色合い、見た目で美味しそう〜笑
薄めに造形されているのもポイントです。
エースの帽子の特徴でもあるアクセサリー。小さい部分ですがちゃんとスミ入れが施されています。

帽子の周りと、後述するネックレスに使用されている赤い球はクリアパーツで表現。MSPエースは塗装だったので、これは好みによる部分ですね。個人的には光り方が綺麗なのでクリアパーツの方が好みです!この丁度の円径で帽子の大きさを造形するのって難しかったんだろうなぁ。


帽子のステッチ跡、微妙に凸凹した表現など細かい再現度に脱帽です(帽子だけに)。本物の帽子み見える・・・とまではいきませんが、ヴィンテージ感がしっかり出ていると思います。


帽子に付いた紐は、MSPはツルツルでしたがこちらは編み込み模様入り。特に軟質パーツでは無いので、強く曲げると千切れる恐れあり。


先に着いた動物髑髏のアイコンも気合が入っていますね!スミ入れが映えるポイントの一つと言えます。
ベースもコルクみたいな素材感になっているのが良き!

バッキバキに仕上がった肉体!ふつくしい。。。
ブラシ彩色なので当然シャドーが入っていますが、あまり濃くはありません。
それよりも、少しだけですがテカリが残っていたのが気になるかも。

乳首は絵柄的にナッシング。ワンピースってそこら辺の表現はあまり気にしていないっぽいですよね。そもそも体型がアレだし・・・笑
それでもこのエースは、大胸筋がしっかり出ていたり、腹筋やサイドの筋彫りがリアルですね。

時筆すべきは「ねじれ」の表現ですね。左手を上げて後ろを振り向くポージングに連動して、見事なまでにボディが捻れ上がっています。
このフィギュアの大きな見所の一つだと思いますぜわたしゃあ。

おへそがあの位置ということは、かなりローライズですね。股間に向かって伸びたラインはかなりフェチいので、エースファンの淑女の皆さんは歓喜モノなのでは?笑




ワキもツルツルでキレてるキレてる!
サンジだったら毛が当然生えているはず・・・スネ毛もあるし。でもフランキーは無かったなぁ。
肘当てに濃いめのスミ入れが施されているのは良いですね。

紅白模様の腕輪やログポースは別パーツになっています。腕輪は少し大き目なので、傾けてあげるとちょっと揺れます。

義兄弟の間に刻まれたアルファベットの刺青。
好みが分かれそうだな〜と思ったのは、腕の血管表現ですね。ワンピースのキャラクターって顔以外にあまり血管が出ているイメージが無いので、人によっては違和感を覚えてしまうかもしれません。

こんな感じでバッキバキに血管表現があります。私的には男らしさがあってOK。
ログポースは盤面がクリアパーツで、少し濃い目のブルー。中は見えにくいですがちゃんと作り込まれています。

指使いがセクシー・・・こんな指になりたかった(切実)。
掌のシワや関節なども自然な造形。

掌を広げた際の、この・・・筋肉に縮小によって凹んだり出っ張ったりしている造形が細かいですよね!
手フェチの皆様も満足できるコダワリ具合では無いでしょうか?

右腕の肩に分割線があります。
こちらも血管表現が多めになっており、男らしさを感じる事が出来ますねぇ。ナップサックを握っているだけなのに、何てセクシーな腕周りなのでしょうか!

アメリカの何味か分からんガムみたいな紐。太めでごわす。


金具部分など。


背中には誇り。エースのフィギュアを造形する際に、ある意味一番大事なポイント。

ナップサックの造形も流石の一言です。人物だけでなく、小物へのコダワリも半端ねぇ・・・
質感や塗装、本当に荷物がちゃんと入っている感じもあってとても好み。

蓋の部分にちゃんと隙間があるのが良いですよね。リアルな感じがあって。
何となくですが、硬めの素材で作られたナップサックなんだろうな〜と。

紐なんて本物そっくりですね。

底面にスポンサーロゴ。見えにくい箇所に入れられているのはGood!
よく見たらこちらにもステッチがちゃんと入っています。

上半身と下半身の隙間があるのは大歓迎なのですが、少し大き過ぎるのは気になるかもしれません。
上から覗かないと分からないけどね。上半身と下半身のパーツは接続式なのですが、見てもらえると分かるように嵌り具合があまり良くありません。個体差?

ハーフパンツ。強めに施されたウェザリングとシワの表現がかなーり好み!このエースの造形に合っている気がしますね(同じ原型師なので当然ですが・・・)。


A印のベルト。斜めになっているのがポイント。

そう言えばMSPのエースはチェーンが付いていたよな・・・そう思って原作を見てみましたが、どうやらMSPがオリジナルのアレンジで加えたっぽいですね。本来はチェーンは付いていません。ウォレットチェーンみたいで厨二病感があったので好きでしたが。笑


ゴツ目の短剣。MSPと比べるとちょっと大きめに作られている気がしますね〜デカい武器は漢のロマン!
渋めの配色がたまりませんね。使い込まれている様な感じがします。

ちゃんと別パーツで作られているので、立体感があります。
あとぶ厚め。

ベルトやポーチとか短剣とか、ハーフパンツなのに意外とゴチャゴチャしていますね〜この密集感が好きです。
ポケット部分やベルトループ部分など、ステッチへのコダワリが凄い。そう言えば原型師の方もジーンズへのコダワリが凄そうですもんね・・・笑

まぁもう少しお尻にボリュームがあっても良かった気もしますね。主に私が喜ぶので(?)。
このSMSPエースはガリガリというか、かなり絞った体付き南野が特徴ですね。

垂れたベルト。

小さなポーチ。MSPはウェザリングが強く施されていて使い込まれた感じでしたが、こちらは素材感を活かした綺麗なブルーで塗装されています。

全体的にゴツ目のパーツなのが良いですよね。単純に私の好みなだけなのもありますが。笑





足の筋肉も凄E。ブーツの質感など、本物と変わらない様に見えますよね。
写真映えという言葉がありますが、実物ももちろん素晴らしい!

ちょっとパーティングラインが目立ちますが、シャドーによって安っぽさは緩和されています。
ふくらはぎの筋肉とかどうなっているんだ・・・

反対側。ブーツがそこまで派手じゃないのが良いですね。ただしディティールにはコダワリがある造形、良きです。

ブーツの折り返し部分がちょっとザラついているのとかリアル感ある〜!ヒールの模様とかはアレンジですかね。

靴底はこんな感じ。ちゃんと作り込まれています。本物のゴムソールっぽい。

セクシーショット・・・もとい、パンツのボリュームが分かる画像です。笑

SMSPにしては珍しい、円形の黒台座が付属。いつもならモナカ型の補助台座で味気無いのですが、今回は特別ですかね?
グラメンみたいなシンプルなデザインですが、こちらは光沢があるのがポイントです。

それでは、MSPエースと比較してみましょう。原型師が違うので当然ですが、フィギュアによってそれぞれのカラーが出ていて良き!
大きさはMSPエースもかなり大き目でしたが、SMSPは軽くそれを凌駕して来ましたね。笑

こうして見るとSMSPのエースもかなり小顔ですね。スタイル良すぎ〜!
どちらも良い筋肉ですが、SMSPエースはよりバキバキな肉体美、MSPエースは若干ソフトな肉体美、と言った所でしょうか(意味不)。

前述していた帽子の紐や、赤い球のアクセサリーの質感の違いなど、どちらも違っていて、どちらも良い。

ナイフはSMSPの方が圧倒的に大きいですね。持ち手部分の大きさは同じ位で刀身がめちゃ長い!
ポーチもSMSPのが大きいですが、ハーフパンツはどちらも同じ位の大きさなのが面白いですね。


ブーツもほぼ同じ大きさ。MSPの方がウェザリングが強く効いていて使い込まれた感じがします。
MSPエースはスリムですが、SMSPエースはよりマッチョに鍛えてきた感じがありますね。あとSMSPエースのが色白です。

目線がサンプルと違う時点で、私のサイトではおふざけ要因となりました。エースファンの方、すみませぬ。
という事で、舞台を華麗に去るエースです。

恐らく主演舞台の千秋楽の後、のイメージ。。。エースは主演ってキャラじゃあないですね、主役の大事な相方ポジションかな。


スポットライトが眩しいぜ・・・


このポージングなら、青い海、広がる空も似合いますね。自由を愛する漢、エース。





ギラつく太陽が眩しいぜ・・・


半裸なので夏のビーチでも問題ナッシング。笑






じゃあな、ルフィ・サボ。ちょっくら白ひげの所に会いに行ってくるぜ!


最後は少し真面目に。恐らくこういうシーンを想定して作られたフィギュアじゃあないかと。。。エースの最後は賛否両論ありますが、今となってはいい思い出です。

という事でSMSPエースでした。ベテラン原型師が作っただけあって、素晴らしい完成度でしたね。特に作り込まれた肉体と小物類にはコダワリが強く感じられ、原型師の色が出つつもワンピースの世界観に上手く嵌っていたのが印象的でした!

残念な所は、サンプルと目線が変わってしまった事・・・これが9割です。あと1割は口元のシワが濃かった事。笑
そこ以外は上述の様に素晴らしい出来になっているので、オススメです。
あと個人的にちゃんとした台座が付いていたのが嬉しかったですね。今後のSMSPも付けてくれたら嬉しいなぁ。




Amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram