フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

RE:ゼロから始める異世界生活 ESPRESTO EST-CLEAR&DRESSY-ラム

バンプレストより「Re:ゼロから始める異世界生活 ESPRESTO est-Clear&Dressy-ラム」のレビュー。


発売日:2021年4月
価格:プライズ
スケール:NON(約22cm)


外箱。

前回レビューしたレムと同じシリーズで、ポージング的にも2体合わせて飾る事が出来る仕様になっています。
レムの衣装モチーフが天使だったのに対して、今回のラムは悪魔がモチーフ。


箱裏。大きさやデザインはレムと全く同じ。

世間的には圧倒的にレム人気ですが、個人的にはラムの方が見た目は好みです。ただ劇中の活躍を見ていると、レムの方が人気になるのは当然かなぁって気はしますね。笑
逆にラムを好きな人は中々に変わっているのでは・・・エミリアは、うん・・・まぁ、ね?(目を逸らす)




















お顔。個人的にレムより特徴を捉えていて似ている気がしますね。プリチー。
レムは満面の笑みでしたが、ラムはうっすら微笑。こちらもラムの性格を上手く表している表情だと思いましたね!

レムが垂れ目なのに対してレムは圧倒的に吊り目。何もかも対照的な2人ですけど、どちらも主人公スバルに対しては好意的な模様。。。


アイプリントもプライズの中ではかなり頑張っている方かと!大きい瞳に小さめの白目。太く短いまつ毛がよく似合っています。
髪の毛は安定のクリアー素材。もし塗装だったらと思うと恐ろしい程厚ぼったくなっているんだろうなぁ。。。


前髪に隠れている方の左目もちゃんとあります。透けて見える程透明感があるのもGood。
レムの時より前髪の透明度が上がっているように見えるのは私だけ?今回すごく綺麗で写真に映える気がします。


レムはピンクでしたが、ラムはパープルな髪飾り。形は全く同じ。
カチューシャは基本的にレムと同じデザインですが、小さなツノが付いています。この辺は特に問題のない仕上がりですね。


後ろ髪も勿論レムと同じ多段構造。クリア素材が上手く視覚に作用してくる感じが・・・良い!


ちょろっとアホ毛が。笑


ドレスのデザインも基本的にレムと全く同じ。この辺は上手くコスト削減できていて良いな〜と感じました。勿論カラーリングや胸まわり(笑)は違うので、そっくりそのままボディーも流用、とはいきませんが。


レムの時はかなり色白に感じましたが、ラムは自然な肌艶な気がします。心なしか、レムよりもツヤ消しされているような?
その代わりと言ってはなんですが、お胸周りは少々寂しい感じ・・・うわなにをするやめ(


レムのドレスは若干青みがかっているとは言えほぼクリア一色でしたが、ラムは基本が赤ベースで上手くクリア素材に落とし込んでいけている気がします。

勿論どちらも好みによる程のクオリティなのですが、個人的にはラムの方がグラデーションが美しいと思いました。あと何となくですが、色がついていた方がドレスの造形の素晴らしさが伝わりやすいかなぁ、と。


腕の飾りはモッフモフです。レムは白だったのに対してラムは黒。ツヤ消しなので安っぽさは無し。


レムは結構病的な程ガリガリだったのですが、このラムは何故かちょうど良い細さに感じる・・・造形師が違うのかな?
あとはやっぱりお胸とのバランス・・・だと思う。笑


ちなみにレムの同じくですが、爪の造形はありません。ただ指フェチの方にも結構オススメですよ、このフィギュア。気合入っている気がしますし。


小指の折れ曲がり方など、細かい部分まで気を配って造形されてるのかなぁ〜と感じました。
中々プライズでここまでしっかり造形してくるのは珍しい気がするのですが、ここだけでも製品クオリティは違って見えるので重要なファクターだったりするんですよね。


ドレス全景。相変わらずフリルの密度がすげぇ!ブラボーですよコイツァ。
フリルを造形する「だけ」ならまだしも、一つ一つにしっかり動きが付いているのが良いですよね。あとは経年劣化でベタつきが発生しない事を祈るのみですな・・・


悪魔の羽は割と背中の真ん中辺りから生えています。
肩甲骨から背骨にかけてのラインがセクシー。スリムにはスリムなりの良さがあるんですねぇ。無駄なお肉が付いていないトコロとか・・・


足はかなーり細いですね。レムは白タイツだったのに対し、ラムは黒がベースになっています。
白は膨張色でしたが、黒(ほぼ茶色ですけど)は引き締まって見えるのでより細く感じますね〜


ニーハイっぽい仕様ですが、太もも部分はちょっと厚みのある素材になっています。
膝部分のグラデーションの入り方が結構綺麗で好み!レムの時は透け塗装がメインだったのでかなり塗装にムラがありましたが、ラムは割と安定して入っている気がしますね。


う〜ん半端なく長いですね、脚線美。笑
台座が安定しているので曲がってくる心配はないと思いますが、もしかしたら重力に負けてどこかしら傾くかもしれないですねぇ。


レムよりも複雑なデザインですね〜。同型色でまとめるのはそんなに好きではないのですが(塗装がベタッとして雑に見える為)、統一美が感じられる部分は良いですね。


台座のデザインもレムと同じで、カラーリングが違うのみとなっています。形はこれでも良いので、もう少し厚みがないと良いなぁ〜と。
ま、ミュージアムジェルとか使えば良いんですけどね・・・スペース的にも、そろそろ台座の省エネ化にも取り組んでいかないといけないとなぁ、と。


羽及び尻尾はツヤ消しされており、テカリはありませんでした。羽は元々クルッと曲がっているので、量産化にあたっての劣化の違和感は少ないですね。


それでは大事な部分・・・

レムは水色でしたが、ラムは予想通りのピンク。パンツの形状も同じで布面積が多めです。


心なしかレムの時より食い込み?シワの作り込みが甘い気がする・・・こんな場所にもスリムの弊害が!笑
思えば尻タブの厚みも少し薄い気がする・・・


割と覗きやすい服装ではありますが、購入した人にしか見られない部分、というのはやはり良いですね。

手に入れる前からこういう「お楽しみ部分」が見えてしまっていると購入意識に差が出てきますから。勿論企業側の努力もあり、例えばサンプルレビューなどでこういう下着部分を見える事は万が一にもありません。ネイティブの様な成人フィギュアメーカーだと乳首や下半身を見えない様にするとか。これが・・・企業努力!


レムの時と同じく、いろいろな背景で撮影してみました〜


シーツ風。


英字新聞風。


レース風。レムの方が映えたかなぁ。何だかカラーリング的にラムは濃いめの背景色が合っているかもしれない。








お待ちかねの「合体(ドッキング)」ッ・・・!!

これぞ粉砕!玉砕!大喝采ぃぃぃ!!と言いたい所なのですが、何とお互いの手の位置が合わない・・・ガーン
恐らく成形不良というか、量産化に際して角度が変わってしまったんでしょうねぇ。1cmくらいの小さな誤差なのですが、すごーく大事な部分だっただけにかなり残念・・・


まぁドライヤーなどで変形させれば戻るかなぁ、といったレベルです。なのでそこまで凹みませんでしたが、皆さんも購入される際には気を付けて下さいね!恐らくピッタシ両手が合う個体はないかと思われます・・・


あぁ〜でもやっぱり揃えてナンボ、のフィギュアですねこれは!
欲を言えばもう少し2体の隙間が狭くなるような腕の角度が良かったですが、それでもこのポージングは可愛いの極み。


あとは適当に何枚か〜

















大きさ比較。


レムの時も感じましたが、クオリティはかなり高いですね!ESPRESTシリーズ、その名は伊達じゃないねぇ・・・
勿論スケールフィギュアの方が凝っている部分もありますが、プライズフィギュアの中ではかなり上位に食い込んでくるラムだなぁと。

良い部分は沢山ありますが、顔が良いのとドレスの造形が良い1これですね。あとはクリアー素材を上手く活用出来ているのもポイントでした。
残念な点は、単体ではそこまでないのですが2体合わせた時の噛み合わせが悪い事ですかね・・・特に手の位置は本当に残念だったので、そこは合わせて欲しかった!まぁ仕方ない部分なのかもしれないですけどね。

ただ、2体揃えた時の豪華さ、絢爛さは流石の一言。リゼロ好きの方には是非手に入れてほしいフィギュアです!



Amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram