フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

ファイナルファンタジーVII リメイク PLAY ARTS改 ルード

スクウェア・エニックスより「ファイナルファンタジーVII リメイク PLAY ARTS改 ルード」のレビュー。


発売日:2021年9月
価格:16,280円(税込)
スケール:NON(約28cm)


箱表。レノと同じデザイン・サイズです。

「FINAL FANTASY VII REMAKE」より、神羅カンパニーのエリート部隊 タークスの一員、ルードがPLAY ARTS改に登場。
格闘家然とした逞しい体躯や、グローブの質感、ピアスやチェーンの細やかな装飾に至るまでを緻密に再現。トレードマークであるサングラスには、レンズ越しに表情が伺えるクリアパーツを採用。実在感を醸し出すリアリティを追求した。
さらに、サングラスを外した素顔パーツや、バリエーション豊かな手パーツが付属し、幅広いシチュエーションのポージングが可能となっている。(公式より引用)


箱裏。
レノはFF7AC版で一度立体化されましたが、ルードはミニフィギュアを除くとこれが初立体化。良かったね!


開けるとこんな感じ。ルードは素手で闘うスタイルの為、武器が付属しません。なのでレノと比べるとハンドパーツの種類がちょっとだけ多いです。それでも割高感は否めないですけどね〜やっぱり英雄様と比べちゃうと同じ値段なので・・・


真っ直ぐ立っていないのはいつものスクエニのせいか、私の努力不足のどちらかです。笑























お顔。カッコいいじゃねーかおハゲ・・・レノは色黒で違和感MAXでしたが、ルードはかなりよく出来ているんじゃあないですかね?

惜しむべきはレノと比べると人気の無さが露呈しており、あまりセールスが見込めない事でしょうか。いや、不人気な訳ではないんですけど、ちょっと魅力が渋すぎて女性にはそこまで響かないと言うか・・・


デザインカットのお髭もしっかり再現されています。プリントなので寄ると違和感がありますが、雰囲気は出ているのでまぁOKかな。
サングラスは接着されており取り外しは出来ませんが、中の目もちゃんとありますYo。

彫りの深い顔に、サングラス、髭。こいつは間違いなくヒットマン顔だ!
無口で無骨で頼れるおハゲ、それがタークスが誇るルード様。


サングラスは元々こう言うデザインなのかは分かりませんが、結構擦れた跡があります。
あと耳に大量のピアスがあるのもポイント。ここはルード好きとしては見逃せないポイントなので、ちゃんと再現されていて嬉しい限り(当然と言えば当然ですが)。


こちらにもピアス。ちなみにAC時代に比べると若干落ち着いた印象を受けますね。AC時代はもっと派手なピアスを着けていた気がする・・・
あと余談ですが、ハゲなので頭の交換とかめっちゃ楽でしたw(指へのダメージ的な意味で)


光沢入りのシャツ・ネクタイ・・・こいつは金持ちだ!
おしゃれネクタイは、派手すぎない柄入りでスマートな印象に。ヴァイオレットのシャツとカラーリングを合わせることによって、より洗練された大人の着こなしに仕上がります。

ええ、私は一体何を言っているのでしょうか?


レノと比べるとちゃんとした着こなしで、好感が持てますねぇ・・・逆にレノは着崩しすぎィ!
ま、タークスの制服はスーツですし、そこまで目新しさはないのですが・・・ルードはタークスの中で一番オシャレな感じはしますね(あくまでノムティスファッションの中でですが)。


胸ポケット部には紫のハンカチーフ入り。オメェ、結婚式にでも出席するんかい?!ってツッコミは無しで。
全体的に黒と紫のカラーリングで統一されており、シックな雰囲気がありますね。


構造はレノと全く同じなので省略しますが、ルードの方がガタイが良いです。身長もルードの方が高いので、触っていてレノよりガッシリした触り心地でしたね。

ただ可動範囲もレノとほぼ同じなので、悪い部分も引き継いでしまっています。肩が垂直に上がらない所とかね・・・

黒一色のスーツかと思いきや、独特な箇所にラインが入っていたりします。シンプルなスーツなんてダサいぜ!と言わんばかりのノムティスファッションですね。袖口のボタンは4つ。


ネクタイの先端部分は留め具があり、激しく動いても邪魔にならない仕様になっています。
しかし留め具の上から印刷している為、ネクタイの柄が留め具にまで印刷されてしまっていますね・・・これは細かい部分ですけど雑な仕事ですぞスクエニ!


ベルトもオシャレ満載なデザインです。そこまで金具ビッチビチではないのですが、しっかりと主張されたデザイン。
カッコいいか格好悪いと感じるかは、貴方次第!

そして厨2病には欠かせないアイテム、ウォレットチェーン!!
まぁこれは財布に紐づいていないのでウォレットチェーンではありませんが、まぁ似たものなのでヨシとしましょう(何が?)


チェーンはPVCです。昔のプレイアーツだったら本物で再現したんだろうなぁと。造形もこれが限界かもしれませんが、結構ダルいですね・・・
何かカラーリングで誤魔化されている様な気もしますが、雰囲気は出ているのじゃあないでしょーか?


下半身シンプルなスラックスではなく、膝部分に2本のライン入り。ここまで来たら意地でもライン入れてやろうとしか思えないデザインに見えてきますね。笑

あと地味に足回りは結構ゴツいですね。ガタイが良いのでちょうど良いボリューム感ではあります。

レノの靴はベルト状でしたが、ルードはスタッズが配置されたタイプ。結構金物好きですよね、ルードって。
いつものようにつま先に可動仕込み。自立はあまり出来無さそうな接地面積ですな。

地味に「お、こんなとこも?」と思った部分で、首の部分まで髭があります。
今までプレイアーツのキャラでここに髭がプリントされたキャラはいなかったのでは?うっすらではありますが、確かに見て取れる髭プリント。


付属品。

交換用ヘッド、サングラス、交換用ハンドパーツ各種。前述しましたが少なめですね。


頭部交換。誰がブルース・ウィルスじゃい!

サングラスが無くなるだけで、なんかこう・・・一気に優しさが出てきますね・・・ククク


眉毛の整え具合がすごいな〜笑

彫りの深いお目目に高い鼻、どう見てもハリウッド顔やないか!笑
アイプリントの精度はそこそこ。ズレはないので変に見える事はありません。

個人的にはサングラス顔よりも、こちらの素顔ヘッドが好きですね。ナンバリング版では素顔を見せる事はないルードですが、リメイク版ではサングラスが透けているせいかちょいちょい見切れていますしね。


可動範囲は前述通りレノとほぼ同じです。服装のデザインが違う部分(袖口や裾部分など)は多少前後しますが、基本はほぼ同じ。
正座も余裕で写真の通り。ただお腹部分に可動はないので屈むのはかなり厳しいです。

パッケージ写真にある、戦闘時ポーズもバッチリ決まります。
ん?この構えはもしかして・・・


「あ〜〜〜下手こいた〜〜〜!!!」




デデデン デデデン デデデン デデデン(×2)・・・・



シュバッ


(颯爽と立ち上がる音)



「ウェ〜〜〜〜イ!!」クネクネ



「タークスなのに〜〜古代種のあの娘が気になるよ♪」


「でもそんなの関係ねぇ!!」


「でもそんなの関係ねぇ!!!」


「はい、オッパッピー♪」


(き、決まった・・・)

??????!!!!!!


「ルードぉ・・・テメェ任務ほっぽり出してナァ〜に踊ってやがんだぞ、と?」


「これは・・・OPP(オーシャン・パシフィック・ピース)だ」



〜タークス劇場  完〜〜〜



ご静聴、ありがとうございました。


あとはカッコいいハゲルード様の写真を何枚か〜


手袋を装着する時のハンドパーツが付属。上手く両腕の角度を調整して取り付けます。
これだけで結構決まるのでお気に入りです。


「ちょ、一回落ち着こう、な?」

開き手パーツに交換したら、こんな事も出来ちゃいます。

「何ィ〜〜〜???聞こえんなァ〜〜〜???(ねっとりおじさんボイス)」

私の中でルードが一気にネタキャラに・・・

「さて、今日の会議の内容だが・・・」

タークスの会議中は恐らくこんな感じで聞いているに違いない。

右手のみですが、サングラス持ち手パーツも付属。親指と人差し指に隙間があるので、そこにサングラスを差し込みます。

サングラスパーツはプラ製なので、強く力を入れるとツルの部分が折れるので注意。これも結構ポージングが決まってカッコ良き。

「気を取り直して、さっさと片付けるぞ」

「へいへ〜い、了解だぞ、と」

あまり大きく腰を回せないですが、蹴りもそこそこ決まります。
もう少し捻りが欲しいところですが、それを再現するにはまだプレイアーツ改には荷が重い・・・


「どこからでも、かかってくるが良い」


「可愛いお店があって寄り道してたら、スコール達とはぐれちゃったよ〜!」


「?!(なんだコイツは・・・いきなり現れたぞ)」

「ってアレ?おじさん誰〜?」


「(おじさんだと?俺はまだXXX(正確には不明)歳だぞ・・・)」


「俺は・・・タークスだ」

「「たーくす」ってなに〜?てかおじさん髪の毛がないよ〜!おっかし〜!」


「え?そ、そうかな・・・(テヘヘ、若い女の子と話しちゃった)」



全国のルードファンの方々、すみませんこんな扱いで。笑

恒例の2Pカラー。今回はシャツとネクタイの色位であまり変化しませんでしたね。


美容室にありそうな広告。


「君もいつかは、スキンヘッドにする時がくる」

ルードのサングラスは、他のキャラにも流用可能です。一応ダボがあるのですが、そこまで気にならないサイズで違和感はないかと。

嵌めてみて分かったのですが、ルードが小顔すぎてちょっと広げないと入らない事が多々・・・でも他のキャラにも装着できるのは嬉しいですね!


メガネ、メガネ・・・

タークス、集合!

いいですねぇ〜この為に2人を購入したと言っても過言ではありません。あとはツォンとイリーナですが、ツォンはまだしもイリーナはキャラデザすら発表されていないからなぁ・・・一体何年後になる事やら。

大きさ比較。レノと比べるとそこそこ大きめ。


以上でした〜いやぁ良かったですよおハゲ!笑
レノは色黒だったり表情の差分が少なかったりと気になる点はいくつかありましたが、ルードはほとんど不満のない出来だったのではないでしょうか?惜しむべきはネクタイのプリントですが、過去に出たFF15のイグニスみたいに変に襟が長かったりしなかっただけでも一安心(あれは酷かった・・・)。

素顔ヘッドが意外とイケメンだったのも高評価。あとPA改の中でもグリグリ動かせるのでネタキャラにぴったりです。笑
そういう意味でも欲しい方、おハゲフィギュアが欲しい方にもオススメです!



Amazonで購入する

0

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram