フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

一番くじ モンスターストライク vol.4 光をもたらす者 ルシファー ラストワンver.

バンプレストより「一番くじ モンスターストライク VOL.4 光をもたらす者 ルシファー ラストワンVER.」のレビュー。


発売日:2019年4月
価格:1回680円(税込)
スケール:NON(約13cm)


箱表。かなーりデカいです。モンストくじのフィギュア(上位賞)は箱が大きいのが特徴。

地味に長く続いているモンストくじから、推しのルシファー(獣神化)のフィギュアが出ました!
アプリ内の人気、強さともにトップクラスのキャラクター「光をもたらす者 ルシファー」が初立体化!!高級感溢れるスペシャルカラーver.で登場!!(公式より引用)との事ですが、どんな感じに仕上がっているのでしょうか?


箱裏。
2021年末現在、ほとんど使われている所を見ませんが、やっぱりモンストと言えばルシファーだよね!
モンストの顔というか、パズドラで言うところの・・・なんだろう、ソニアとか?笑

くじの内容はルシファーがA賞・B賞とあり、それぞれ通常カラーとセピアカラーとなっています。セピアカラーは需要ないんじゃ・・・
そしてラストワンの今回レビューするルシファーはスペシャルカラー。同じ造形のルシファーが合計3種類と言う、なかなかの相場泣かせ!笑


箱の側面には、フィギュアの元となったルシファー(獣神化)のイラストが載っています。ふつくしい。。。


























お顔。モンストくじフィギュア特有のあっさり塗装ですが、兼ね特徴を捉えているんじゃないでしょうか?
もう少しシャドーや彫りの深さが欲しい所ですが、この御尊顔でも十分にフツクシス。


アイプリントの精度も良い感じ。全体的にスペシャルカラー感はあまりなく、通常カラーと見間違える程です。通常カラーを持っていないので比較は出来ませんが、恐らくほとんど違いはないのかなぁ、と。


映画にもなっているモンストですが、どちらかといえば映画版みたいな塗装(つまりはあっさり)具合ですね。


髪の毛も毛先は尖り気味ですが、塗装は単色なのでプライズ感が強いです。
XFLAGは儲かっていると思うので、もうちょっと塗装に力を入れてくれないかね〜

エフェクト部分は基本的にクリアパーツで再現。特にモンストのキャラクターは周りが豪華な事もあり、アクリルスタンドなどで再現されがち(チアガールパンドラなど)。

その点このルシファーは全てフィギュアで再現されており、見た目的にはボリューム多めに感じて良いですな!


モンストみたいなゲームキャラにはクリアパーツが映えますねぇ。エフェクトが盛り盛りのキャラクターが多いので、その辺こういったクリアパーツがよく似合います。


衣装の塗装もかなーりあっさり目。リペイントしたら映えるかな?造形もシンプルだからあまり変わらないか・・・
首下のスターにも目がいきますが、なんといってもパックリと開いた大きな胸元ですね!WOW!


どうだいBOY、これが「獣神化」という事さ・・・

いやいや、獣神化する前のルシファーはカナーリお胸が残念でしたが、この成長率はすごくねぇですか?しっかりと谷間
がありますし、モンストの中でもお色気枠として認定しても良いかと!


胸の下部にはルシファーのシンボルである天秤ロゴが付いています。
ゴールド塗装ですがあまり重厚感がなく、ちょっと安っぽいかなぁ。造形はいいですね。


紫の服装の内側が水色って、かなり奇抜なカラーの組み合わせですよね。紫自体は地味ですが、トータルとして金髪ルシファーはかなり目立っているんじゃないかと・・・

指先の爪も紫のマニキュア。掌から出ているエフェクトはクリアパーツで再現。

パーツの組み合わせで、上手く浮遊感を出していますね〜
色素が薄めなのが気になりますが、良い出来良い出来。


全体的にマジでメタリック感はなく、通常カラーじゃないんかコレ・・・と思わずにいられない。笑
まぁ無駄にメタリックカラーになるよりか、プレーンなカラーリングの方がギラついていなくて良いけれどさぁ〜

台座と本体は別パーツですが、噛み合わせが悪い等はなく、ちゃんと腕の位置など決まります。
プライズだと成形の曲がりなどで浮いたりしますからね。

背中から見たら羽がブワッと広がっていて、迫力満点なお出迎えが受けられます。
やっぱりこの羽の迫力と美麗さが今回のルシファーのピックアップポイントかな〜と!


羽の造形も良いですね!堕天使っぽい形がいかにもルシファーっぽい。。。
大きめな羽ですが実は補助パーツが付属しています。そんなのいらないよ!って位に軽いので今回は使用していませんが、気になる方は使ってみるのも良いかも(ただし見栄えはかなり悪くなります)。


羽ってどこから生えているんだ?と思っていましたが、この白い布?みたいな所から生えているような感じになっています。本来は背中から生えているはずですが、あまりその辺は深く考えてはいけないのでしょうか。謎。


下半身はスリットが大きめで際どい衣装!でも意外と見えないもんなんだよね・・・何が?それはご自分で考えてください・・・
股部分のデルタゾーンにシワが出来ているのが個人的にフェチいです。塗装はやっぱりあっさり(ry


ルシファーの太もも!ルシもも!

ゲーム内ではそんなに気にならない部分でしたが、なかなかセクシーではないか、うむ。曲げた膝とふくらはぎのピチッとした部分が良いねぇ。


左足は大胆にも太ももから爪先までお披露目。パーティングラインが目立つのが少しガッデム(残念)ですが、この露出度には素直に拍手を送りたい。それにしても、この靴まで一体化している白の模様は何なんでしょうかね?張り付いているみたいな素材?


スリット部分なども浮遊感を演出。触ると割と硬めで、あまり力を入れると折れそうでした。


背中部分は髪の毛やエフェクトの都合でほとんど見えません。ある意味正面から見てあげるのが一番いいかなぁと思います。


台座。ルシファー本体と同じくらい気合が入っている・・・笑
エフェクトだったり、絵柄をしっかり再現してくる辺り、あぁこれはそう言えば上位賞のフィギュアだったなと再認識させられましたね・・・


ルシファーが鎮座している台座の周りにある、小さな4つの器。
それぞれカラーリング、フォルムが細かく違っており、芸コマですな。


メグミルクのCMを連想させるフォルム。笑


こんな感じで全ての台座が繋がっています。ちなみに全て組み立て済みで、接着されているので分解するのは難しそう。


ルシファー本体との接合はこんな感じで、お尻にガッツリダボが・・・まぁ致し方ない部分ではありますけど。
乗せるだけ、とかだと安定感に欠けますしね。


そして大事な部分・・・白でした。めっちゃ見にくかったですけどね!何とか撮影に成功しましたぜ親分!ぐへへ

そう言えば前回レビューした獣神化前のルシファーも白でしたね。堕天使だからセクシーな黒などを予想していたのですが、獣神化してもそこは変わらなかったみたいですな(死)
































大きさ比較。高さはあまりありませんが、円座なので前後満遍なくボリュームがあります。


塗装がアッサリなのは予想していましたが、結構残念でしたね〜それだけ造形が良かっただけに。
ただ造形もどちらかと言えばシワだったり作り込みが少なめなので、変にシャドーとか入れても合わないかもしれませんね。そういった部分が問題なければ、オススメのフィギュアだと思います!ボリュームもありますしおすし。

モンストやパズドラみたいなゲームのフィギュアって意外と出来が良いのが少ないので、こういった一定以上のクオリティーを保っているのは貴重なんですよね。あわよくばアルターあたりから拘りの獣神化ルシファーを出してほしい所ですが、難しいでしょうね。。。
あと地味に好きなキャラクターはダルタニャンです。あれもプライズの出来は酷いので、どこかでリベンジして欲しい!

モンストのフィギュアは全体的に相場が安めなので、集めやすいのもオススメですよ〜



Amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram