フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

アミューズメント一番くじ 僕のヒーローアカデミア BWFC 造形ACADEMY SUPER MASTER STARS PIECE THE SHOTO TODOROKI THE BRUSH

バンプレストより「アミューズメント一番くじ 僕のヒーローアカデミア BWFC 造形ACADEMY SUPER MASTER STARS PIECE THE SHOTO TODOROKI THE BRUSH」のレビュー。


発売日:2021年12月
価格:1回5,000円(税込)
スケール:NON(約21cm)
原型師:カイTK


外箱。いつもの長方形サイズ。そう言えば、SMSP第一弾の孫悟空のみ配色が逆の黒ベースでしたね。

ヒロアカのSMSPシリーズは一旦これで一区切り。いつも思う事ですが、ヒロアカは登場キャラクターも多彩でそれぞれキャラが立っているのも良いですよね。だからかフィギュア化も続々と行われており、特に一番くじは安定して高クオリティのフィギュアがリリースされています。

ドラゴンボールも負けじとフィギュア化されているキャラ数は多いですが、それにしてもヒロアカはプライズに一番くじとWで立体化に恵まれていると思います!


補助台座は第一弾のデクと同じく、エフェクトを模した風になっています。小さいので安定感は悪いですけど。笑
前回のかっちゃんが普通のモナカ型だったので統一感に欠けますが、個人的にはこういう遊び心のある補助台座は賛成ですね〜

今回は特に台座が無くても自立可能な為、使用せず撮影しています。

同シリーズのデクやかっちゃんと比べると、ボリューム不足に感じちゃいますねぇ。ヒーロースーツのデザイン上、仕方ない部分ではあるんですけど・・・

あとスケールは恐らく統一されているかと思いますが、デクの頭がめっちゃ大きいので、その時点で同一スケールの話はあってない様なものなのかな、と。笑






















お顔。んーーーーイケメンですねぇ!
ちょっとあっさり目に見えるのは、フラッシュ焚きすぎて鼻消失バグを起こしているから。笑

個人的に表情が残念だなぁって思いましたけどね〜だってデクもかっちゃんもバリバリの戦闘体制でイカツイ表情なので・・・
並べた時にこの轟くんだけニヤリ顔になっちゃってバランスが、ね。そこは残念。

火傷部分も綺麗に入っていますね。眉毛も赤いので差分化が難しい部分ではありますが、良い感じに出来ているかと。
柔らかい表情をしておる・・・

特徴的なツートンカラーのヘアスタイルもバッチリ再現。こちらは銀髪?グレー?そんな感じの髪色。ちなみにB賞のアニメーションカラーだと、この部分は白髪と言える位明るい髪色となっています。


一方でこちらは綺麗な赤髪。毛先も丸すぎず尖りすぎず、ヒロアカの絵柄にちょうど良い塩梅。
分かりにくいですが、赤髪部分にシャドーが吹かれています。

毛先と襟足部分にグラデあり。ガッツリ入っている訳ではなく、あくまでアクセント程度にとどまっていますね。
後ろ髪の襟足にかけての毛束の流れがGood!

ポージングの都合上。角度によっては首が長く見えます。
あと口元はやっぱりちょっと違和感・・・ニヤリ顔と言うよりはニヤケ顔、みたいな印象がついちゃいました。

恐らく口角が少し上がっているのに対して、真一文字部分が長いからですね。これによりニヤケ顔成分が加速しており。ちょっと余裕を見せる轟くん・・・ダメでしょ!笑

ポージングと顔の角度の都合上、首がやたら長く見えます。まぁ変に気になる程でもないので問題無し!
お肌はSMSPらしくしっかりと艶消しされていて綺麗ですね〜特に轟くんはデクやかっちゃんと比べ、美白な気がします。


ヒーロースーツ。シンプルながらとても動きやすそうな服装。
A賞はブラシ彩色なので重厚な塗装が特徴ですが、ベースが青色のせいかあまりシャドーが目立ちませんね・・・

まぁぶっちゃけて言えば安っぽく見えます。笑
これまでのSMSPと比べると、ボリュームも少な目だしちょっと値段不相応感がしてしまいますね。そこは致し方ない部分ではあると思うのですが、どうせならエフェクトパーツを付けたりしてボリュームをプラスするなど欲しかった所。

造形自体はかなり安定していて、見ていて安心な気持ちになれます。笑
腕周りの服のシワ感はすごく好みですね!五分丈の袖に萌えですな〜


リストバンドはちょっとツヤありになっていて、差分化されています。
B賞のアニメカラー彩色ですと、この辺りもカラーリングが異なります。


今回の轟くんの見所は、この指の開き具合ですかねぇ。
これから「やってやるぞ」という意気込みをヒシヒシと感じる指の角度。素晴らしい!

指の曲げ具合によって人差し指の付け根に皮が寄っている造形とか、細かすぎますね(褒めてる)。
シャドーはありませんが筋肉質な腕の表現も男らしさを感じますね〜

背中。プロテクター部分は別パーツでツヤあり。結構テカテカしています。
この後ろの四角部分って排熱みたいな効果があるのかな?適度に汚し塗装など施しても良いヴィンテージ感が出そうですね。


今回は塗装箇所も少ないので、あまり品質のバラつきは無さそうですね。ただ、細かい部分のはみ出しや、スーツ部分の汚れは幾つか見受けられたので気にする方は注意が必要です。


ベルト部分には汚し塗装が施されています。これはA賞の特徴でもありますけど、ちょっと賛否両論な部分ですね〜
個人的にベルト部分の汚し塗装は不要かと思いましたが、墨入れ程度は欲しい・・・と言う贅沢な悩み。


膝部分のバッテンマークにもスミ入れされており、より立体的に見える仕様。
膝は破れやすいですからね〜学生の時、体育の時間でジャージの膝部分に穴が空いているのが普通でしたから・・・関節で曲げる部分ですし摩擦熱で破れちゃいますよね。

ブーツはプロテクター部分と同じくツヤありです。これは個人的に良きかなぁと。
B賞(アニメカラー)だとホワイトになっており、こちらは暗めのベージュトーンとなっています。


恐らくシャドーが感じられる一番の箇所ではないかなぁと思います。笑
結構どっしり構えているので、安定して立たせる事が可能。


今回のサービスショット!
右の膝裏部分にスポンサーロゴがありますが、ほぼ目立ちませんので大丈夫かと。

やっぱりエフェクトパーツが欲しくなりますねぇ〜
無くても十分良い出来ですが、デクやかっちゃんと比べると、轟くんは特にエフェクトパーツありきな感じがします。





























恒例の2Pカラー。青髪の轟くんもイケメンダァ・・・

こうして見ていると、ちょっと原作やアニメ絵と比べて目が優しすぎるなぁ。
もっとキツい目つきの方が轟くんっぽい!





大きさ比較。腰を落としたポージングなので、意外とコンパクトに収まっています。


以上でした〜
何だか悪い部分ばっかり書き出してしまい、良いレビューにならなかった気がしますが・・・良い部分は他のレビューサイトでも十分書かれていますので敢えて書かず、個人的に感じた「もうちょっとなぁ」な箇所にフォーカスをあててレビューしてみました。当サイトのレビューはそんなもんですので、悪しからず。


兎にも角にもボリューム不足を感じてしまったのが一番大きかったですね。SMSPの冠を呈している分、何かしらのオマケ的要素は欲しかったなぁ・・・まぁSMSPのコンセプト的にズレてしまうので、仕方ない部分はありますが。


ただ、これまで出た轟くんのフィギュアの中では、大きさは最大級ですのでそこはオススメです!ただ穏やかな表情なので、イカつ目の轟くんが欲しい方は一番くじを買いましょう。
相場的にも落ち着いているので、ぜひSMSPのデクとかっちゃんと並べて飾ってあげましょう〜



Amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram