フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

FINAL FANTASY Ⅶ ティファ・ロックハート コールドキャスト完成品

コトブキヤより「FINAL FANTASY Ⅶ ティファ・ロックハート コールドキャスト完成品」のレビュー。

発売日:2000年2月
価格:10,780円(税込)
スケール:NON(約19cm)

冒頭の発売日は再販のものになります。初版はいつ発売されたのか、ちょっと分からない・・・

こちらは初版のレビューという事で、シリアルナンバー入りのカードが付属しています。表面はバストアップのイラスト。この絵柄って↓とは随分違いますよね。恐らくどちらも野村絵だと思うのですが、敢えて変えているのかな。

裏面には一番有名であろう立ち絵のイラスト(背景はニブルヘイムの給水塔?)と、シリアルナンバーが記載されています。

ちなみに再販は初版と比べ、肌の色が健康的になっているみたい。恐らくそっちの方が出来が良いかも・・・グギギ

台座との接続に真鍮線を用いているのですが、それが大きく曲がっており真っ直ぐ立たせる事が出来ません。恐らく経年劣化?
なので全て挿さずに角度を付けて、真っ直ぐ立たせている様に見せていますのでご了承ください・・・

























お顔。相変わらず縦に長いですが、当時の絵柄を割と再現できていると思います。エアリスは綺麗目でしたが、ティファは可愛さに振り切った感じですね〜

この時代のコールドキャストなので、どうしても手塗りになりラインにガタ付きや太さが不安定だったりしますが、逆にそれが味と捉えるべきかどうか・・・それは貴方次第です!

垂れ目なので結構角度限定。斜め45度から見てあげるのが一番可愛いかも?
劇中唯一の赤目キャラ。エアリスの時は完全に黒でしたが、ティファは少しブラウンが混じった眉毛。いや逆ゥー!


ちょっと前髪短め&少ないですかね〜まぁ表現の限界だったのかもしれませんが、もう少し束感は細かくして欲しかったところ。
しかし前髪があると幼く見えるというのは本当だったんですね。

左耳にイヤリング。片耳がけのヘアースタイルが良いですよね。
その代わりモミアゲや生え際の処理はかなーり残念・・・こちらも筆塗りの限界でしょうけど。めっちゃギザギザ・・・そしてモミアゲは何か湿ってる。笑

黒のロングヘアー。癖っ毛なのか、毛先はクジラの尻尾並みに左右に分かれています。

エアリスは最後のシーンでリボンが解けた状態の髪の毛を見れましたが、ティファは1枚も髪の毛バラした絵がありませんでしたね。
リメイクではヘアースタイルが変わったり(主にコルネオの館潜入時)しましたが、確かナンバリング版はCGではなかった様な・・・

ティファと言えばタンクトップ。タンクトップといえばティファ。其れ位このキャラクターを象徴するアイテムが、そう!この白いタンクトップなのです。

なにしろ劇中やフィギュアでは明らかにノー○ラらしき見た目ですからね・・・そしてこのティファもしかり。

ちょっと不自然過ぎるくらいに左右に分かれた乳房、重力に負けずにしっかり形を保ち、先端は主張が激し過ぎるほどに存在をアピールしている・・・これは間違いない、ノー○ラです。確実に。ありがとうございました。


このフィギュアに至っては「どんだけ主張すんねん!」と言う位激しいですけど、結構ティファのフィギュアってそういうの多い気がします・・・エアリスが無いからね、仕方ないね。

コルネオもこんな破廉恥な見た目の女子(おなご)を放っておく訳無いですよねぇ。ほひ〜!
そしてジョニー、お前はなぜ他の女の子とコスタ・デル・ソルに行ってしまったし・・・

ワキもしっかりと拝めます。ティ、ティファちゃんのワキ!ほひ〜ほひ〜!
サスペンダーの立体感が良いですね。

拳で闘うキャラなのに、驚くほど筋肉がありません。骨だけって感じ・・・エアリスと同じやん!
腕周りは傷つけないためか、アームカバーを装備。グローブにはマテリアが2つ。

リメイクでは黒のインナーブラ?みたいなものが追加され、一時期波紋を呼びましたね。恐らく海外を視野に入れ、規制の表現を強くした結果でしょう・・・日本ではOKな性表現(パンツとか)も、海外ではOUTになる事が多いみたいですし。特にソシャゲ関係はイラストが規制されている事が多いですね。


左のワキ。

左腕には肘を守るアーマーみたいなものが装着されています。この部分で捻り潰されたら痛そうだね・・・
こちらのグローブには包帯を巻きつつも、マテリア穴は無し。

ティファの衣装が一番シンプルなカラーリングですね。白黒のモノトーンが基調で、差し色が赤。

髪の毛に隠れて見えにくい背中。
あ、今更ですが肌の色はかなり悪いです。これまでレビューしてきた同シリーズのキャラは再販されたものだったので肌ツヤも良かったのですが、このティファは初版の為かめっちゃ色が悪い。笑

恐らくクラウドやセフィロスも初版のものはあまり肌ツヤは良くなかった気がする・・・
再販の際に仕様が変わるのは珍しい事ではありませんが、大体初版の方がプレミアがついたりするんですよねぇ。出荷数が少なかったりして。

おへそ。汚い!笑

縦ベソなんですね。ゲームセンターCXを見ていると、縦ベソと言えばほしのあき・・・というのが浮かぶはず。
すみません、時事ネタでした。笑

劇中でも目に付くタイトスカート。神羅ビルを上る際のやり取りは有名なシーンの一つ。「バレット、先に行って!」

しっかしこんなに短くてタイトなのに、鉄壁のガード力を誇るのが特徴。飛空艇に乗っている際に倒れても、その中が見える事はなかった・・・まぁポリゴンで見えても何も思わないけどね・・・

お尻。パッツパツに張ったスカートが素敵。若干の光沢あり。

足は太すぎず細すぎず、非常に健康的です。というか長ェ!
太もも付け根にシャドーが吹かれていますが、肌の色は相変わらず白い。

横から。膝小僧はほとんど目立たない造形となっています。

リミット技のサマーソルトキックを繰り出す際の靴。つま先に付けられた鉄板が痛そう・・・
この辺はリメイクでより分厚いブーツ状の靴に差し代わっていましたね。

黒のショートソックス。ユフィはルーズソックスだったりと、時代を反映したかの様なファッションセンスです。

汚し塗装が施されていたりと、靴周りはかなり気合が入っている事が伺えます。

後ろ。

いつもの台座。のはずですが・・・

何故かティファにだけネームプレート的な物が。他のキャラには無いのに・・・何故?!
クラウドの時もそうでしたが、微妙に違う仕様にするのは勘弁してほしい・・・統一感が無くなるので。

ちなみにこの後にティファVol.2も発売されており(前屈みのポージング)、そちらは台座の仕様がそもそも異なります。

裏面にはスポンサーロゴと滑り止め、シリアルナンバーが入っています。

ちょっと背伸びパンツ・・・色はミントブルーでした。

後ろから。お色気なんてものはねぇ!諦めな!!

ちょっと背伸びパンツは、クラウドのニブルヘイム村での回想時に出てきた、ティファの部屋のタンスに入っていたアイテム。
ちなみに盗める。うちのクラウドは毎回下着ドロでした。
ちなみにおまけディスクのデータベースによれば色はピンク。



















恒例2Pカラー。やっぱりティファには赤じゃあないとね。








ティファって過保護な部分があるから、クラウドに惚れたんでしょうね。
だってクラウドって陰キャですし、ザックスみたいに明るくないし、見た目位しか取り柄ないし・・・幼馴染として放っておけない的な感情があったんでしょう。愛情というか母性ですね、完全に。

それに対してエアリスは助けて貰った経験から、陰キャとしてのクラウドと言うよりは、かつての恋人ザックスと照らし合わせて好きになったというか・・・
なのでエアリスとティファ、どちらもクラウドに好意を寄せていますが根っこが違う気がします。まぁ見た目的に私はティファ推しです!ほひ〜!

大きさ比較。


イタリア議会にて有名になってしまったティファですが(詳しくは調べてね)、元々はこのデザインだったんだよ!と懐かしい気持ちになってレビュー出来ました。出来としては・・・うん、こんなものじゃあない?

この時代にしては高級なフィギュアの部類に入りますが、特徴を捉えた造形は現代でも十分鑑賞に耐える出来だと思いました。
気になった部分は、肌の色、塗装のガタつき、下着の塗装の雑さ・・・こんな所です。逆に、胸の部分は一見の価値アリです。
リメイクでは規制がかかってしまいましたが、無修正のリアルな胸が!ここにはある!!(ドンッ

これから入手する方は再販版の方が良いかもですね〜(シリアルナンバーは恐らくありませんが)



Amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram